メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

業務用コーヒー豆のおすすめ人気ランキング14選!安くてコスパ抜群

業務用コーヒー豆のおすすめを知りたい

業務用コーヒーのデメリットはあるの?

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

大容量のコーヒー豆が欲しいけどどのように選んだら良いのか、どこで買うことができるのか悩んでしまいますよね。

そこで今回はコスパの良い大容量コーヒー豆として、業務用コーヒー豆の選び方や買い方、おすすめの商品をランキング形式で紹介していきます!

この記事の結論
  • 業務用コーヒー豆の特徴は容量が多く、お店の味が味わえる点
  • 業務用コーヒー豆にはメリット・デメリットがある
  • 選び方のポイントは主に3つある
  • 最もおすすめの業務用コーヒー豆は「ラボカフェ 定期便」
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
柏倉元太

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう!

タップできる目次

業務用コーヒー豆の特徴

業務用コーヒー豆の特徴

業務用コーヒー豆の特徴は1商品の容量が多く、コスパが良い点です。

市販のコーヒー豆の内容量は100~250gのものが主流ですが、業務用では多くが500g以上になります。

また、お客さんに出す「お店の味」を意識しており、飲みやすさを重視したものや味わい深いものが多いです。

メリット・デメリット

コスパが良い業務用コーヒー豆ですが、購入する際にはメリット・デメリットを押さえておくと良いでしょう。

業務用コーヒー豆のメリット・デメリットはそれぞれ以下の通り。

メリット
デメリット
  • 大容量のため、買い足す回数が少なくて済む
  • 少量で買うよりもコーヒー1杯分の費用を抑えることができる
  • お店の味が楽しめる
  • 保存状態によってはコーヒー豆が劣化してしまう
  • 味わいが合わなかった場合にロスがでてしまう
  • 買い足すタイミングで同じ商品があるとは限らない
  • 店舗で買うと重量があり、持ち帰りが大変になる

コスパが良く、お店の味わいが楽しめる反面、保存環境が適切でなかったり商品に不満がでてしまったりした場合には悩みの種ともなりえます。

また、品質をできる限り保つために1か月以上保管する場合は「半分を密閉容器に入れて冷凍保存する」など工夫が必要です。

業務用コーヒー豆の選び方

業務用コーヒー豆の選び方

では実際に業務用コーヒー豆を選ぶ際にはどんなポイントがあるのでしょうか。

今回は以下の3点に絞ってお話していきます。

  • 味わいで選ぶ
  • 商品タイプで選ぶ
  • 内容量で選ぶ

それでは1つずつ見ていきます!

味わいで選ぶ

業務用コーヒー豆においても通常のコーヒー豆を選ぶ際と同様で、自身の味わいの好みはわかりやすい基準です。

ここでは、コーヒー豆の味わいに差が出る産地と焙煎度の違いについて解説します

自身の好みを考えながら、見てみてください!

産地の違い

国・銘柄別の味わい分布
国・銘柄別の味わい分布

はじめにコーヒー豆の商品には主にブレンドとストレートの商品があることを押さえておきましょう!

それぞれの違いは主に以下の通り。

スクロールできます
ブレンド様々な国のコーヒー豆を合わせて味わいを調整したもの
比較的クセのない飲みやすさが特徴
ストレート1つの国の個性を生かした味わいを表現したもの
産地の特徴がわかりやすい

