メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

【決定版】エスプレッソグラインダーのおすすめ人気ランキング25選!

エスプレッソグラインダーのおすすめが知りたい!人気なものはどれ?

業務用としても使えるコーヒーグラインダーはあるの?家庭用は?

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

エスプレッソグラインダーと一口に言うもの、たくさんの種類があって迷ってしまいますよね。

エスプレッソグラインダーは美味しいエスプレッソを作り出すのに必要な機材。

コーヒーミルとの違いや選び方、エスプレッソグラインダーだからこそできる機能や特徴を徹底的に比較して、おすすめ人気25選を紹介していきます!

この記事の結論
  • そもそもエスプレッソグラインダー(エスプレッソミル)とは、コーヒー豆を挽くための器具
  • 選び方は大きく4つ 
  • 家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第1位は「デロンギ コーン式コーヒーグラインダー KG366J」
  • 業務用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第1位は「「ロケット エスプレッソ・NEW ロケット ファウスト グラインダー」
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒー
  1. :味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせた旬のコーヒー!初回数量限定30%OFF!
  2. :世界で1台の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら返金保証付きで初回数量限定53%OFF!
  3. 会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。

より詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング55選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

エスプレッソグラインダーとは?

エスプレッソグラインダーとは?

結論、エスプレッソグラインダーとは、コーヒー豆を挽くためのものです。

エスプレッソミルとも呼ばれたりします。

コーヒー豆を挽く器具にはミルとグラインダーがありますが、両者に明確な区別はありません。

一般的に手動のものをミル、電動のものをグラインダーと呼んでいる傾向があります。

ミルは手挽きなのでサイズ感も様々で、自分好みの挽き具合で止めておけるのが特徴ですが、労力と時間がかかります。

グラインダーは電動ということで機械部分がついているため、大きいものが多いです。

ですが、時間をかけずに多くの量を一気に挽けますし、エスプレッソレベルまで細かく挽いてくれるというメリットがあります。

コーヒー専門家

それぞれ違った良さがあるよね。今回はエスプレッソ限定ということで、グラインダーを紹介していくよ。

あわせて読みたい
【2024年】コーヒーミルのおすすめ人気20選!手動から電動まで紹介 おすすめのコーヒーミルを教えてほしい! 電動なのか手動が良いのかよくわからない…。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること コーヒーミ...

エスプレッソグラインダーは必ず必要ではない

エスプレッソグラインダーは、家でエスプレッソを飲む際に必ず必要かと言われればそうではありません。

豆を挽く機械なので、エスプレッソ用にあらかじめ挽いてある豆を買えば、エスプレッソを飲むことができます。

ですが、本格的なエスプレッソを飲みたいと思うなら是非購入をおすすめします。

理由は大きく2つあります。まとめると以下の通り。

  1. 挽きたてのコーヒー豆を味わえる
  2. 挽き目の調節が可能

挽きたてのコーヒー豆を味わえる

コーヒー豆を使うタイミングで1番ベストなのは、やはり挽きたてです。

理由は大きく2つあります。

  1. コーヒー豆のアロマ(香り)を楽しめる
  2. 豆本来の味を堪能できる

やはり飲むからにはおいしいエスプレッソが良いですよね。

豆は挽いた瞬間から酸化が始まってしまい劣化していき、挽いた後の豆は表面積が増えてしまい酸化も早くなってしまうのです。

そうしたことから、飲む直前に豆を挽くことをおすすめします。

挽き目の調節が可能

コーヒー豆の挽き目、つまりベストな粗さは豆によって違いますし、豆の保存状態や周囲の環境でも変わります。

また、挽き加減を変えれば味や風味も変わってきます。

自分でグラインダーを持っていない場合、挽いてある豆を買ってエスプレッソを飲むことになりますが、挽き具合を変えることはできません。

自分の1番好みの挽き具合にしたり、その時によって変化する豆の状態に合わせて挽くためには、グラインダーを使うのが1番でしょう。

エスプレッソグラインダーの業務用と家庭用の違い  

エスプレッソグラインダーの業務用と家庭用の違い  

エスプレッソグラインダーにはたくさん種類がありますが、業務用と家庭用で使い分けられる機能の違いは、大きくわけて2つ。

  • 容量 
  • 速度 

1つずつ簡単に解説していきます。 

容量 

まずエスプレッソグラインダーそのものの容量や大きさです。 

業務用ではある程度の容量が必要となりますが、家庭用で使用するのならば少なめの容量でも問題はないでしょう。 

反対に業務用と表記されていてもエスプレッソを沢山飲みたい、淹れたいという方は業務用・家庭用に囚われずに大きい容量のグラインダーを購入するのもありです。 

速度 

続いて速度ですが、これは豆を一回分挽くのにかかる時間のこと。 

業務用では業務形態によりますが、提供スピードが求められることもあるでしょう。 

業務用ではより素早く豆の粒度が安定した挽き方ができるものが使われていることが多いです。 

エスプレッソグラインダーの選び方

エスプレッソグラインダーの選び方

グラインダーにもいろいろな種類があるため、どれを選べばよいのか迷ってしまうでしょう。

結論、選び方は4つあります。

  1. 極細挽きに対応している
  2. 刃の種類はコーン刃またはフラット刃がおすすめ
  3. メンテナンスのしやすさ 
  4. 値段で決める  

極細挽きに対応している

極細挽き

エスプレッソを飲む際には基本的に豆を極細挽きします。

豆が粗すぎると圧力が上手く伝わらず、味が薄くなってしまうからです。

エスプレッソらしさを楽しむためにも、極細挽きできるグラインダーがおすすめ。

刃の種類

また、グラインダーの刃の種類も大事です。

刃の種類としては大きく2つに分けられます。

  • コーン刃
  • フラット刃

立体的な構造をしており、低速でコーヒー豆をすり潰すような感じで砕くコーン刃と、平らな2つの刃が高速回転し、豆を切るように砕くフラット刃には、それぞれ特徴があります。

