メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

コーヒー用水筒のおすすめ人気ランキング19選!コスパ抜群で機能的

コーヒーを水筒に入れて飲みたいんだけど、おすすめを知りたい!

コーヒーを水筒に入れておくと危険って聞いたけど実際どうなの?

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

コーヒー用水筒をランキング形式で19選紹介!

機能性やコスパがいいものはもちろん、おしゃれで持ち運ぶのが楽しくなりそうなデザインの水筒を厳選して紹介しています。

外出先でも美味しいコーヒーを楽しみたい方は必見です!

この記事の結論 
  • コーヒー用水筒の選び方は5つある
  • コーヒー用水筒の人気ランキング1位はカフアコーヒーボトル
  • コーヒー用水筒を持つことで得られるメリットがある
  • ケアをきちんと行えばコーヒーを水筒に入れても危険ではない
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
柏倉元太

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう。

タップできる目次

コーヒー用水筒を持つメリット

コーヒー用水筒を持つメリット

コーヒー用水筒を持つメリットは大きく分けて3つあります。

まとめると以下の通りです。

  1. 好きな時間に飲める
  2. コスト抜群でランニングコストが安い
  3. マイボトルはコンビニやコーヒーチェーンでお得になる

1つ1つ解説します。

好きな時間に飲める

水筒を持つことの一番のメリットは、やはり自分の好みのコーヒーを好きなタイミングで飲めることでしょう。

飲みたいと思った際に、好みのコーヒーを飲めるのは格別です。

登山シーンやアウトドアシーンにおいても同様に、目の前に広がる美しい景色を楽しみながら飲むコーヒーはまさに絶品…。

コスト抜群でランニングコストが安い

外出先で買うとなると缶コーヒーだけで、1本100円前後、カフェなどお店では一杯約400円かかってしまいます。

そのため何度もそのような購入をしていると、費用も大きなものになってしまいます。

ところが家でコーヒーを作る場合、一杯10円や20円ほどにまで抑えることが可能です。

マイボトルはコンビニやコーヒーチェーンでお得になる

事前確認は要必須ですが、スターバックスや一部コンビニでは、マイボトルを持参すると割引があるお店も多数存在します。

しかしながら店舗のサービスを利用する場合は、コーヒーマシン等で使える高さかどうかや、入れられるコーヒーの量が決まっているため注意が必要です。

コーヒー専門家

マイボトルはコンビニやコーヒーチェーンでお得になるのは嬉しいね!

