メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

コーヒーキャニスターのおすすめ人気ランキング21選!おしゃれで機能的

コーヒーキャニスターって知ってる?入れ物らしいんだけどよくわからない…

おすすめのコーヒーキャニスターを教えてほしい!

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

コーヒーキャニスターは真空のものやガラスや陶器、様々なものがあります。

今回は、選び方のポイントを踏まえつつ機能的でおしゃれなコーヒーキャニスターも紹介。

ニーズにあったコーヒーキャニスターを見つけてみてくださいね!

この記事の結論
  • コーヒーキャニスターを選ぶときは「容量」「密封性」「遮光性」「素材」の4つがポイント
  • 「ハリオ 珈琲キャニスターM」はもっともおすすめのコーヒーキャニスター
  • コーヒーキャニスターは冷蔵庫、冷凍庫で保存
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒー
  1. :味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせた旬のコーヒー!初回数量限定30%OFF!
  2. :世界で1台の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら返金保証付きで初回数量限定53%OFF!
  3. 会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。

より詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング55選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

コーヒーキャニスターとは?

そもそもコーヒーキャニスターとは?

そもそもコーヒーキャニスターとは、コーヒー豆を保存するための容器のことです。

こだわりのコーヒー豆の美味しさを保つための必須アイテムと言っても過言ではありません。

素材はガラスやプラスチック、金属、木製と多岐にわたり、大きさや密封性の高さでも選ぶことが出来ます。

ただの保存容器としてだけではなく、鮮度を保つことに役立つのもコーヒーキャニスターの特徴です。

コーヒーキャニスターに保存することで、コーヒー豆を劣化の原因から守ることが出来るのです。

コーヒー豆の保存容器の種類

コーヒー豆保存容器の主な種類は、大きく2つに分かれます。

スクロールできます
タイプ密閉性遮光性
コーヒーキャニスター瓶型×
缶型×
保存袋アルミバッグ
フリーザーバッグ×

コーヒーキャニスター

キャニスターはガラス製やプラスチック製などがあり、透明なものも売られています。

ただ遮光性が足りないため、保存を重視する場合にはあまりおすすめできないでしょう。

瓶型

瓶型が確認しやすく、コーヒー豆の残量確認といった点でおすすめできます。

しかし遮光性はあまりありません。

缶型

瓶型に比べ、遮光性に優れています。

そのため、コーヒー豆を保存する場合には瓶型よりも劣化を防いでくれます。

ただ金属特有の臭いが移る場合もあるため、注意しましょう。

保存袋

保存袋を使うと、かさばらずに保存することが可能になります。

また密閉性に優れ、酸素を抜くことで、真空状態に近づけることも大きなメリットです。

アルミバッグ

アルミバッグは密閉性や遮光性に優れているので、コーヒー豆保存にはおすすめ。

また真空状態にできるものを選ぶと、より保存機能を高めることができます。

フリーザーバッグ

こちらは遮光性にないものの、真空状態にできるので、保存性はかなり高いです。

真空状態による冷凍保存は、最も長くコーヒー豆の美味しさを維持できます。

コーヒーキャニスターの4つの選び方

コーヒーキャニスターの4つの選び方

本題に入る前に、コーヒー豆の入れ物の選び方のポイントについて触れておきましょう!

コーヒー豆の入れ物の選び方さえ理解してしまえば、あとはニーズに合ったものを予算に合わせて選べます。

しっかり覚えておきましょう。まとめると以下の通りです。

  1. サイズ
  2. 密封性
  3. 遮光性
  4. 素材

一つ一つ解説していきます。

1. サイズで選ぶ

コーヒー豆の入れ物を探す時に必要なことは、サイズをあらかじめ確認しておくことです。

コーヒー豆を長期間保存すると、当然のことですが時間がたつにつれて鮮度や風味が落ちてしきます。

コーヒーキャニスター(入れ物)に入れておけば劣化の速さは遅くなるものの、劣化自体は防ぐことが出来ません。

2週間でコーヒー豆は劣化が始まる

コーヒー豆は、約2週間経つと劣化が始まると言われています。

コーヒーキャニスター(入れ物)も約2~3週間で飲み切れる量が入るサイズがおすすめなのです。

コーヒー1杯分の豆の使用量は約10〜15g
コーヒー専門家

僕の場合は、コーヒー1杯分の豆は約15g。1日1杯飲むとして2週間で約200gのコーヒー豆を使うよ!

この場合は、コーヒーキャニスター(入れ物)は、容量300gのサイズが適しています。

300gサイズは取り扱いやすいサイズなので、インテリアとしても取り入れやすいです。

柏倉元太

家族の場合も考えてみよう!1日2杯飲んだり、2人で飲んだりする家庭の場合、コーヒー豆は2週間で約420g使うことになるよ!