コーン刃はフラット式に比べ不揃いな挽き加減になりますが、摩擦熱が低いので豆を傷めませんしフラット刃より長持ちすることが多いです。

フラット刃は高速回転するためコニカル刃に比べて豆へのダメージが大きいですが、スピーディーに挽き終わりますし1度に大量の豆を挽くことも可能です。

柏倉元太

コニカル刃は家庭向け、フラット刃は業務用って感じかな。

メンテナンスのしやすさ 

グラインダーにも定期的なお手入れが必要となってきます。 

業務用はもちろんですが、家庭用に使う場合も定期的なお手入れが必要です。 

ネジの外し方や、グラインダーの構造によって変わってくるので、自分に合ったメンテナンスの難易度で選ぶことも大切。 

交換用パーツなども長く使う上で大切になってくるため、事前にチェックしておくこともおすすめです。

値段で決める  

エスプレッソグラインダーは値段もさまざまです。 

刃の構造や大きさ、機能などによって値段が大きく変わってきます。 

まずは値段の予算を決めて、使いたい機能や場面に合わせて選択することもおすすめの選び方です。 

【徹底比較】エスプレッソグラインダーのおすすめ人気ランキング25選!業務用から家庭用まで紹介

【徹底比較】エスプレッソグラインダーのおすすめ人気ランキング25選!業務用から家庭用まで紹介

ここからは、エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキングを紹介していきます。

購入の際は、機能はもちろんデザインや価格なども大事ですよね。

先程紹介した「選び方」を基に厳選したエスプレッソグラインダーを、家庭用と業務用に分けてランキングしてみました。

まず「家庭用のエスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング」を表にまとめると以下のとおりです。

スクロールできます
ランキング商品名幅×奥行×高さn(㎝)重さ刃の種類極細挽きホッパー容量値段メンテナンスのしやすさ
1位デロンギ  KG366J13.5×19.5×291.6㎏コーン刃310g16,368円
2位デロンギ  KG521J-M15.5×25.5×38.52.8㎏コーン刃350g27,368円
3位BODUM17.8×16.3×27.51.6㎏コーン刃×220g13,200円
4位みるっこ13×24×36.24.6㎏コーン刃250g45,300円
5位Breville20.3×15.2×34.32.0㎏コーン刃340g51,990円
6位エウレカ ミニヨン スペシャリタ12×18×39.5 5.6kg フラット刃 〇 300g 179,800円△ 
7位メリタ VARIO-E CG-12412×16×35 3.1kg コーン式 〇 220g 23,742円○ 
8位バラッツア Sette 27013x24x38 3.2kg コーン刃 〇 300g 67,390円○ 
9位アスカソ i mini grinder12.5×23×31 3.5kg フラット刃 〇 250g 52,250円△ 
10位コレス コーングラインダー シルバーC33012x23x34.5 2.5kg コーン刃 〇 240g 20,000円    ○ 
11位ソリス スカラプラス コーヒーグラインダー SK1661 13.5×17.0x28.5 1.5kg コーン刃 〇 300g 12,800円○ 
12位Mulli ポータブル コーヒーグラインダー24.9×14.0x8.90.83kg 高硬度セラミック研削142g 16,812円
13位oxo BREW電動コーヒーミル13.5×19.7×32.53.19kg コニカル刃340g18,480円
14位ハリオ V60 電動コーヒーグラインダーコンパクト EVC-8‎34.8×22.2×16.71.88 kg コニカル刃100g12,071円
15位OYUNKEYコニカル式電動コーヒーミル8.5×8.3×15.5600g コニカル刃30g6,770円
16位ブレビル Smart Grinder Pro BCG820BSS‎21.6×15.2×39.42.9㎏コニカル刃532g 42,385円
17位WPMコーヒーグラインダー ZD-17N 15x24x423.3㎏コニカル刃450g 56,800円
18位メリタVARIO CG-111B13.5x18x373.7㎏フラット刃220g 69,800円
19位Niche Zero コーヒーグラインダー12x21x314.1㎏コニカル刃50g 83,579円
20位カリタ Electric Coffee Grinder NEXT G2 27.5×20.5×422.3㎏コニカル刃60g45,318円
価格はAmazon、楽天市場を参考

次に「業務用のエスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング」をまとめると次のとおりです。

スクロールできます
ランキング商品名幅×奥行×高さn(㎝)重さ刃の種類極細挽きホッパー容量値段メンテナンスのしやすさ
1位Rocket Fausto17.2×26.2×44.110㎏フラット刃  600g194,800円
2位マッツァー Mini Electronic Type A 16.8x34x47 10.2kg フラット刃 600g 179,485 円
3位フジローヤル コーヒーミルR44020.5x33x53.515kg フラット刃900g52,000 円
4位MAHLKONIG マルケニッヒE65S19.5×28.3×58.311.2kg フラット刃1,200g523,256 円
5位Mahlkonig マルケニッヒ EK4322.6×41.1×58.324kgフラット刃1,500g598,703円
価格はAmazon、楽天市場を参考

それでは順番に解説します。

家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ人気ランキング20選!