コーヒー用水筒の選び方

コーヒー用水筒の選び方

ここではコーヒー用水筒の選び方を紹介していきます。まとめると以下の4つです。

  • 加工
  • 飲み口
  • 保温・保冷性
  • パッキンの有無

特に保温性能に関しては味に直結する部分でもあるので、しっかりと注意して見ていきたいところです。

それではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

加工

サーモス 水筒 350ml

まずは加工についてですが、匂い移りしづらい加工が施されているということが重要です。

匂いが移ってしまったり、汚れがついてしまったりすると、コーヒーの風味を損なってしまう可能性があります。

おすすめなのはテフロン加工もしくはセラミック加工のもの。

どちらも匂いや汚れが付きにくいので、長く使いやすいですしお手入れも楽に行えるでしょう。

飲み口

飲み口は大きめで直接飲めるものがおすすめ。

直接飲む方がコーヒーの香りを存分に楽しめるからです。

また蓋は出来れば取り外しできるものが良いでしょう。

使用後のお手入れがしやすいことも選び方の1つです。

保温・保冷性

コーヒーを美味しく飲むためには、保温・保冷性があるものを選ぶことも大切。

コーヒーの美味しさを保ったまま持ち運びするには、保温・保冷性の優れた魔法瓶タイプがおすすめです。

ホットコーヒーとアイスコーヒーの両方に使用できるため、オールシーズン重宝するでしょう。

容量

コーヒー用の水筒を探すのであれば大きすぎないサイズがおすすめ。

たくさん飲みたいという方も多いかもしれませんが、たくさん持ち運ぶとコーヒーの味が落ちてしまうことも。

保温・保冷はできてもどうしても酸化してしまいます。

美味しいコーヒーを美味しく味わうためには、一度に飲み切れる量を持ち運びましょう。

1人分のコーヒー容量であれば、大体200mlほどの小さめの水筒で十分です。

2人用なら約350ml~500ml、大容量なら1,000mlまであります。

外出先で数人と分け合って飲む場合は大きめの容量でも問題ないでしょう。

パッキンの有無

ゴムやシリコンのパッキンはなければない方がベターです。

パッキンは匂いや汚れがつきやすいですし、お手入れも大変。

パッキンが使われていないものや、取り外して使えるもの、買い替えできるものであることを確認しておくことで、水筒を常に清潔に使えるでしょう。

【徹底比較】コーヒー用水筒のおすすめ人気ランキング19選!

さきほど紹介した選び方をもとに、コーヒー用水筒のおすすめを一覧表にまとめると以下の通りです。

スクロールできます
順位商品名価格容量重量素材加工飲み口保温・保冷性パッキンの有無
1位カフア コーヒーボトル1,635円420ml230gステンレス鋼、ポリプロピレン、シリコンテフロン加工大きめ有り有り
2位サーモス 水筒 350ml1,860円350ml168 gステンレス鋼大きめ有り有り
3位タイガー魔法瓶 ステンレスミニボトル サハラマグ3,667円350ml168gステンレススーパークリーンプラス加工大きめ有り取り外し可能
4位カーヴドステンレスボトル4,350円355mlステンレス大きめやや有り
5位キントー トラベルタンブラー3,300円350ml245gステンレス鋼、ポリプロピレン、 シリコーン電解研磨大きめ有り取り外し可能
6位BRUNO セラミックコートボトル3,300円450ml280gステンレスセラミック大きめ有り取り外し可能
7位ドウシシャ モッシュ ステンレスボトル1,800円450ml200gステンレス小さめ有り取り外し可能
8位パール金属 マグボトル 水筒 500ml カフェマグ バリスタ1,414円500ml239gステンレス鋼大きめ有り有り
9位パール金属 プレミアムマイカフェスリム ダイレクトマグ1,570円200ml220gステンレス大きめ有り取り外し可能
10位東亜金属 ポケミニボトル1,100円140ml130gステンレスやや小さめやや有り有り
11位STANLEY ゴー真空スリムボトル5,170円370ml220gステンレス大きめやや有り有り
12位京セラ スクリュー栓水筒3,300円350ml228gステンレスセラミック大きめ有り有り
13位Klean Kanteen ワイドインスレート ボトル3,300円473ml248gステンレス電解研磨大きめ有り無し
14位タイガー マグボトル200ml3,900円200ml110gステンレス大きめ有り取り外し可能
15位サーモス 真空断熱ケータイタンブラー 360ml2,555円200ml220gステンレス大きめ有り取り外し可能
16位象印マホービン ステンレス マグ ボトル480ml3,058円480ml250gステンレスフッ素コート大きめ有り無し
17位HARIO マグボトル350ml2,503円350ml230gステンレス大きめ有り有り
18位無印良品 ステンレス保温保冷マグ 350ml2.298円350ml272gステンレス大きめ有り有り
19位ピーコック魔法瓶 マグボトル300ml1,960円300ml260gステンレスサビ防止大きめ有り取り外し可能
価格はAmazon、楽天市場を参考

※2024年6月時点

1つ1つ解説します。

第1位. おしゃれなのに機能的「カフア コーヒーボトル」

カフア コーヒーボトル

最初に紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「カフア コーヒーボトル」。

コーヒーを飲むのに特化したステンレス性の水筒になります。

また保温・保冷効果があるため季節を問わず、飲みたい時にいつでも美味しいコーヒーが楽しめます。

水筒の内部はテフロン加工によって、汚れや臭いが落としやすいのも特徴。

大口径(5.0cm)のボトルなので、氷も入れやすい形状となっています。

水筒の詳細

カフア コーヒーボトル
容量
80
機能性
90
お手入れのしやすさ
84
デザイン
90
コスパ
95
容量420ml
重量230g
素材ステンレス鋼、ポリプロピレン、シリコン
加工テフロン加工
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無有り