つまり、500gほど入るコーヒーキャニスターを選ぶのが適していることになります。

人数と飲む量を考えて購入してみましょう。

2. 密封性で選ぶ

密封性の高さは、コーヒー豆の入れ物にとって大切な要素となってきます。

密封性が高いほど、酸素&湿気がコーヒーキャニスター内に入ってくるのを防げるため、よりコーヒー豆の鮮度を保ちやすいのです。

密封性を保つ仕組みはいくつか存在します。

例を挙げてみます。

  • フタをはめるだけの簡単な入れ物
  • ペットボトルのように回してフタをする入れ物
  • フックをかけてロックして中の空気を出して密封性を高める入れ物…etc.

このように様々なコーヒーキャニスターがあります。

3. 遮光性で選ぶ

遮光性

コーヒー豆にとって紫外線は天敵です。

そんな時は、遮光性を避けることが出来るコーヒー豆の入れ物が活躍してくれます。

太陽の直射日光が当たる場所や光の影響を受けやすい場所では、遮光性の高いコーヒーキャニスター(入れ物)を使用しましょう。

内部に光を通さないホーローや金属・陶器製は遮光性が高いためおすすめです。

しかし、陶器やホーロー製などは光を通さない分、重量が上がります。

頻繁にコーヒーを飲む人にとって陶器製は重くて取り扱いが難しくあまり合っていないことも多々あります。

UVブロック加工を施したアイテムもある

プラスチック製など軽いモノが良いのであれば、UVブロック加工を施したアイテムも存在するため、シーンを選んで買ってみると良いでしょう。

また、屋内の蛍光灯にも微量ながら紫外線が含まれています。

太陽の光に比べれば全然大丈夫ですが、気になる方は遮光性を重視した入れ物を買ってみると良いです。

4. 素材で選ぶ

素材で選ぶこともコーヒー豆の入れ物を選ぶ際に大変重要な要素です。

その中にも素材は合わせて6つあります。

まとめるとこんな感じです。

  1. ガラス素材
  2. 金属素材
  3. プラスチック素材
  4. 木の素材
  5. 陶器素材
  6. ホーロー素材

簡単に一つ一つ特徴を解説していきます。

ガラス素材

ガラス製のコーヒーキャニスター(入れ物)は、密封性に優れているのが魅力です。

透明で中身が見やすいため、コーヒー豆の残量を確認しやすいのも非常に使いやすいです。

シンプルなデザインのタイプが多いため、インテリアに合わせやすいのが特徴。

価格も安く、すぐに取り入れやすいため初めての方にはおすすめです。

しかし、ガラス製の入れ物は、遮光性に劣るのがデメリットでもあります。

直射日光を浴びないように暗い所に保管するのがいいでしょう。

金属素材

ステンレスをはじめとした金属製のコーヒー豆の入れ物は、軽くて遮光性が抜群なのが魅力です。

落ち着いたシンプルデザインの入れ物が多く、コーヒー豆を入れるのにピッタリ。

しかし、注意点として匂いが移ってしまう場合があります。

プラスチック素材

プラスチックは非常に軽く、使い勝手が良いのが魅力です。

加工しやすいのでUVブロック加工を施したり、強化プラスチック製を採用して割れにくくしたりするなど特徴を持たせたアイテムが多いです。

しかし、透明なので未加工のモノは遮光性がなく、強い日光に当たれば白く変色してしまいます。

また、温度変化に弱いのもデメリットです。

木の素材

木製のコーヒーキャニスター(入れ物)は、古風なデザインが特徴的です。

コーヒーキャニスターでは珍しい素材ですが、インテリアとして最適なアイテムでしょう。

湿度を一定に保つことに優れており、コーヒー豆の湿気を吸ってゆっくりと外に出す機能もあります。

また、遮光性にも優れています。

陶器素材

先程も冒頭で少し触れましが、抜群の遮光性を持つ陶器製は、コーヒーキャニスターの定番素材です。

経年劣化が起こりにくく、長年愛用できる素材になります。

水を吸わないため、コーヒーのシミや色が付くことがなく手入れも簡単です。

コーヒーを粉で保存したい方にも合っています。

成形しやすい素材のため、密封性が高いアイテムが多く揃っているのも魅力です。

焼き物特有の温かみもあり、手作りの入れ物が多いのも愛される理由の一つです。

ホーロー素材

ホーローは金属をガラスコーティングした素材のことです。

金属の丈夫さと熱伝導率の高さ、ガラスで錆びにくく美しいツヤがメリットです。

匂いも付きにくく、匂いが気になるという方はぜひこの素材を使ってみると良いでしょう。

インテリアとしても合っているため、デザイン性も高いのが特徴です。

コーヒー専門家

なるほど!こうしてみてみるとたくさん注意点しておかなければならないポイントがあるね!

コーヒーキャニスターのおすすめ人気ランキング21選!

コーヒーキャニスターのおすすめ人気ランキング20選!