産地の違いによる味わいを楽しむのであれば、商品に国名が書かれたストレートを選ぶのがおすすめです。

産地による味わいの違いは大きく以下の通り。

スクロールできます
中南米(ブラジル、コロンビア、グアテマラなど)
クセのない王道コーヒーの味わい 
ブラジルやコロンビアを代表とする中南米のコーヒーは、バランスが良く最も身近なコーヒーらしい味わいが特徴です。
ブレンドのベースとしても使用されることも多く、焙煎度は中煎り〜深煎りのものが多いです。
有名な銘柄には、ジャマイカのブルーマウンテンやコロンビアのエメラルドマウンテンがあります。
アフリカ(エチオピア、ケニア、ルワンダなど)
フルーティーな果実感のある味わい
コーヒーの発祥と言われるエチオピア率いるアフリカのコーヒーは、甘みのある果実味が特徴です。
最近では、スペシャルティーコーヒーの人気から「良質な酸」への注目が高まり、アフリカの浅煎りコーヒーの需要も高まっています。
有名な銘柄には、エチオピアとイエメンにかかるモカやタンザニアのキリマンジャロがあります。
東南アジア(インドネシア、ベトナム、インドなど)
ガツンとした苦味のある味わい
近年新たな生産地が開拓されている東南アジアのコーヒーは、力強い苦味とアーシー(土のよう)な複雑な味わいが特徴です。
甘みも楽しめることから深煎りの焙煎度で使用されることが多く、インドネシアやインドはブレンドにもよく使われます。
有名な銘柄には、インドネシアのマンデリンやトラジャがあります。

より大きな地域ごとの特徴をタブでまとめています。クリックすると詳細が見れます

苦みと深いコクが特徴。いつもと違うコーヒーを飲みたい方におすすめです。

代表的な銘柄はインドネシアの「マンデリン」。

苦みが強く、深いコクが感じられます。また香辛料のような独特な香りも魅力でしょう。

そのため、少しクセのあるコーヒーを試したい際や、普段からミルクや砂糖と一緒に飲んでいる方などの甘党の方にもおすすめです。

ブレンドの商品でも割合によって違った味わいになるので、様々なメーカーのものを飲み比べてみるのもいいですね!

焙煎度の違い

コーヒー豆 焙煎度合い
※焙煎(ロースト)8段階

コーヒー豆を買う際に浅煎りや深煎り、イタリアンローストなどといった言葉を聞いたことがあるでしょうか?

それらはすべてコーヒー豆の焙煎時間の違いによる、焙煎度を表す言葉です。

コーヒー豆は通常焙煎時間が短いほど酸味が出やすい浅煎り長いほど苦みが出やすい深煎りとなります。

細かい違いは以下の通り。

焙煎レベル
浅煎り:ライトロースト・シナモンロースト

ライトローストとシナモンローストは、浅煎りの焙煎度合いになります。

黄色から茶色へと変化する程度の焙煎度合いです。

コーヒーの風味はかなり弱い状態。

焙煎レベル
中煎り:ミディアム・ハイロースト

中煎りはミディアムローストとハイローストです。

この状態では茶褐色とまだ色は薄いものの、軽やかな風味を楽しめます。

特にハイローストは深煎りに近いため、コクと若干の苦味がありながら飲みやすいのが特徴です。

焙煎レベル
深煎り:シティ〜イタリアンロースト
  1. シティロースト
  2. フルシティロースト
  3. フレンチロースト
  4. イタリアンロースト

以上の順番で焙煎度合いは増していきます。

シティローストは最も人気な焙煎度合い。

苦みやコク、甘みのバランスが丁度よいのが特徴で、カフェで提供されるコーヒーもシティローストが多いです。

イタリアンローストになると、コーヒー豆の見た目はほぼ真っ黒です。

味もかなり濃く、味わいも濃厚になります。 

上記の違いを参考にして、自身の好きな焙煎度を見つけてみてください!

商品タイプで選ぶ

コーヒー豆の商品は豆だけでなく、挽いた粉の状態で購入できるものもあります。

しかし基本的にペーパーフィルター用の挽き目のことが多く、細かく選ぶことはできないので注意しましょう。

コーヒー豆
コーヒー粉
  • 新鮮で美味しい
  • 結果的に経済的にコーヒーを味わえる
  • 時短で忙しい人におすすめ
  • ミルなどの道具を用意しなくて済む