第2位. 高い保温・保冷力を誇る「サーモス 水筒 350ml」

サーモス 水筒 350ml

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「サーモス 水筒 350ml」。

魔法瓶構造で高い保温・保冷力を誇る水筒といえば、サーモスでしょう。

温かいコーヒーを飲みたい方にはおすすめです。

その上コップ付きのため、アツアツのコーヒーを飲む際に非常に重宝します。

広い口となっているため、氷も入れやすくコールドドリンクを入れて使用することもできます。

水筒の詳細

サーモス 水筒 350ml
容量
90
機能性
82
お手入れのしやすさ
76
デザイン
77
コスパ
73
容量350ml
重量168 g
素材ステンレス鋼
加工
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無有り

第3位. 軽量でお手入れ簡単「タイガー魔法瓶 ステンレスミニボトル サハラマグ」

タイガー魔法瓶 ステンレスミニボトル サハラマグ

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「タイガー魔法瓶 ステンレスミニボトル サハラマグ」。

落ち着いてコーヒーを愉しみたい大人のためのディープカラーが特徴のこちらの水筒は、氷が出てこないストレーナーつきの飲み口です。

コンパクト設計ですっきり収納可能。

通勤用バッグにもかさばらず、すっきり収納できるので持ち運びが多い方に特におすすめです。

底が樹脂になっており、本体をデスクに静かに置くこともできます。

軽量でスマートに持ち歩ける”夢重カポトル”を採用し、真空断熱でしっかり保温・保冷もしてくれます。

柏倉元太

オフィスに馴染む感じが好きだな…。

水筒の詳細

タイガー魔法瓶 ステンレスミニボトル サハラマグ
容量
90
機能性
95
お手入れのしやすさ
94
デザイン
84
コスパ
79
容量350ml
重量168g
素材ステンレス
加工スーパークリーンプラス加工
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無取り外し可能

第4位. マットな質感のスタバタンブラー「カーヴドステンレスボトル」

カーヴドステンレスボトル

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「カーヴドステンレスボトル」です。

あの人気有名カフェから販売されているマットな質感のスタバタンブラーといえばこちら。

真空二重構造のステンレス製のタンブラーとなっていて、コーヒーをいつでも美味しく堪能できます。

ころんとした丸いデザインが特徴的で、特に女性に人気なタンブラーです。

水筒の詳細

カーヴドステンレスボトル
容量
89
機能性
69
お手入れのしやすさ
87
デザイン
91
コスパ
67
容量355ml
重量
素材ステンレス
加工
飲み口大きめ
保温・保冷性やや有り
パッキンの有無

第5位. コーヒー本来の風味が楽しめるシンプルボトル「キントー トラベルタンブラー」

キントー トラベルタンブラー

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「キントー トラベルタンブラー」。

高品質なステンレス製の水筒です。

コーヒー本来の風味が楽しめるように、ボトルの内部には汚れや匂いを付きにくくするために電解研磨を施しているのが特徴。

口当たりにもこだわりがあり、ネジなどの突起がない形状となっています。

氷や熱い飲み物が勢いよく出ることを防ぐ構造です。

オフィスやアウトドアシーンでもしっくりくる、シンプルなデザインも魅力。

水筒の詳細

キントー トラベルタンブラー
容量
90
機能性
93
お手入れのしやすさ
90
デザイン
88
コスパ
75
容量350ml
重量245g
素材ステンレス鋼, ポリプロピレン, シリコーン
加工電解研磨
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無取り外し可能