選んだ基準は、先にも述べました次の4つです。

  1. サイズ
  2. 密封性
  3. 遮光性
  4. 素材

またこれらの4つに加えてデザイン性や使い勝手も好みで判断に入れました。まとめると以下の通りです。

スクロールできます
順位商品名商品画像サイズ素材密封性遮光性
1位ハリオ 珈琲キャニスターM1. シンプルな王道のコーヒーキャニスター「ハリオ 珈琲キャニスターM」800mlガラス_
2位ニトリ ガラスキャニスター2. コーヒーキャニスターなら!おしゃれで使い方色々「ニトリ ガラスキャニスター」350ml、
600ml
ガラス
スチール
3位スターバックス Reserve シリーズ ロゴキャニスター3. 海外限定のコーヒーキャニスター「スターバックス Reserve シリーズ ロゴキャニスター」250mlスチール
4位江東堂高橋製作所 茶筒生地缶 平缶150g4. スチール缶のコーヒーキャニスター「江東堂高橋製作所 茶筒生地缶 平缶150g」150mlスチール
5位オリーブアベニュー (Olive Avenue) コーヒー缶5.  動物のイラストが可愛いコーヒーキャニスター「オリーブアベニュー コーヒー缶」ブリキ
6位ゼロジャパン(ZEROJAPAN) コーヒーキャニスター2006. 唯一の国産陶製コーヒーキャニスター「ゼロジャパン」200ml陶器
7位ロロ (LOLO) キャニスターベーシック7. 密封性抜群のコーヒーキャニスター「ロロ キャニスターベーシック コーヒー」320ml半陶器
8位アルプス(ALPS) コーヒー キャニスター 304ステンレスアルプス(ALPS) コーヒー キャニスター 304ステンレス1500mlステンレス鋼
9位富士商 エアリデューサー ロング富士商 エアリデューサー ロング2000mlガラス_
10位野田琺瑯 TUTU野田琺瑯 TUTU1000mlホーロー用鋼板
11位ナルゲン コーヒービーンズキャニスターナルゲン コーヒービーンズキャニスター91284200mlポリエステル樹脂_
12位Coffee Gator コーヒーキャニスターCoffee Gator コーヒーキャニスター1910mlステンレス鋼
13位ニトリ Easyレバーキャニスター第12位. 使い勝手が抜群「ニトリ Easyレバーキャニスター」S 270ml、
M 460ml 、
L 2400ml
プラスチック_
14位ニトリ 蓋から中身が見えるガラスキャニスター第13位. フタがクリアで確認楽々「ニトリ 蓋から中身が見えるガラスキャニスター」500ml、
750ml
ガラス_
15位みよし漆器本舗 ガラス キャニスター第14位. 密封性が高い「みよし漆器本舗 ガラス キャニスター」S 500ml、
L 800ml
ガラス_
16位カリタ キャニスター All Clear Bottle第15位. フタの開閉が簡単で扱いやすい「カリタ キャニスター All Clear Bottle」500ml、
750ml、
1000ml
ガラス_
17位澤井珈琲 コーヒー専用 保存缶第16位. 密封性が高くおしゃれなスチール缶「澤井珈琲 コーヒー専用保存缶」500mlスチール
18位シービージャパン キャニスター THE ALAW第17位. 耐久性に優れた「シービージャパン キャニスター THE ALAW」600mlホーロー_
19位メリタジャパン ステンレス キャニスター第18位. ステンレスの容器がスタイリッシュ「メリタジャパン ステンレス キャニスター」800mlステンレススチール
20位キャメル珈琲 カルディオリジナル キャニスター缶第19位. ロゴ入りのスチール缶「キャメル珈琲 カルディオリジナル キャニスター缶」250mlステンレススチール
21位キントー BOTTLIT キャニスター第20位. ボトル型のデザインがおしゃれ「キントー BOTTLIT キャニスター」150ml、
300ml、
600ml
ガラス__

※2024年3月時点

一つ一つ紹介していきます。

第1位. シンプルで王道!100均並のコスパを誇る「ハリオ 珈琲キャニスターM」

1. シンプルな王道のコーヒーキャニスター「ハリオ 珈琲キャニスターM」
出典:Yahoo

耐熱ガラスを使っているため、熱湯や食洗機も使用可能。

シンプルなデザインで置く場所を選びません。

透明なガラス容器なので、コーヒー豆の残量を確認しやすいのも嬉しいポイント。

つまみを押し下げればしっかりと密閉できる機能性の高さが特徴的ですね。

価格も¥673と比較的安く、コスパ抜群!

コーヒー豆200g出来るMサイズ、300g保管できるLサイズがあります。

海外からの評価も高いハリオ

ハリオは日本の耐熱ガラスメーカーです。

日本で唯一耐熱ガラス生産工場を持っており、ハリオのガラス製品は日本製です。

1921年の創業以来、その高いガラス加工の技術で愛され続けているメーカーなのです。

国内で多くのシェアを占めているのに加えて、コーヒー器具の半分はアメリカで販売されているほど、海外からも高い評価を受けています。

クオリティの高い製品を生み出す知名度のあるメーカーです。

そのため、このメーカーのコーヒー豆の入れ物をおすすめ出来ます。

キャニスターの詳細

値段¥632
サイズ800 ml
重量
素材ガラス
密封性
遮光性_

第2位. コーヒーキャニスターなら!おしゃれで使い方色々「ニトリ ガラスキャニスター」

2. コーヒーキャニスターなら!おしゃれで使い方色々「ニトリ ガラスキャニスター」

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「ニトリ ガラスキャニスター」。

色はブラックとホワイトの2色展開で、外側、フタがスチール製、内側がガラスのおしゃれなキャニスターとなっています。

非常におしゃれなので、統一感のあるキッチンやお部屋を演出できますよ!