その他にもコーヒー豆からカフェインを除去する工程を加えた、カフェインレスタイプを選ぶこともできます。

カフェインレスタイプ

カフェインレス

コーヒー豆のカフェインレス(デカフェ)タイプは、コーヒー豆の生豆からカフェインを90%以上除去し焙煎されたものになります。

日本国内で認められているカフェインを除去する方法は以下の2つ。

  • 水による除去方法(スイスウォータープロセス、マウンテンウォータープロセス)
  • 二酸化炭素(CO2)による除去方法

どちらも化学物質などを使用しないため安全性は大きく変わりませんが、二酸化炭素を使用する方がコーヒーの風味が抜けにくいため、選ぶ際には確認してみましょう。

内容量で選ぶ

大容量のコーヒー豆を購入する方法として、「大容量のものを1つ購入する方法」と「小分けのものを複数購入する方法」、「定期便を頼む方法」の3つがあります。

どれを選ぶかは保存場所や使用頻度によって考えるとよいですが、業務用コーヒー豆として販売されているものでは1つの商品で500g~1㎏以上の大容量の商品が一般的です。

鮮度を保つなら小分けの複数購入または定期便がおすすめ

すぐには飲み切らず、長期間に渡って保管する場合には小分けのものを購入することをおすすめします。

理由はコーヒー豆は酸素に触れるたびに酸化が進むため、何度も袋を開封するとその分コーヒー豆が劣化してしまうためです。

また、コーヒー豆はニオイを吸収する性質もあるので、ニオイの強い食材などと一緒に保管するのは控えましょう。

【徹底比較】業務用コーヒー豆のおすすめ人気ランキング14選!通販で買える

ここからは実際におすすめの業務用コーヒー豆をランキング形式で紹介していきます!

先述した選び方の基準を参考に14商品をまとめているので、ぜひ最後までご覧ください。今回紹介する商品一覧はこちら。

スクロールできます
順位商品名内容量商品タイプ焙煎度生豆生産国
1位ラボカフェ 定期便200g~ブレンド中深煎りブラジル、エチオピア、タンザニア
2位加藤珈琲店 とっておきのグルメブレンド珈琲500gブレンドシティローストブラジル、ニカラグア
3位ode 1kg業務用オーガニックカフェインレス スマトラ1㎏オーガニック/カフェインレス/ストレートフルシティローストインドネシア
4位自家焙煎珈琲やすらぎ 業務用ショコラブレンド1㎏ブレンド中深煎りブラジル、エチオピア
5位コクテール堂 プロフェッショナル 深煎り450gブレンド深煎り
6位ライオンコーヒー バニラマカダミア680gブレンド/フレーバーコーヒー中煎りコロンビア、ブラジル
7位カークランドシグネチャー スターバックス ハウスブレンド コーヒー1.13㎏ブレンドミディアムロースト季節によって変動
8位ドリップコーヒーファクトリー リッチ ブレンド コーヒー2㎏ブレンド深煎りベトナム、ブラジル
9位セイコー珈琲 ホテル・レストラン用コーヒー豆1㎏ブレンド深煎りブラジル、インドネシア他
10位パオコーヒー 業務用 マンデリン・トバコ1㎏ストレート中煎りインドネシア
11位イリー / illy エスプレッソ ミディアムロースト(ノーマルロースト)3㎏ブレンドミディアムローストブラジル、エチオピア、グアテマラ
12位珈琲工房 リバティ グァテマラSHB1㎏ストレート中煎りグアテマラ
13位加藤珈琲店 ゴールデンブレンド2㎏ブレンドシティロースト
14位ビーンズ トーク オリジナルブレンド コーヒー2㎏ブレンド中煎りブラジル他
詳しい調査・検証内容
検証項目

コーヒー豆研究所では、コーヒーの美味しさを以下の5つと定義し、各商品をレビュー・判断(スコアリング)しています。

  1. 苦味
  2. 酸味
  3. コク
  4. 香り
  5. 甘み

また以上の美味しさを決める要因として、以下の2つの要素も非常に重要なため、検証項目としてあります。

  1. 欠点豆の割合
  2. コーヒー豆の新鮮さ

より詳細な商品レビューポリシーは、下記のページに記載しているのでご参照ください。

検証器具

今回使用したコーヒー器具は全自動コーヒーマシンとして人気の「panasonic nc-a57」。

コーヒー豆を約20g(2カップ分)使い、リッチモードでホットコーヒーのマグカップ1杯分(134ml)を抽出しました。

味のレビューにおける公平性を保つために抽出方法は基本的に統一しています。

1つずつ見ていきます!