第1位. 小型でアロマを十分に楽しめる「デロンギ コーン式コーヒーグラインダー KG366J」

デロンギ コーン式コーヒーグラインダー KG366J

最初に紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第1位は「デロンギ コーン式コーヒーグラインダー KG366J」。

デロンギはイタリアの有名なコーヒー・エスプレッソ製品のメーカーで、そちらが出している人気のグラインダーです。

上下2枚式のコーン式刃がついており、低速でコーヒーのアロマを失わず豆を均一に挽くことができるんですよ。

極細挽き、細挽き、中細挽き、中挽きの4つのモードがあり、豆の粗さを16段階に設定可能です。

エスプレッソ以外にも幅広く使えるのは嬉しいですよね。

豆を挽く量も1~12杯分を選べます。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
310
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)13.5×19.5×29
重さ1.6㎏
刃の種類コーン刃
極細挽き
ホッパー容量310g
値段13,555円
メンテナンスのしやすさ

第2位. 家庭用から業務用までいける「デロンギ デディカ コーヒー式グラインダー KG521J-M」

デロンギ デディカ コーヒー式グラインダー KG521J-M

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第2位は「デロンギ デディカ コーヒー式グラインダー KG521J-M」。

デロンギのコーヒーグラインダーで最も高価であり、最も機能性が高いのがこちらの「KG521J-M」です。

こちらも刃はコーン式なので、揮発性のコーヒーアロマを損なわずコーヒーの風味を最大限に楽しむことができますよ。

豆の粗さは18段階、杯数は14杯までと、より幅広く対応してくれるのもポイントが高いです。

液晶ディスプレイがついているので見やすく使いやすいですし、お手入れがしやすいという特徴も。

コーヒー専門家

コーヒー好きはぜひ手に入れたい憧れの商品だね。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
350
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)15.5×25.5×38.5
重さ2.8㎏
刃の種類コーン刃
極細挽き
ホッパー容量350g
値段27,091円
メンテナンスのしやすさ

デロンギのコーヒーミルについてより詳しく知りたい方は、以下の記事をチェック!

あわせて読みたい
【2023年】デロンギのコーヒーミル全機種を徹底解説!口コミも紹介 デロンギのコーヒーミルには何があるの? デロンギのコーヒーミルの特徴は? このような疑問にお答えしていきます。 本記事は、デロンギのコーヒーミルに特化して徹底解...

第3位. 【安い】コーヒー豆本来の味わいが楽しめる「ボダム BISTRO 19093-01JP-3」

3. BODUM(ボダム) BISTRO 19093-01JP-3

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第3位は「ボダム BISTRO 19093-01JP-3」。

BODUMはデンマークとスイスの台所用品メーカーで、キッチングッズや家電を売っています。

そこのグラインダーはコーン刃を使っているので豆本来の風味や香りを失いません。

挽き方は細挽き、中挽き、粗挽きの3種類です。

スイッチ1つで簡単にコーヒー豆が挽けますし、コンテナーがガラスでできているので静電気が起きにくく挽いた豆が飛び散るのを防いでくれます。

洗って清潔に使えるのも、長く使っていくうえでは大切です。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
220
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)17.8×16.3×27.5
重さ1.6㎏
刃の種類コーン刃
極細挽き×
ホッパー容量220g
値段13,200円
メンテナンスのしやすさ

第4位. 日本製で可愛らしいデザイン「フジローヤル コーヒーミルR220 みるっこ」

4. フジローヤル コーヒーミルR220 みるっこ

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第4位は「フジローヤル コーヒーミルR220 みるっこ」。

一見レトロなおもちゃのようなこの商品は日本の会社・フジローヤルがだしている「みるっこ」です。

日本のコーヒー業界ではとても有名で、日本製ということで人気も高いです。

かわいらしいデザインとは裏腹に、業務用の精度とパワーを凝縮した高性能グラインダーですよ。

調節ダイヤルは1~10まで0.5刻みでメモリを調節できます。

これ1台あればあらゆるコーヒーに対応できますね。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
250
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)13×24×36.2
重さ4.6㎏
刃の種類コーン刃
極細挽き
ホッパー容量250g
値段57,300円
メンテナンスのしやすさ

第5位. 60段階も挽き加減を調節できる「ブレビル The Dose Control Pro コーヒーグラインダー」

5. Breville(ブレビル) BCG600SIL The Dose Control Pro

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第5位は「ブレビル The Dose Control Pro コーヒーグラインダー」。

1932年にシドニーで設立したオーストラリアのキッチンブランド「Breville」のエスプレッソグラインダーは、なんと60段階もの挽き加減調節が可能です。

大きさは他の家庭用エスプレッソグラインダーと変わりないですが、これ1台で家庭用も業務用もまかなえるほどの性能を持っています。

ステンレス製のコーン刃を使用しているため摩擦熱が少なく、コーヒーの香りを逃しません。

同じメーカーのエスプレッソマシンとセットで使うのも良いですよね。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
340
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)20.3×15.2×34.3
重さ2.0㎏
刃の種類コーン刃
極細挽き
ホッパー容量340g
値段47,100円
メンテナンスのしやすさ