ガラス窓から中身が見えるため、入れたものがわかりやすく便利です。

内容量は350mlと600mlあり、値段は¥277、¥370とかなり安い!

手軽に買えるのが良いですね。

キャニスターの詳細

値段350ml:¥277、600ml:¥370
サイズ350ml、600ml
重量470g
素材ガラス、スチール
密封性
遮光性

第3位. 海外限定のコーヒーキャニスター「スターバックス Reserve シリーズ ロゴキャニスター」

3. 海外限定のコーヒーキャニスター「スターバックス Reserve シリーズ ロゴキャニスター」

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「スターバックス Reserve シリーズ ロゴキャニスター」。

海外限定のシックでおしゃれなのコーヒーキャニスターです。

ブラックにゴールドのロゴがまたおしゃれ♪

海外のスタバは限定グッズが多く、販売期間が短かったりするため、気に入ったらすぐに手に入れるのがおすすめ。

海外限定なのにどこか和な雰囲気があるところも魅力的。

ギフト用にも喜ばれる保存容器でしょう。

値段は¥3,800。

キャニスターの詳細

値段¥3,498
サイズコーヒー豆250g収納用
重量
素材ステンレス缶
密封性
遮光性

第4位. スチール缶のコーヒーキャニスター「江東堂高橋製作所 茶筒生地缶 平缶150g」

4. スチール缶のコーヒーキャニスター「江東堂高橋製作所 茶筒生地缶 平缶150g」
出典:江東堂高橋製作所

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「江東堂高橋製作所 茶筒生地缶 平缶150g」。

光を通さずにおい移りのしにくい、シンプルなスチール缶のキャニスター(入れ物)です。

中蓋がついていて湿気や酸化も防いでくれるので機能面も充実しています。

150g分という手頃なサイズ感で使い勝手の良いですね。

500gも販売中です。

コーヒー豆の風味を損なわずに美味しく飲みたいという方におすすめの入れ物でしょう。

外形寸法は直径8.3cm 高さ9.2cmです。

キャニスターの詳細

値段¥1,320
サイズ150ml
重量99g
素材スチール
密封性
遮光性
created by Rinker
江東堂高橋製作所
¥1,583 (2024/03/02 18:07:35時点 Amazon調べ-詳細)

第5位.  動物のイラストが可愛いコーヒーキャニスター「オリーブアベニュー コーヒー缶」

5.  動物のイラストが可愛いコーヒーキャニスター「オリーブアベニュー コーヒー缶」
出典:Rakuten

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「オリーブアベニュー コーヒー缶」。

色々な動物のイラストがかわいい、ブリキのキャニスター(入れ物)です。

中蓋があるため、湿気をしっかりと防いでくれるのも嬉しいポイント!

サイズは、M・L・スリムM・スリムLの4種類です。

柏倉元太

絵柄とキャニスターの形状からお気に入りのものを選びやすいものお気に入りのポイントだね!

外形寸法は直径9.5cm 高さ11.8cm。

キャニスターの詳細

値段¥1,430
サイズM・L・スリムM・スリムL
重量200g
素材ブリキ
密封性
遮光性

第6位. 唯一の国産陶製コーヒーキャニスター「ゼロジャパン」

6. 唯一の国産陶製コーヒーキャニスター「ゼロジャパン」
出典:Yahoo

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「ゼロジャパン」。

遮光性と密封性に優れ、海外でも評価を得ている国産陶器製のキャニスターになります。

ステンレスの金具部分やシリコンパッキンなど、全ての部品を国内で製造しているんです。

デザインはシンプルで使い勝手がよく、カラーバリエーションも6種類と豊富。

コーヒー専門家

優しい色合いと、焼き物特有の自然な色も人気の理由なんだって!

コーヒー豆150gを保管することができ、200g、340gのサイズも取り揃えています。

値段は¥2,860。

ゼロジャパンが提供する高品質コーヒーキャニスター

ゼロジャパンは1992年創業の日本企業です。

「メイドインジャパン」をモットーに、日本の職人芸ともいえる高いクオリティの商品づくりをしています。

厳しくチェックして作り上げるのがゼロジャパン(ZEROJAPAN)のこだわりです。

その品質は、海外でも高い評価を受けています。

シンプルな入れ物が多いため、その様なデザインが好きな方は是非購入してみてはいかがでしょうか。

キャニスターの詳細

値段¥2,420
サイズ200ml
重量730 g
素材陶器
密封性
遮光性
created by Rinker
ゼロジャパン(Zero JAPAN)
¥3,850 (2024/03/02 18:25:50時点 Amazon調べ-詳細)