1位. 月替りでコーヒーが定期的に届く「ラボカフェ 定期便」

「ラボカフェ 定期便」は味に徹底的にこだわった独自のブレンドが定期的に届く定期便です。

ラボカフェは研究(ラボ)×コーヒーをコンセプトに、美味しさに追求した新気鋭のコーヒーブランド。

これまで1,500以上販売、2,000商品以上見てきた中から選りすぐりのコーヒー豆を厳選してくれます。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーが楽しめます。

定期便の良さはコーヒー豆の買い足し忘れを防ぐことができる点。

受注後の焙煎なので「コーヒーは毎日飲むけど、新鮮さも妥協したくない」という方に特におすすめです。

焙煎前に豆を研磨機で磨き、少しのホコリや薄皮も入れないというこだわりもあり、誰が飲んでも美味しいと感じられる味わいになっています!

定期便・サブスクなので業務用に非常におすすめです。

届く味わいは2種類

使用しているコーヒー豆は全て最高品質のスペシャルティーコーヒーで、スペシャルブレンド+月替りコーヒーがそれぞれ100gずつ(挽き目選択可能)で届きます。

月替わりコーヒーは以下の通りわかりやすく特徴が記されているので、月ごとに違った味わいをしっかり楽しむことができます。

スペシャルブレンド

スペシャルブレンドはブラジル50%、エチオピア30%、タンザニア20%をブレンドしました。

口に含んだ瞬間、コクと柔らかな苦味の中にほどよい酸味が後から追いかけてきます。

月替りコーヒー
スクロールできます

4月

4月分
春を感じる、まろやかでさっぱりとした味わい

桜が咲き、新たなスタートに胸を躍らせながら春を感じるまろやかな味わいをお楽しみください。

配合豆(ハイロースト)
  • ブラジル
  • エチオピア
  • インドネシア
  • コロンビア
  • グアテマラ
  • ケニア

5月

5月分
軽やかで優しい味わい

徐々に温かくなってくる5月。そんな時に飲みたい、スッキリと飲み心地のいいバランスの取れたブレンド。

配合豆(ミディアムロースト)
  • ブラジル
  • エチオピア
  • コロンビア
  • インドネシア

6月

6月分
雨季でも楽しめる苦味とコク

雨季になると心も落ち込みがち。そんな時でも楽しめる力強いコーヒー。深煎りで、苦味とコクを引き出しています。

配合豆(フルシティロースト)
  • ブラジル
  • ホンジュラス
  • インドネシア

届く頻度も月1回、月2回、2ヶ月に1回と選ぶこともできるので、自分のペースで美味しいコーヒーを楽しめます!

ラボカフェ 定期便(スペシャルブレンド)
甘み
72
苦み
82
酸味
71
コク
80
香り
79
商品名ラボカフェ 定期便
内容量100g×2種類~(月1回、月2回、2カ月に1回から選択)
商品タイプブレンド
焙煎度スペシャルブレンド:中深煎り
生豆生産国スペシャルブレンド:ブラジル50%、エチオピア30%、タンザニア20%