第6位. イタリアの老舗グラインダー専門ブランド「エウレカ ミニヨン スペシャリタ

エウレカ ミニヨン スペシャリタ

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第6位は「エウレカ ミニヨン スペシャリタ」。

エウレカはイタリアの老舗コーヒーグラインダー専門ブランドとなっています。 

エウレカミニヨンスペシャリタは機能性に優れており、挽いた後のダマや静電気を抑制できたり、クリーニングの際に設定した挽き目を変えることなく、そのままの挽き目を保てたりします。 

コーヒー粉の大きさも均一で味に違いができにくく、使いやすさも抜群。

安定した美味しいエスプレッソを淹れるのにも適しているのです。 

デザインもスタイリッシュな見た目のため、1つ置いておくだけでキッチンがおしゃれになるようなインテリア性も魅力と言えるでしょう。 

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
300
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)12×18×39.5 
重さ5.6kg 
刃の種類フラット刃
極細挽き
ホッパー容量300g 
値段198,000円
メンテナンスのしやすさ

第7位. 有名なコーヒー専門ブランド「メリタ VARIO-E CG-124」

メリタ VARIO-E CG-124

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第7位は「メリタ VARIO-E CG-124」。

コーヒーブランドと言えばメリタが思いつくという方も多いのではないでしょうか。 

メリタ VARIO-E CG-124はコスパが良い上に、有名ブランドであるため迷ったときにも安心して購入しやすいことが魅力。 

コンパクトで置き場所にも困らないため、家庭用として使用するのがおすすめです。 

豆の焙煎度によっては詰まりなどが起きてしまうことがあるため、そちらだけ注意するようにしましょう。 

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
220
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)12×16×35 
重さ3.1kg 
刃の種類コーン式 
極細挽き
ホッパー容量220g 
値段23,742円
メンテナンスのしやすさ
created by Rinker
メリタ(Melitta)
¥22,349 (2024/03/04 23:02:03時点 Amazon調べ-詳細)

第8位. スタイリッシュで高性能「バラッツア Sette 270」  

バラッツア Sette 270

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第8位は「バラッツア Sette 270」  。

シアトルのプレミアムブランドであるバラッツアから販売されているグラインダーです。 

スタイリッシュでコンパクトなデザインは、場所も取らない上におしゃれなインテリアとしても馴染んでくれます。 

バラッツア Sette 270はエスプレッソ用として特化したタイプであり、自分のこだわりや好みに合わせて270段階で調整ができることも魅力。 

コスパを抑えて本格的な操作性を探している方におすすめです。 

コーヒー専門家

家庭用としても小型店舗用としても使えそうだね。 

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
300
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)13x24x38 
重さ3.2kg 
刃の種類コーン刃 
極細挽き
ホッパー容量300g 
値段69,480円
メンテナンスのしやすさ

第9位. コスパの良いフラット刃仕様「アスカソ i mini grinder」  

アスカソ i mini grinder

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第9位は「アスカソ i mini grinder」 。

スペインのエスプレッソパーツブランドであるアスカソから販売されているグラインダーです。 

アスカソ i mini grinderの一番の魅力は、値段が高くなりがちなフラット刃タイプを高コスパで使用できるということです。 

好みの大きさに粉を調整できることや、耐久性の高さ、挽き目も均一に仕上がるため、家庭用としてはもちろんですが業務用としての使用も可能。 

ただし、一回挽くごとに粉がやや残りがちであるため、古い豆が混ざらないように処理しておくことや、やや豆の排出が遅くなってしまうことがあるためスピードを意識したい方は注意しましょう。 

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
250
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)12.5×23×31 
重さ3.5kg 
刃の種類フラット刃
極細挽き
ホッパー容量250g 
値段139,200円
メンテナンスのしやすさ

第10位.シンプルさと使いやすさが魅力「コレス コーングラインダー シルバーC330」

コレス コーングラインダー シルバーC330

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第10位は「コレス コーングラインダー シルバーC330」

日本のブランドであるコレスから販売されているグラインダーです。 

無段階調整が可能な上に、均一な粒度となっているため、エスプレッソの味にこだわりたい方にもおすすめ。 

コンパクトでシンプルな見た目や、使いやすい構造も魅力です。 

またメンテナンスがしやすいだけでなく、コスパも良いため家庭用のエスプレッソグラインダーを探している方にぴったりでしょう。 

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
240
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)12x23x34.5 
重さ2.5kg 
刃の種類コーン刃 
極細挽き
ホッパー容量240g 
値段24,200円
メンテナンスのしやすさ

第11位. 高コスパで買いやすい「ソリス スカラプラス コーヒーグラインダー SK1661 」

ソリス スカラプラス コーヒーグラインダー SK1661 

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第11位は「ソリス スカラプラス コーヒーグラインダー SK1661 」。

スイスの家電ブランドであるソリスから販売されているグラインダーです。 

他のグラインダーと比べても高コスパとなっており、グラインダーを初めて購入するという方でも手を出しやすいアイテム。 

やや操作性が難しいのですが、質の良いエスプレッソもできるため、家庭用のグラインダーに悩んだ際に試しに購入するのもおすすめです。 

デザインはスリムでスタイリッシュなため、インテリア性に優れているのも魅力でしょう。 

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
300
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)13.5×17.0x28.5 
重さ1.5kg 
刃の種類コーン刃 
極細挽き
ホッパー容量300g 
値段14,080円
メンテナンスのしやすさ