第7位. 密封性抜群のコーヒーキャニスター「ロロ キャニスターベーシック コーヒー」

7. 密封性抜群のコーヒーキャニスター「ロロ キャニスターベーシック コーヒー」

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「ロロ キャニスターベーシック コーヒー」。

シンプルなデザインでおしゃれながら高密閉なコーヒーキャニスターで大人気です。

木葢のついた半陶器製の入れ物で、蓋のチーク材の木目も美しく、モダンインテリアをはじめとする色々な雰囲気のお部屋に合わせやすいデザインです。

コーヒー豆の入れ物には最適でしょう。

外形寸法は直径9cm 高さ9.5cm。

材質は天然の木を使用

こちらの商品は材質は天然の木を使用しています。

豆には嬉しい素材を使っているので鮮度も高く保てるはずです。

キャニスターの詳細

値段¥1,980
サイズ320ml
重量100g
素材半陶器
密封性
遮光性
created by Rinker
ロロ (LOLO)
¥2,480 (2024/03/02 18:25:50時点 Amazon調べ-詳細)

第8位. サビに強いコーヒー豆保存容器「アルプス(ALPS) コーヒー キャニスター 304ステンレス」

アルプス(ALPS) コーヒー キャニスター 304ステンレス

続いて紹介するおすすめのコーヒー豆保存容器は「アルプス(ALPS) コーヒー キャニスター 304ステンレス」。

こちらはサビに強く、耐久性に優れた「304ステンレス」を使っている保存容器です。

空気を抜くバルブが特徴的で、真空に近い状態でコーヒー豆を保管できます。

蓋には日付が表示できるダイアルがついているのもおすすめの理由。

コーヒーの保存期間が一目でわかります。

容量は1500mlほどで、約500gのコーヒー豆を保存可能。

キャニスターの詳細

値段¥2,998
サイズ1500ml
重量
素材ステンレス鋼
密封性
遮光性

第9位. 真空に近い状態で密閉性をキープ「富士商 エアリデューサー ロング」

富士商 エアリデューサー ロング

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「富士商 エアリデューサー ロング」。

真空に近い状態で保存ができるこちらのキャニスターは、富士商が販売しています。

そのため、かなり安心して使うことができます。

容器自体は普通のガラス製になり、自由自在に高さを操作できるのが特徴です。

密閉性をキープ

容器に入れる食材の容量によってフタを調整できるので、空気弁を閉めると空気が入らないように密閉性をキープしてくれます。

それによって、酸味もほどよくなり、コーヒーの美味しさにも影響はありません。

手軽に使いやすいのも魅力ですね。

キャニスターの詳細

値段¥1,188
サイズ2000ml
重量
素材ガラス
密封性
遮光性_

第10位. ホーロー独特のデザイン性がありおしゃれ「野田琺瑯 TUTU」

野田琺瑯 TUTU

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「野田琺瑯 TUTU」。

こちらはホーロー独特のシンプルなデザインが特徴です。

フタは二重構造で、密封性にも優れています。

シンプルなデザイン

TUTUは、シンプルなデザインが特徴です。

丸いフォルムでコーヒー豆も取り出しやすいですが、上フタの取り扱い注意が必要。

カチッとはまるのではなく、置くタイプのフタになります。

そのため、誤って落としてしまうと大惨事になるので、丁寧に扱える方向けのキャニスターと言えるでしょう。

キャニスターの詳細

値段¥2,455
サイズ1000ml
重量460g
素材ホーロー用鋼板
密封性
遮光性
created by Rinker
野田琺瑯(Nodahoro)
¥2,191 (2024/03/02 18:07:48時点 Amazon調べ-詳細)