\ 初回限定30%OFF!継続特典(10%OFF)もある/

挽き目・お届け間隔・コースは販売サイトで変更可能

2位. 最高峰のお店の味「加藤珈琲店 とっておきのグルメブレンド珈琲(コーヒー)豆500g袋」

2位. 最高峰のお店の味「加藤珈琲店 とっておきのグルメブレンド珈琲(コーヒー)豆500g袋」
出典:楽天市場

ブラジルの最高級スペシャルティコーヒーとニカラグアをブレンドした万人受けのおいしさが味わえるブレンドコーヒーです。

焙煎度も中煎りなので、苦みや酸味が突出することもありません。

香りやコク、コーヒー本来の甘みまでコーヒーの良さが詰まった1杯を楽しむことができます。

加藤珈琲店 とっておきのグルメブレンド珈琲
甘み
73
苦み
62
酸味
68
コク
71
香り
82
商品名加藤珈琲店 とっておきのグルメブレンド珈琲
内容量500g
商品タイプブレンド
焙煎度シティロースト(中煎り)
生豆生産国ブラジル、ニカラグア

3位. 安心のオーガニックカフェインレス「ode 1kg業務用オーガニック コーヒー スペシャリティーコーヒー (豆のまま 1kg カフェインレス スマトラ)」

3位. 安心のオーガニックカフェインレス「ode 1kg業務用オーガニック コーヒー スペシャリティーコーヒー (豆のまま 1kg カフェインレス スマトラ)」
出典:Amazon

インドネシアのスマトラ島産のオーガニックコーヒー豆を使用したカフェインレスタイプです。

odeとは、東京 東久留米に店舗のあるTOKYO COFFEEが手がけているAmazon限定のコーヒー豆ブランド。

ウォータープロセスによる90%以上のカフェイン除去を行っていますが、ビターチョコのようなしっかりした苦みと甘みを感じることができます。

200gから購入でき、粉の状態でも販売しているのでお試しとしても注文できるのは嬉しいポイントですね。

ode 1kg業務用オーガニックカフェインレス スマトラ
甘み
71
苦み
82
酸味
35
コク
73
香り
70
商品名ode 1kg業務用オーガニックカフェインレス スマトラ
内容量1kg
商品タイプオーガニック/カフェインレス/ストレート
焙煎度フルシティロースト
生豆生産国インドネシア(スマトラ島)
あわせて読みたい
東京コーヒー(TOKYO COFFEE)のおすすめ人気ランキング11選! TOKYO COFFEEのおすすめ商品は何? TOKYO COFFEEのギフト商品を知りたい こういった疑問や要望にお答えしていきます。 AmazonなどECサイトでよく見かける、おしゃれなパ...

4位. 徹底された品質管理「自家焙煎珈琲やすらぎ 業務用ショコラブレンド」

4位. 徹底された品質管理「自家焙煎珈琲やすらぎ 業務用ショコラブレンド」
出典:Amazon

受注後に焙煎するだけでなく、使用するコーヒー豆は細かく選別、欠点豆を取り除くピックという作業は焙煎前後で計3回も行います。

そのため、新鮮さやコーヒー豆の品質にこだわる方に特におすすめの商品です。

ブラジルとエチオピアのブレンドで、チョコレートのような香ばしさの中にベリー系のフルーティーな甘みを感じることができます。

容量は200g×5つの計1㎏なので、1つにまとまった商品よりも鮮度を保ちやすいです!

自家焙煎珈琲やすらぎ 業務用ショコラブレンド
甘み
80
苦み
72
酸味
68
コク
74
香り
71
商品名自家焙煎珈琲やすらぎ 業務用ショコラブレンド
内容量1㎏(200g×5)
商品タイプブレンド
焙煎度シティとフルシティの間(中深煎り)
生豆生産国ブラジル(アロマショコラUTZ)、エチオピア(シダモG-2)
あわせて読みたい
自家焙煎珈琲やすらぎのおすすめ人気コーヒー豆ランキング15選! 自家焙煎珈琲やすらぎのおすすめが知りたい 自家焙煎珈琲やすらぎの評判はどう? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 本格的なコーヒーを提供する店として人気...