第12位. 電動・手動が選べる「Mulli ポータブル コーヒーグラインダー」

Mulli ポータブル コーヒーグラインダー
出典:https://www.amazon.co.jp/

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第12位は「Mulli ポータブル コーヒーグラインダー」。

エスプレッソ用の細挽きからフレンチプレス用の粗挽きまで、5段階の挽き目から選べます。

USB・カーチャージャー・モバイルバッテリー・ノートパソコンからの充電が可能なため、比較的場所を選ばず使用することができて非常に便利です。

使用したい時にバッテリー残量が少なくなってしまった場合には、ハンドルを使用して手動で操作することができます。

小型で軽く持ち運びも簡単なため、オフィスや旅先、アウトドアのお供にもおすすめのアイテムです。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
142
300
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)24.9×14.0x8.9
重さ0.83kg 
刃の種類高硬度セラミック研削
極細挽き
ホッパー容量142g 
値段16,812円
メンテナンスのしやすさ

第13位. 43段階の挽き目から選べる「oxo BREW電動コーヒーミル」

第13位. 43段階の挽き目から選べる「oxo BREW電動コーヒーミル」
出典:https://www.amazon.co.jp/

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第13位は「oxo BREW電動コーヒーミル」。

極細から粗挽きまで43段階の挽目調節ができ、あらゆる種類のコーヒーに対応できます。

ステンレス刃を採用しているため、ムラなく均一に挽け、雑味のない美味しいコーヒーが味わえます。

挽いた粉を受けるコンテナ部にもステンレスが使われ、静電気が起きにくい仕様です。

そのため、残りカスが付きにくく、お手入れも比較的楽なアイテムと言えるでしょう。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
340
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)13.5×19.7×32.5
重さ3.19kg 
刃の種類コニカル刃
極細挽き
ホッパー容量340g 
値段18,480円
メンテナンスのしやすさ

第14位. コンパクトながら本格派「ハリオ V60 電動コーヒーグラインダーコンパクト EVC-8」

第14位. コンパクトながら本格派「ハリオ V60 電動コーヒーグラインダーコンパクト EVC-8
出典:https://www.amazon.co.jp/

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第14位は「ハリオ V60 電動コーヒーグラインダーコンパクト EVC-8」。

微粉が少なく、豆の挽き目も比較的均一に仕上がり、クリーンな味わいが楽しめるグラインダーです。

ホッパーと外刃、コンテナは水洗いが可能で、粉掃除用の専用ブラシも付いてお手入れも楽々。

目詰まりしないよう配慮された設計や、粉の飛び散りを防ぐフタ付きコンテナも嬉しいポイントでしょう。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
100
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)‎34.8×22.2×16.7
重さ1.88 kg 
刃の種類コニカル刃
極細挽き
ホッパー容量100g 
値段12,071円
メンテナンスのしやすさ

第15位. コードレスで持ち運べる「OYUNKEYコニカル式電動コーヒーミル」

第15位. コードレスで持ち運べる「OYUNKEYコニカル式電動コーヒーミル」
出典:https://www.amazon.co.jp/

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第15位は「OYUNKEYコニカル式電動コーヒーミル」。

コーヒー好きな方のアウトドアのお供に、おすすめしたいのがこちらのグラインダー。

フタを上から押すことで2枚の刃が回転するプロペラ式で、小さいながらも充分な速度で豆を挽くことができます。

コンパクトで手軽に持ち運べる上、刃が付いている側のホッパーは水洗い可能なため清潔に保てるのがメリット。

ただ、挽いた豆を受けるコンテナは取り外しができないため、粉を移す際にやや注意が必要です。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
60
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)‎8.5×8.3×15.5
重さ600g 
刃の種類コニカル刃
極細挽き
ホッパー容量30g 
値段6,770円
メンテナンスのしやすさ

第16位. 液晶画面で優れた操作性「ブレビル Smart Grinder Pro BCG820BSS」

第16位. 液晶画面で優れた操作性「ブレビル Smart Grinder Pro BCG820BSS」
出典:https://www.amazon.co.jp/

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第16位は「ブレビル Smart Grinder Pro BCG820BSS」。

こちらのグラインダーは、液晶画面で設定がしやすく操作性に優れている点が特徴です。

微粉が飛び散りにくく作動中の音も静かなため、家庭の中でもノンストレスで使用できるでしょう。

粗挽きはやや苦手ですが、エスプレッソ用の細挽きからドリップ用の中挽きまで、ムラなく均一に挽くことができ、性能のよいグラインダーです。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
532
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)‎21.6×15.2×39.4
重さ2.9㎏
刃の種類コニカル刃
極細挽き
ホッパー容量532g 
値段42,385円
メンテナンスのしやすさ

第17位. 幅広く使われているグラインダー「WPMコーヒーグラインダー ZD-17N 」

第17位. 幅広く使われているグラインダー「WPMコーヒーグラインダー ZD-17N 」
出典:https://www.amazon.co.jp/

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第17位は「WPMコーヒーグラインダー ZD-17N 」。

家庭用からバリスタの練習用、業務用のセカンドミルとしても使用されている高性能なモデルです。

動作中は自動でLED照明が点灯するため目で確認しやすく、音も静かなため気持ちよく使用できます。

また、高精度なコニカル刃によりきめ細かく均一なグラインドが可能で、コーヒー豆本来の成分がしっかりと抽出でき美味しいコーヒーを淹れられるのも魅力です。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
450
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)15x24x42
重さ3.3㎏
刃の種類コニカル刃
極細挽き
ホッパー容量450g 
値段56,800円
メンテナンスのしやすさ
created by Rinker
WPM
¥60,280 (2024/03/04 23:02:09時点 Amazon調べ-詳細)