第11位. 持ち運びが簡単「ナルゲン コーヒービーンズキャニスター」

ナルゲン コーヒービーンズキャニスター91284

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「ナルゲン コーヒービーンズキャニスター」。

こちらの素材はプラスチック製で持ち運びが簡単なのが特徴です。

ペットボトルのような軽さが魅力。

またキャップ式でスムーズに開けられるフタがあり、盛りで軽量の手間が省けるのもおすすめのポイントです。

密閉性もあります。

しかし遮光性はないので、光の影響は受けやすいでしょう。

そこは難点ですね。

ただ保管する場所を暗いところにすれば問題はありません。

キャニスターの詳細

値段¥1,882
サイズ200ml
重量95g
素材ポリエステル樹脂
密封性
遮光性_

第12位. 二酸化炭素放出バルブ機能がある「Coffee Gator コーヒーキャニスター」

Coffee Gator コーヒーキャニスター
出典:Amazon

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「Coffee Gator コーヒーキャニスター」。

こちらの特徴は、なんといっても優れた密封性と二酸化炭素放出バルブ機能にあります。

コーヒー豆の天敵は、意外にも排出する二酸化炭素であることも…。

それらからコーヒー豆を守り、且つバルブが有害な二酸化炭素を外に放出するのがこちらのキャニスターです。

あなたのお気に入りのコーヒー豆の鮮度を、長期間美味しくキープしてくれます。

耐久性もある

高品質で「ビスフェノールA」と呼ばれる成分を使用していないステンレス・スティール製です。

また「Coffee Gator」のオリジナルデザイン。

耐腐食性と耐熱性に優れ、錆びにくく、丈夫で長持ちすることで有名です。

購入日から30日間の返金保証も付くので、是非手軽に購入してみてください。

キャニスターの詳細

値段¥4,020
サイズ1910ml
重量445g
素材ステンレス鋼
密封性
遮光性

第13位. 使い勝手が抜群「ニトリ Easyレバーキャニスター」

第12位. 使い勝手が抜群「ニトリ Easyレバーキャニスター」
出典:ニトリ

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「ニトリ Easyレバーキャニスター」。

とにかくレバーの操作だけで簡単にふたを開閉できるのが特徴のキャニスターです。

3サイズの展開で用途にあわせて容量を選ぶことができます。同サイズのものであれば積み重ねも可能で、数が増えた時にもキッチンをすっきりと見せることができます。

口が大きいので中身を取り出しやすく、洗浄もしやすいので衛生的です。

ただ、プラスチック製品なので静電気が発生しやすく、コーヒーを粉で保存したい方には不向きといえるでしょう。

何種類ものコーヒー豆をすっきりと保存したいという方や、扱いやすく価格の安いコーヒーキャニスターを探している方におすすめします。

キャニスターの詳細

値段S¥299、M ¥449、L ¥899
サイズS 270ml、M 460ml 、L 2400ml
重量120g、210g、480g
素材プラスチック
密封性
遮光性_

第14位. フタがクリアで確認楽々「ニトリ 蓋から中身が見えるガラスキャニスター」

第13位. フタがクリアで確認楽々「ニトリ 蓋から中身が見えるガラスキャニスター」
出典:ニトリ

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「ニトリ 蓋から中身が見えるガラスキャニスター」。

その名の通りフタの上部から中身を一目で確認でき、使い勝手のよい商品。

コーヒー豆専用のキャニスターではありませんが、密封性に優れ、ガラス素材で匂いうつりもほぼありません

また、フタは回転式で大きすぎないので開けやすいサイズです。

シンプルなデザイは、並べるだけでキッチンをすっきりと魅せます。

コスパ重視の方にもおすすめできるキャニスターです。

キャニスターの詳細

値段¥249、¥299
サイズ500ml、750ml
重量370g、470g
素材ガラス
密封性
遮光性_

第15位. 密封性が高い「みよし漆器本舗 ガラス キャニスター」

第14位. 密封性が高い「みよし漆器本舗 ガラス キャニスター」
出典:Amazon

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「みよし漆器本舗 ガラス キャニスター」。

シリコンパッキンのフタで密封性に優れているので、コーヒー豆の鮮度をしっかり保ちたい方におすすめできるキャニスターです。

また、ガラス製の本体に竹製のフタの温もりがインテリアとしてもおしゃれです。見た目にこだわりたい方も満足できるでしょう。

ただ、フタが開けにくく、開いたときの反動で中身がこぼれやすいという難点も。

ロゴが選べる

フタの上部には、ロゴが入ります。

Sugar・Salt・Coffee・Tea・ニコニコマーク・無地など、6種類からロゴを選ぶことができます。

キャニスターの詳細

値段S ¥1,943、L ¥2,028
サイズS 500ml、L 800ml
重量
素材ガラス
密封性
遮光性_

第16位. フタの開閉が簡単で扱いやすい「カリタ キャニスター All Clear Bottle」

第15位. フタの開閉が簡単で扱いやすい「カリタ キャニスター All Clear Bottle」
出典:Amazon

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「カリタ キャニスター All Clear Bottle」。