5位. 料理のプロに認められた味わい「コクテール堂 プロフェッショナル 深煎り」

5位. 料理のプロに認められた味わい「コクテール堂 プロフェッショナル 深煎り」
出典:楽天市場

2019年様々な食のプロが逸品を選定する「料理王国」で見事100選の一つに選ばれた商品です。

「プロフェッショナル」という商品名の通り、数多くの業務用コーヒー卸の実績を持つコクテール堂が手がけています。

焙煎度は中煎りと深煎りから選ぶことができ、中煎りではまろやかな甘み、深煎りでは苦みとコクを存分に味わうことができます。

コクテール堂 プロフェッショナル 深煎り
甘み
87
苦み
82
酸味
32
コク
76
香り
84
商品名コクテール堂 プロフェッショナル 深煎り
内容量450g
商品タイプブレンド
焙煎度深煎り
生豆生産国
created by Rinker
コクテール堂
¥2,393 (2024/06/16 19:32:18時点 Amazon調べ-詳細)

6位. 人気のフレーバーコーヒー「ライオンコーヒー バニラマカダミア 24oz(680g)」

ライオンコーヒー バニラマカダミア
出典:Amazon

家庭用コーヒーとしても人気のライオンコーヒーの大容量タイプです。

バニラやマカダミアナッツのフレーバーがついており、その香り高さはリラックス効果も抜群、普通のコーヒーでは味わえない優雅なコーヒータイムにしてくれます。

フレーバーコーヒーなので、通常のコーヒー豆よりも味の劣化を感じづらいのもポイントです。

ライオンコーヒー バニラマカダミア
甘み
86
苦み
61
酸味
60
コク
68
香り
85
商品名ライオンコーヒー バニラマカダミア
内容量680g
商品タイプブレンド/フレーバーコーヒー(コーヒー豆に香料がプラスされたもの)
焙煎度中煎り
生豆生産国コロンビア、ブラジル
created by Rinker
ライオンコーヒー
¥5,250 (2024/06/16 19:32:22時点 Amazon調べ-詳細)

7位. コストコでもお馴染み「カークランドシグネチャー スターバックス ハウスブレンド コーヒー (豆) 1.13kg」

カークランドシグネチャー スターバックス ハウスブレンド コーヒー (豆) 1.13kg
出典:Amazon

コストコでもお馴染み、スターバックスの大容量コーヒー豆です。

内容量は1袋で1kg越えなので、細かな買い足しは必要ありません。

味わいは万人受けするクセのないハウスブレンドなので、家族みんなで楽しむことができます!

カークランドシグネチャー スターバックス ハウスブレンド コーヒー
甘み
68
苦み
70
酸味
54
コク
59
香り
61
商品名カークランドシグネチャー スターバックス ハウスブレンド コーヒー
内容量1.13㎏
商品タイプブレンド
焙煎度ミディアムロースト
生豆生産国季節によって変動

8位. 喫茶店の味わい「ドリップコーヒーファクトリー リッチ ブレンド コーヒー (豆 のまま 2kg)」

8位. 喫茶店の味わい「ドリップコーヒーファクトリー リッチ ブレンド コーヒー (豆 のまま 2kg(500g×4袋))」
出典:Amazon

古き良き喫茶店の味わいを再現したコクと苦味が特徴的な商品です。

全日本1位にも輝いた実績のある焙煎士が監修しており、500g×4と大容量でありながら、価格は3000円以下とコスパの良さも魅力です。

公式で生クリームを乗せたウインナーコーヒーとして味わうのもおすすめしているので、優雅にアレンジを楽しむのも良いですね!