第18位. こだわり設定でコーヒー愛好家から高評価「メリタVARIO CG-111B」

第18位. こだわり設定でコーヒー愛好家から高評価「メリタVARIO CG-111B」
出典:https://www.amazon.co.jp/

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第18位は「メリタVARIO CG-111B」。

家庭用グラインダーの中でも優秀な高性能モデルの1つとして、コーヒー愛好家からも絶大な支持を受けています。

ホッパー容量が小さいながら価格は高めですが、相応の機能性を持ち合わせており、230段階の挽き目設定が選べる上、均一性の高いきれいなパウダー状の仕上がりが魅力です。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
220
400
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)13.5x18x37
重さ3.7㎏
刃の種類フラット刃
極細挽き
ホッパー容量220g 
値段69,800円
メンテナンスのしやすさ

第19位. イギリス生まれのスタイリッシュなグラインダー「Niche Zero コーヒーグラインダー」

第19位. イギリス生まれのスタイリッシュなグラインダー「Niche Zero コーヒーグラインダー」
出典:http://nichecoffee.jp/

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第19位は「Niche Zero コーヒーグラインダー」。

何と言ってもおしゃれなビジュアルは、見た目重視の方にとってはとても魅力的でしょう。

浅煎り豆よりも深煎り豆のグラインドを得意とし、クラシカルな強いボディを持ったエスプレッソ向けのグラインダーです。

また、その名の通り、「ゼロ=グラインダー内に粉の残留が残らない、残りにくい」ことを特徴とし、挽き目のムラのなさも優秀。

人気商品のため入手困難なモデルと言われていますが、他にはないデザイン性に惹かれた方は、ぜひ公式ホームページもチェックしてみてください。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
50
400
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)12x21x31
重さ4.1㎏
刃の種類コニカル刃
極細挽き
ホッパー容量50g 
値段83,579円
メンテナンスのしやすさ

第20位. レトロなビジュアルが魅力「カリタ Electric Coffee Grinder NEXT G2 」

第20位. レトロなビジュアルが魅力「カリタ Electric Coffee Grinder NEXT G2 」
出典:https://www.amazon.co.jp/

続いて紹介する家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第20位は「カリタ Electric Coffee Grinder NEXT G2 」。

なかなか他には見ないくすみカラーは、インテリアにも合わせやすいのが魅力です。

粒度にややムラが出るものの、粉の飛散が少なく静電気除去装置も付いているため、粉の付着も少なくお手入れも簡単に済ますことができます。

また、動作時の音も比較的静かで、家庭でも安心して使用できるでしょう。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
60
400
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)27.5×20.5×42
重さ2.3㎏
刃の種類コニカル刃
極細挽き
ホッパー容量60g 
値段45,318円
メンテナンスのしやすさ

業務用エスプレッソグラインダーのおすすめ人気ランキング5選!

第1位. 業務用で本格的「ロケット エスプレッソ・NEW ロケット ファウスト グラインダー」

Breville BCG600SIL The Dose Control Pro

最初に紹介する業務用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第1位は「ロケット エスプレッソ・NEW ロケット ファウスト グラインダー」。

イタリア発祥のロケット社のエスプレッソグラインダーは、業務用でありながら家庭のコンセントでも使える使用です。

デジタルディスプレイ搭載で、一目で可動数と設定時間を確認でき、挽き目もノブを回すことで簡単に調節できます。

業務用というと扱いが難しいイメージがありましたが、これは使い勝手の良さもセールスポイントです。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)17.2×26.2×44.1
重さ10㎏
刃の種類フラット刃
極細挽き
ホッパー容量600g
値段194,800円
メンテナンスのしやすさ

第2位. 世界中のバリスタから注目される「マッツァー Mini Electronic Type A 」

マッツァー Mini Electronic Type A

次に紹介する業務用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第2位は「マッツァー Mini Electronic Type A 」。

イタリアのトップエスプレッソグラインダーブランドであるマッツァーから販売されているグラインダーです。 

大人気ブランドとなり、日本でもプロをはじめとして数多くの方が使用しています。 

スマートなサイズですが容量の大きさや精度の高さから、業務用としてもおすすめ。 

0.05秒単位でグラインドする時間を調整できるため、味の追求が深くできる点も魅力でしょう。 

おしゃれなデザインで業務用はもちろん、家庭用として愛用している方も多いエスプレッソグラインダーなのです。 

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
600
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)16.8x34x47 
重さ10.2kg 
刃の種類フラット刃
極細挽き
ホッパー容量600g
値段179,485 円
メンテナンスのしやすさ

第3位. プロに愛されるロングセラーの本格的グラインダー「フジローヤル コーヒーミルR440」

第3位. プロに愛されるロングセラーの本格的グラインダー「フジローヤル コーヒーミルR440」
出典:https://www.amazon.co.jp/

次に紹介する業務用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第3位は「フジローヤル コーヒーミルR440」。

フジローヤルのロングセラー、プロからも定評のあるこちらのモデルは、頑丈な作りと挽き目の均一性が特徴の優秀なグラインダーです。

家庭用で紹介した「R220 」と比較して、ホッパー容量も大きい上、倍ほどの粉砕力を備えているため、コーヒー豆の挽き売りサービスをしているお店などで活躍できるモデルでしょう。