コーヒー関連器具メーカーの老舗、カリタのキャニスターです。

広口でお手入れがしやすく、中身の取り出しも簡単です。

フタが透明で中身が見やすいのも特徴ですが、使用しているうちに樹脂製のフタの閉まりが緩くなり、密封度が低くなりがちです。

高い密封性を長期的にしっかりと保ちたい方には不向きのキャニスターと言えるでしょう。

抗菌パッキンとガラス製の本体は、匂い移りも少なく清潔に扱えます。

カリタのロゴマーク付きメジャースプーンもついているので、カリタ好きの方には魅力的なポイントですね。

お手入れが簡単にできて、中身を確認しやすいキャニスターを探している方におすすめできるアイテムです。

キャニスターの詳細

値段¥1,320、¥1,430、¥1,300
サイズ500ml、750ml、1000ml
重量400g、500g、630g
素材ガラス
密封性
遮光性_

第17位. 密封性が高くおしゃれなスチール缶「澤井珈琲 コーヒー専用保存缶」

第16位. 密封性が高くおしゃれなスチール缶「澤井珈琲 コーヒー専用保存缶」
出典:Amazon

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「澤井珈琲 コーヒー専用保存缶」。

500gのコーヒー豆をたっぷり収納できる大きめサイズで、強度のあるスチール缶です。

開けやすさを考えてフタにつまみが付いていますが、空気圧で開けにくいのが難点です。

その分、密封性は高く、湿気からしっかりとコーヒー豆を守ってくれます。

コーヒーの劣化の原因になる酸素、光、湿度に注目し、開発されたキャニスターです。

重厚感のあるブラックにロゴがプリントされていておしゃれなデザインも魅力的。

キャニスターの詳細

値段¥1,480
サイズ500ml
重量240g
素材スチール
密封性
遮光性

第18位. 耐久性に優れた「シービージャパン キャニスター THE ALAW」

第17位. 耐久性に優れた「シービージャパン キャニスター THE ALAW」
出典:Amazon

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「シービージャパン キャニスター THE ALAW」。

耐久性、衛生面に優れたホーロー素材で、酸にも強く匂い移りもしにくいです。

フタはラバーウッド製でシリコンのパッキンですが、やや密封性が低くコーヒー豆の鮮度をしっかり保ちたい方には不向きです。

広口で中身が取り出しやすく、つまみのついたフタの木の温もりが心地よく感じられます。

密封性にこだわらなければ、その他の機能性は備えたキャニスターといえるでしょう。

キャニスターの詳細

値段¥2,850
サイズ600ml
重量440g
素材ホーロー
密封性_
遮光性

第19位. ステンレスの容器がスタイリッシュ「メリタジャパン ステンレス キャニスター」

第18位. ステンレスの容器がスタイリッシュ「メリタジャパン ステンレス キャニスター」
出典:Amazon

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「メリタジャパン ステンレス キャニスター」。

世界初、ペーパードリップを開発したメリタのコーヒーキャニスターです。

中身の見える透明なフタとステンレス製の本体が特徴的です。

フタが浅目でパッキンも細いため、香りがとびやすいのが難点。

どっしりとした質感で安定性があり、マットシルバーのスタイリッシュなデザインはインテリアとしてもおすすめです。

計量が楽にできるメジャースプーンも付いています。

キャニスターの詳細

値段¥2,727
サイズ800ml
重量280g
素材ステンレス、スチール
密封性
遮光性

第20位. ロゴ入りのスチール缶「キャメル珈琲 カルディオリジナル キャニスター缶」

第19位. ロゴ入りのスチール缶「キャメル珈琲 カルディオリジナル キャニスター缶」
出典:Amazon

続いて紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「キャメル珈琲 カルディオリジナル キャニスター缶」。

表にはカルディのロゴが、背面にはマスコットの「ヤギベェ」のワンポイントが入ったマットブラックのおしゃれなキャニスターです。

ブラックの他にも、赤やイラストレーターデザインの「カルディ伝説」の絵柄がプリントされたものもあります。

密封性が高く、コーヒー豆の風味を損なわずに保存することができます。

そのせいかフタを開けるときに少し硬くて開けづらいのが難点ですが、口は広めなのでコーヒー豆が取り出しやすいです。

少し金属特有の匂いがするので、気にされる方は要検討です。

スチール製なので水洗いはサビの原因に。乾いた布で拭き取って汚れを落としましょう。

カルディのデザインが好きで、密封性の高さを求める方におすすめできるキャニスターです。

キャニスターの詳細

値段¥550
サイズ250ml
重量
素材ステンレス、スチール
密封性
遮光性
created by Rinker
KALDI(カルディ)
¥1,580 (2024/03/02 18:25:56時点 Amazon調べ-詳細)

第21位. ボトル型のデザインがおしゃれ「キントー BOTTLIT キャニスター」

第20位. ボトル型のデザインがおしゃれ「キントー BOTTLIT キャニスター」
出典:Rakuten

最後に紹介するおすすめのコーヒーキャニスターは「キントー BOTTLIT キャニスター」。

コロンとしたコルクのフタとボトル型のデザインがおしゃれで、キッチンのアクセントとして魅力的なアイテムです。

スプーンなどを使わずに、傾けることで中身を簡単に取り出せるのもこの商品の特徴です。

ただ、コーヒー豆のように決まったg数できっちり取り出したいときには、多少扱いにくいですね。

本体はガラス製で残量を一目で確認できるところは使い勝手がよいでしょう。

150ml、300ml、600mlと3種類のサイズ展開なので、自分にピッタリ合った容量を選べます。

ニオイが移りやすい

また、蓋のコルクの臭いがコーヒー豆にうつりやすいという難点もあります。

ただしデザイン重視で中身の見えるキャニスターをお探しの方に、おすすめできる商品です。

キャニスターの詳細

値段¥1,320、¥1,540、¥2,420
サイズ150ml、300ml、600ml
重量
素材ガラス
密封性_
遮光性_

コーヒーキャニスターの上手な使い方

コーヒーキャニスターの上手な使い方

コーヒー豆の新鮮さを保つためには、以下の2つのことを避けるようにしましょう。

それは「酸素」と「湿度」。

コーヒー豆は酸素に触れることで酸化が進み、味や風味が損なわれてしまいます。

また焙煎した豆には、細かい穴があるため水分や湿気を吸着しやすくなっているのです。

つまり湿気とともに周囲のにおいまで取り込んでしまい、風味を損なう原因となってしまいます。

コーヒー専門家

焙煎したコーヒー豆は特に注意が必要だね!