ドリップコーヒーファクトリー リッチ ブレンド コーヒー
甘み
71
苦み
88
酸味
32
コク
89
香り
86
商品名ドリップコーヒーファクトリー リッチ ブレンド コーヒー
内容量2㎏(500g×4)
商品タイプブレンド
焙煎度深煎り
生豆生産国ベトナム、ブラジル

9位. デイリーコーヒー向け「セイコー珈琲 ホテル・レストラン用コーヒー豆 1kg」

9位. デイリーコーヒー向け「セイコー珈琲 ホテル・レストラン用コーヒー豆 1Kg」
出典:Amazon

ブラジルコーヒー鑑定士が厳選したコーヒー豆を使用し、バランスの良い飲みやすさが特徴の商品です。

味わいはまろやかで、苦味や酸味は際立っていないので、毎日楽しむデイリーコーヒーとしてもおすすめ。

内容量は1袋1kgと大容量ですが、光を通してしまう透明のパッケージなので日の当たらない冷暗所での保存が好ましいです。

セイコー珈琲 ホテル・レストラン用コーヒー豆
甘み
62
苦み
78
酸味
61
コク
72
香り
74
商品名セイコー珈琲 ホテル・レストラン用コーヒー豆
内容量1㎏
商品タイプブレンド
焙煎度深煎り
生豆生産国ブラジル、インドネシア他

10位. 最高級コーヒー豆を使用「パオコーヒー 業務用 マンデリン・トバコ1kg」

10位. 最高級コーヒー豆を使用「パオコーヒー 業務用 マンデリン・トバコ1kg(500g×2)」
出典:Amazon

一般的にガツンとした苦みが印象的なインドネシア マンデリンですが、本商品では焙煎度を中煎りにすることで深いコクは残しつつ、程よい苦みと甘みを生み出しています。

使用している「トバコ」という名称は、マンデリンの最高級グレードG1の中でもトバ高原産の選ばれたものだけが名乗れるもの。

豆の状態以外にも挽き目を4段階から選べることができます。

パオコーヒー 業務用 マンデリン・トバコ
甘み
67
苦み
71
酸味
45
コク
70
香り
68
商品名パオコーヒー 業務用 マンデリン・トバコ
内容量1kg(500g×2)
商品タイプストレート
焙煎度中煎り
生豆生産国インドネシア マンデリンG-1(トバコ)

11位. ランキング内最大量「イリー エスプレッソ 豆 ミディアムロースト 業務用3kg」

11位. ランキング内最大量「イリー / illy エスプレッソ【豆・ビーンズ】 ミディアムロースト(ノーマルロースト)業務用3kg」
出典:Amazon

本ランキングで最大量の3kgが1つの缶に入っている商品です。

味わいはミディアムローストの飲みやすいブレンドタイプとなっており、エスプレッソで楽しむのもおすすめです。

ただし、開封には専用のオープナーが必要になるので合わせて購入を検討してください!

イリー / illy エスプレッソ ミディアムロースト(ノーマルロースト)
甘み
65
苦み
72
酸味
68
コク
69
香り
74
商品名イリー / illy エスプレッソ ミディアムロースト(ノーマルロースト)
内容量3㎏(缶を開けるために専用のオープナーが必要)
商品タイプブレンド
焙煎度ミディアムロースト
生豆生産国ブラジル、エチオピア、グアテマラ

12位. グアテマラを味わうなら「珈琲工房 リバティ グァテマラSHB1キログラム 豆」

12位. グアテマラを味わうなら「珈琲工房 リバティ グァテマラSHB1キログラム 豆」
DSC_0303.JPG

コーヒーから感じる果実味のある酸と程よい苦みが特徴的な商品です。

商品名にあるSHBとは「ストリクトリーハードビーン」の略で、これはグアテマラのコーヒー豆の7段階ある等級のうち最高級であることを意味します。

コーヒー好きにファンも多い、グアテマラの程よいフルーティーさを堪能できる大容量コーヒー豆です。

珈琲工房 リバティ グァテマラSHB
甘み
73
苦み
63
酸味
69
コク
67
香り
72
商品名珈琲工房 リバティ グァテマラSHB
内容量1㎏
商品タイプストレート
焙煎度中煎り
生豆生産国グアテマラSHB

13位. コーヒー好きも認める味わい「加藤珈琲店 ゴールデンブレンド 2kg セット 500g×4 珈琲豆」

13位. コーヒー好きも認める味わい「加藤珈琲店 ゴールデンブレンド 2kg セット 500g×4 珈琲豆」
出典:Amazon

世界規格で認定されたスペシャルティーコーヒーをブレンドのベースに使用しています。

クセのない味わいながら、コーヒー好きも認める香り高さとコクが特徴です。

毎日飲んでも飲み飽きないマイルドな口当たりなので、朝の1杯としてもおすすめ!