レトロなデザインもキュートで、店頭のインテリアとしても一役買ってくれますよ。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
900
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)20.5x33x53.5
重さ15kg 
刃の種類フラット刃
極細挽き
ホッパー容量900g
値段52,000 円
メンテナンスのしやすさ
created by Rinker
フジローヤル
¥98,800 (2024/03/04 05:36:57時点 Amazon調べ-詳細)

第4位.  ムラなく挽ける高性能なグラインダー「MAHLKONIG マルケニッヒE65S」

第4位.  ムラなく挽ける高性能なグラインダー「MAHLKONIG マルケニッヒE65S」
出典:メリタ公式HP

次に紹介する業務用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第4位は「MAHLKONIG マルケニッヒE65S」。

コーヒー豆の焙煎度に左右されず、どんな豆でもムラのない粒の揃った挽き目に仕上がります。

重量検知システム搭載で、リアルタイムで重量を検知しグラインドをコントロールする優秀モデルです。

そのため粉量のブレが無く、エスプレッソの味わいを一定に保つことができるのが魅力。

操作性・機能性ともに優れた、高級仕様のグラインダーです。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
1200
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)19.5×28.3×58.3
重さ11.2kg 
刃の種類フラット刃
極細挽き
ホッパー容量1200g
値段523,256 円
メンテナンスのしやすさ

第5位. WBC公式グラインダー「Mahlkonig マルケニッヒ EK43」

第5位. WBC公式グラインダー「Mahlkonig マルケニッヒ EK43」
出典:https://item.rakuten.co.jp/

次に紹介する業務用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第5位は「マルケニッヒEK43」。

マルケニッヒを代表するモデルEK43は、ワールドバリスタチャンピオンシップの公式グラインダーとして世界的に認知されています。

エスプレッソ用の細挽きだけでなく中挽きや粗挽きにも対応しており、たくさんの種類のコーヒー豆を扱うスペシャルティコーヒー専門店などに最適です。

また、コーヒー豆と刃との接触回数を最低限に抑え、豆に出来るだけ熱を与えないよう工夫がされているため、本来の風味を生かしたグラインドが可能となっています。

エスプレッソグラインダーの詳細情報

容量
S
200
1500
L
機能性
充分でない
普通
優秀
利便性
充分でない
普通
優秀
お手入れの手軽さ
大変
普通
手軽
デザイン
充分でない
普通
優秀
コスパ
充分でない
普通
優秀
幅×奥行×高さ(㎝)22.6×41.1×58.3
重さ24kg 
刃の種類フラット刃
極細挽き
ホッパー容量1500g
値段598,703円
メンテナンスのしやすさ

エスプレッソグラインダーを使った美味しいコーヒーの淹れ方

エスプレッソグラインダーを使った美味しいコーヒーの淹れ方

せっかくエスプレッソグラインダーを使うのですから、より美味しいコーヒーが飲みたいですよね。

結論、コーヒー豆を挽く時は絶対に飲む直前に挽きましょう。

面倒だから一度にたくさん挽いておいて後から使おう、だと市販のコーヒー粉を買った時と同じになってしまいます。

柏倉元太

何度も言うけど、豆は挽きたてが味も香りも1番!グラインダーを有効活用しよう。

保存状態も重要

またコーヒー豆の保存状態も大事です。

開封して2週間程度なら常温、2週間~1ヶ月なら冷蔵しておくことをおすすめします。

この時、湿度が高いところには置かず密閉容器で遮光して保存しましょう。

匂いが強いものの近くに置くこともNGです。

詳しいコーヒー豆の保存方法については、以下の記事をチェック!

あわせて読みたい
【最新版】コーヒー豆の適切な保存方法とは?鮮度を保つための注意点4つ コーヒー豆の正しい保存方法が知りたい! 挽いた後のコーヒー豆ってどのように保存したら良いのかわからない…。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 美味しい...

使用後のお手入れも大切  

豆を挽いた後、前回挽いた豆の粉が残っていることもあるかと思います。 

前述しておりますが、一度挽いた豆は劣化がとても早いのです。 

この前回挽いた豆の粉が残ってしまっていると、空気に触れてしまった粉と、新鮮な粉が混ざってしまい、エスプレッソの味わいに少なからず影響してしまいます。 

自分で挽いて丁寧に淹れるエスプレッソの味が落ちてしまうのはとてももったいないもの。 

可能であれば使用後に必ず残った粉をブラシで払い落としておきましょう。 

こまめに掃除がポイント

すぐに粉の除去ができない場合でも、時間が経ちすぎない内に掃除することがポイントです。 

また一日の最後により丁寧なメンテナンスを行うとグラインダーも長持ちしますし、毎回美味しいエスプレッソを楽しめますよ。 

柏倉元太

忘れずに手入れしておこう! 

エスプレッソグラインダーに関するよくある質問

ここではエスプレッソグラインダーに関するよくある質問とその回答を紹介します。

ロールグラインダーとは何ですか?