キャニスターに入れて常温のまま保存するのはコーヒー豆にとってはよくありません。

飲みきるまでの期間をしっかりと考えて、適切な場所での保存を心がけてください。

1カ月以内に飲みきる場合は冷蔵庫で保管しよう

冷蔵庫のような防湿・遮光・低温環境であればコーヒー豆の劣化速度も常温より緩やかになります。

しかし注意点が1つあります。

冷他の食品が入っているため、ニオイ移りが起こること

そのため密閉性に優れたキャニスターにすることが大切です。

1カ月以上保存する場合は冷凍庫で保管しよう

冷蔵庫よりさらに低温環境のため、長期間の保存には適しています。

急激な温度変化による結露を防ぐために、あらかじめ1回に使う分を小分けにして保管すると、いざコーヒーを飲むとなったときに便利です。

コーヒー豆の詳しい保存方法については、以下の記事を参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
【最新版】コーヒー豆の適切な保存方法とは?鮮度を保つための注意点4つ コーヒー豆の正しい保存方法が知りたい! 挽いた後のコーヒー豆ってどのように保存したら良いのかわからない…。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 美味しい...

コーヒーキャニスターを使って鮮度を保とう!

コーヒーキャニスターを使って鮮度を保とう!

いかがでしたか?

コーヒーキャニスターのおすすめを21選、ランキング形式で紹介しました!

もう一度まとめると次の通りです。

  1. ハリオ 珈琲キャニスターM
  2. ニトリ ガラスキャニスター
  3. スターバックス Reserve シリーズ ロゴキャニスター
  4. 江東堂高橋製作所 茶筒生地缶 平缶150g
  5. オリーブアベニュー (Olive Avenue) コーヒー缶
  6. ゼロジャパン(ZEROJAPAN) コーヒーキャニスター200
  7. ロロ (LOLO) キャニスターベーシック
  8. アルプス(ALPS) コーヒー キャニスター 304ステンレス
  9. 富士商 エアリデューサー ロング
  10. 野田琺瑯 TUTU
  11. ナルゲン コーヒービーンズキャニスター
  12. Coffee Gator コーヒーキャニスター
  13. ニトリ Easyレバーキャニスター
  14. ニトリ 蓋から中身が見えるガラスキャニスター
  15. みよし漆器本舗 ガラス キャニスター
  16. カリタ キャニスター All Clear Bottle
  17. 澤井珈琲 コーヒー専用 保存缶
  18. シービージャパン キャニスター THE ALAW
  19. メリタジャパン ステンレス キャニスター
  20. キャメル珈琲 カルディオリジナル キャニスター缶
  21. キントー BOTTLIT キャニスター

最後に、この記事の大切なことをまとめてみましょう。

  1. コーヒーキャニスターを選ぶポイントは「容量」「密封性」「遮光性」「素材」の4つ
  2. 最もおすすめのコーヒーキャニスターは「ハリオ 珈琲キャニスターM」
  3. コーヒーキャニスターに入れたコーヒー豆は冷凍庫か冷蔵庫で保管

新鮮なコーヒー豆を買うことが大切

これまでおすすめの保存容器を紹介してきましたが、まずは「 新鮮なコーヒー豆 」を手に入れること大切です。

コーヒー専門家

実際にはこれに尽きるね…。

重要な素材であるコーヒー豆が、焙煎してから時間が経ってしまったり古くなってしまっていてはどれだけ抽出を上手くしても限界があります。

これからもわかる通りで、古くなったコーヒー豆を購入していくら保存方法に気を使ったとしても素材が持つ以上の美味しさの味は出すことが難しいです。

よく勘違いしてしまいがちなのですが、保存方法や保存容器などを考えるよりも、新鮮なコーヒー豆を手に入れることが大切です。

今回紹介した他にも、機能的でおしゃれなコーヒーキャニスターはたくさんあります。

選び方についても解説したので、マスターしたことを活かして、また違った店舗で買ってみるのも良いでしょう。

是非お気に入りのコーヒーキャニスターを見つけて豆の鮮度をしっかりと保ち、おしゃれで美味しいコーヒー時間を楽しんでください!

コーヒーキャニスターのおすすめ人気ランキング21選!おしゃれで機能的

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

柏倉 元太のアバター 柏倉 元太 日本安全食料料理協会(JSFCA)認定コーヒーソムリエ/コーヒー専門家

コーヒーをこよなく愛し続けて約10年。日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ資格を取得し、現在はコーヒー専門家として活動しています。また独自のコーヒーブランド「ラボカフェ」も運営しています。

このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をメディアを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

タップできる目次