加藤珈琲店 ゴールデンブレンド
甘み
76
苦み
62
酸味
64
コク
78
香り
83
商品名加藤珈琲店 ゴールデンブレンド
内容量2㎏(500g×4)
商品タイプブレンド
焙煎度シティロースト
生豆生産国

14位. おしゃれな見た目もGOOD「ビーンズ トーク オリジナルブレンド コーヒー 2kg」

14位. おしゃれな見た目も◎「ビーンズ トーク オリジナルブレンド コーヒー 2kg」
出典:Amazon

ブラジルをベースに誰でも旨みを感じられる味わい深いブレンドコーヒーとなっています。

シリーズ内3商品の内、最もバランスの取れた味わいなので大容量コーヒーを初めて買う方にもおすすめ。

パッケージも可愛らしいので、保管する際にもテンションが上がりますね!

ビーンズ トーク オリジナルブレンド コーヒー
甘み
71
苦み
69
酸味
58
コク
72
香り
70
商品名ビーンズ トーク オリジナルブレンド コーヒー
内容量2㎏
商品タイプブレンド
焙煎度中煎り
生豆生産国ブラジル他

業務用コーヒー豆の通販以外の買い方

業務用コーヒー豆の通販以外の買い方

業務用コーヒー豆は通販以外にも、コストコや業務スーパー、ドンキホーテなどの店舗でも購入できます。

ですが、どの店舗でも商品の種類はそこまで多くはなく、何より持ち帰る際に重労働となってしまうため、あまりおすすめしません。

どうしてもすぐに欲しいという場合や店舗でしか手に入らないという場合を除いては、通販を利用するのが良いでしょう!

業務用コーヒー豆で充実したコーヒーライフを送ろう!

業務用コーヒー豆で充実したコーヒーライフを送ろう!

いかがでしたか?

今回はコスパ抜群の業務用コーヒー豆の選び方やおすすめをランキング形式で紹介しました。

本記事の重要なポイントをまとめると以下の通りです。

この記事の結論
  • 業務用コーヒー豆の特徴は容量が多く、お店の味が味わえる点
  • 業務用コーヒー豆にはコスパ良くお店の味が楽しめるというメリットに対して、保管場所やコーヒー豆の劣化に関するデメリットがある
  • 選び方のポイントは味わいや商品タイプ、内容量の3つ
  • おすすめの業務用コーヒー豆は「ラボカフェ 定期便」をはじめ14商品

選び方など参考にして、コーヒーライフをより充実させてください!

あわせて読みたい
業務スーパーのおすすめコーヒー豆&粉14選!安い値段でコスパ抜群 業務スーパーのおすすめコーヒーが知りたい! 豆とか粉、インスタントも教えて下さい…。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 業務スーパーは安くて非常に人気...
業務用コーヒー豆のおすすめ人気ランキング14選!安くてコスパ抜群

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

珈葉のアバター 珈葉 コーヒー豆研究所 公式ライター

大学進学後、幼少期に母親が作ってくれたコーヒーの香りが忘れられず、カフェで働きたいと思うようになったことをきっかけに、コーヒーをサイフォンで淹れ、提供するスタイルのお店で4年間勤務。

就職を機に一度離れ、今年いつか自分でコーヒーのお店を持ちたいという思いから本格的にコーヒーの勉強を始める。勉強の一環として、コーヒーの焙煎所でも勤務し、地域別の味や焙煎度の違いについても実践的に学びを深める。今後コーヒー関連の資格取得を目指し勉強中。

コメント

コメントする

タップできる目次