ロールグラインダー(ローラーグラインダー)は、主に工業用途や大規模なコーヒー生産で使用されるタイプのコーヒーグラインダーです。

ロールグラインダーは、精密な粒度調整が可能で、コーヒー豆を均一に挽くことができます。

このため、一貫した品質のコーヒー粉を大量に生産するのに適しています。

ロールグラインダーの仕組みは、2つの円筒形のローラー(ロール)を使用してコーヒー豆を圧縮し、砕くことです。

ローラー間の距離は調整可能であり、粒度を正確に制御することができます。

また、ロールグラインダーは、豆を砕く際に発生する熱を最小限に抑えることができるため、コーヒーの風味が損なわれるリスクを減らします。

ただし、ロールグラインダーは一般的に大型で高価であり、家庭用や小規模なカフェではあまり使用されません。

家庭用や小規模なカフェでは、バリオグラインダー(コンカーグラインダー)やブレードグラインダーが一般的に使用されています。

バリオグラインダーは、粒度の調整が容易で豆を均一に挽くことができるため、コーヒー愛好家や専門家によく推奨されています。

ブレードグラインダーとは何ですか?

ブレードグラインダーは、コーヒー豆を挽くための一般的なタイプのコーヒーグラインダーの1つです。

ブレードグラインダーは、高速回転するブレードを使用してコーヒー豆を粉状に砕く仕組みです。

その機能は、キッチン用のスパイスグラインダーと非常に似ています。

ブレードグラインダーの主な利点は、手頃な価格であること、コンパクトで使いやすいこと、そして簡単に手入れができることです。

しかし、ブレードグラインダーにはいくつかの欠点もあります。

  • 粉の均一性: ブレードグラインダーでは、豆を均一な大きさに挽くのが難しいため、粉のサイズが不均一になることがあります。これは、コーヒーの抽出に影響を与え、味のバランスが悪くなることがあります。
  • 熱の発生: 高速で回転するブレードがコーヒー豆を砕く際に熱を発生させることがあります。この熱は、コーヒーの風味に悪影響を与えることがあります。
  • 粒度の調整: ブレードグラインダーでは、粒度を正確に調整するのが難しいです。粉の細かさは、グラインダーを動作させる時間によってのみ調整できますが、細かい粉と粗い粉の間で均一な挽き方を達成するのは困難です。

これらの理由から、コーヒー愛好家や専門家は、より正確な粒度調整が可能で、豆を均一に挽くことができるバリオグラインダー(コンカーグラインダー)を推奨することが多いです。

ただし、ブレードグラインダーは、予算やスペースが限られている場合には便利な選択肢となります。

エスプレッソ粉とコーヒー粉の違いは何ですか?

エスプレッソ粉とコーヒー粉の違いは、主に挽き方、抽出方法、および味の特徴にあります。

  • 挽き方: エスプレッソ粉は、通常のコーヒー粉よりも細かく挽かれます。細かい挽き方は、エスプレッソマシンで高圧で抽出するのに適しています。一方、通常のコーヒー粉は、ドリップコーヒーメーカーやフレンチプレスなどの低圧で抽出される方法に適した粗い挽き方が一般的です。
  • 抽出方法: エスプレッソは高圧抽出法で作られるため、味わいが濃厚でクリーミーな泡(クレマ)が特徴的です。通常のコーヒーは、ドリップ式、フレンチプレス、コーヒープレスなど、さまざまな抽出方法がありますが、エスプレッソほど圧力がかかりません。
  • 味の特徴: エスプレッソは濃厚で強烈な味わいが特徴で、コーヒーの風味が濃縮されています。一方、通常のコーヒーは、抽出方法や豆の種類によってさまざまな味わいが楽しめますが、エスプレッソほど濃厚ではありません。

注意すべきは、エスプレッソ粉とコーヒー粉は同じコーヒー豆から作られており、主な違いは挽き方と抽出方法です。

どちらの粉も、豆の種類や焙煎度によって味わいが変わります。

お気に入りのエスプレッソグラインダーを見つけよう!

お気に入りのエスプレッソグラインダーを見つけよう!

いかがでしたか?

おすすめのエスプレッソグラインダーを25選紹介しました!

本記事のポイントをまとめると次のとおりです。

この記事のまとめ
  • そもそもエスプレッソグラインダー(エスプレッソミル)とは、コーヒー豆を挽くための器具
  • 選び方は大きく4つ 
  • 家庭用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第1位は「デロンギ コーン式コーヒーグラインダー KG366J」
  • 業務用エスプレッソグラインダーのおすすめ・人気ランキング第1位は「「ロケット エスプレッソ・NEW ロケット ファウスト グラインダー」
  • コーヒーを挽くタイミングは淹れる直前
  • コーヒー豆は開封して2週間程度なら常温、2週間~1ヶ月なら冷蔵で保存する
  • エスプレッソグラインダーはこまめなお手入れで長く愛用でき、コーヒーも美味しく淹れられる

基本的に今回お伝えした商品は、家庭用のものが多いです。

「ボダム BISTRO 19093-01JP-3」や「デロンギ デディカ コーヒー式グラインダー KG521J-M」に関しては業務用としても人気なので、是非使ってみてください。

その本格的な動きに感動するはずです。

また今回紹介した商品の他にもたくさんの良いグラインダーがありますので、是非自分で試してみて、お気に入りのエスプレッソグラインダーを見つけてみてください。

エスプレッソグラインダーのおすすめ人気13選!家庭用から業務用まで紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

天野ねぎのアバター 天野ねぎ コーヒースペシャリスト

コーヒーは好きで種類問わず、ほぼ毎日飲んでいます。分かりやすく面白い文章を書くために尽力しますのでよろしくお願いします。コーヒースペシャリストをはじめ、コーヒーの資格を取得しており、自家焙煎やコーヒーノキ栽培まで行っております。

コメント

コメントする

タップできる目次