第6位. スタイリッシュで男女兼用「BRUNO セラミックコートボトル」

BRUNO セラミックコートボトル

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「BRUNO セラミックコートボトル」。

スタイリッシュですっきりとした、ユニセックスタイプのコーヒー用水筒になります。

蓋は簡単に分解して丸洗いができるので、衛生面でも安心・安全。

内側はセラミック加工で汚れがつきにくいのも特徴です。

450mlというサイズでありながら、かばんなどにも入れやすいスリムボディな点も魅力的。

水筒の詳細

BRUNO セラミックコートボトル
容量
78
機能性
78
お手入れのしやすさ
86
デザイン
91
コスパ
82
容量450ml
重量280g
素材ステンレス
加工セラミック
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無取り外し可能

第7位. 種類豊富で安い「ドウシシャ モッシュ ステンレスボトル」

ドウシシャ モッシュ ステンレスボトル

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「ドウシシャ モッシュ ステンレスボトル」」。

保冷・保温効力は以下の通りです。

  • 保冷:11度以下(12時間)・9度以下(6時間)
  • 保温:60度以上(12時間)・73度以上(6時間)

飲み口は牛乳瓶をモデルにデザインされた、360度どこからでも飲みやすい水筒です。

口径はデザイン重視でも、家庭用の氷はしっかり入れることができます。

シリコンゴムがついているため、小さ目だから女性でも開けやすいでしょう。

牛乳瓶をモデルにしたmosh! (モッシュ! )は、一味違うシンプルなオンリーワンデザインなコーヒー用水筒です。

水筒の詳細

ドウシシャ モッシュ ステンレスボトル
容量
82
機能性
80
お手入れのしやすさ
71
デザイン
95
コスパ
87
容量450ml
重量200g
素材ステンレス
加工
飲み口小さめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無取り外し可能

第8位. 飲みやすい設計「パール金属 マグボトル 水筒 500ml カフェマグ バリスタ」

パール金属 マグボトル 水筒 500ml カフェマグ バリスタ

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「パール金属 マグボトル 水筒 500ml カフェマグ バリスタ」。

ポリプロピレン製の柔らかい素材が使われた飲み口によって、熱くならず飲みやすいのが特徴的な直飲みモデルとなっています。

ダブルステンレス真空断熱構造を採用しているため、保温・保冷ともに抜群の性能を発揮してくれます。

コーヒー専門家

外観もおしゃれだね!

水筒の詳細

パール金属 マグボトル 水筒 500ml カフェマグ バリスタ
容量
77
機能性
74
お手入れのしやすさ
71
デザイン
76
コスパ
87
容量500ml
重量239g
素材ステンレス鋼
加工
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無有り

第9位. 200mlで持ち運びしやすい「パール金属 プレミアムマイカフェスリム ダイレクトマグ」

パール金属 プレミアムマイカフェスリム ダイレクトマグ

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「パール金属 プレミアムマイカフェスリム ダイレクトマグ」。

お手入れしやすいダイレクトマグとなっていて、色も5種類から選ぶことができます。

会社のカフェタイム用にもおすすめ。コロンと小さめで見た目も可愛いです。

柏倉元太

おすすめはピュアホワイトかな!

200mlとコンパクトなサイズなので、持ち運びにも便利で飲み口が広く、氷なども入れやすいのが特徴。

水筒の詳細

パール金属 プレミアムマイカフェスリム ダイレクトマグ
容量
93
機能性
82
お手入れのしやすさ
85
デザイン
90
コスパ
76
容量200ml
重量220g
素材ステンレス
加工
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無取り外し可能

第10位. 女性に嬉しいデザインと世界最小サイズが魅力「東亜金属 ポケミニボトル」

東亜金属 ポケミニ

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「東亜金属 ポケミニボトル」。

小さなかばんやポケットにも入ってしまうサイズ感が特徴です。

コーヒー一杯分を楽しむのにおすすめ。

デザインも豊富なバリエーションがあるため、好みのものから選べます。

おしゃれな見た目はコーヒータイムの気分を上げるのにもぴったりでしょう。

東亜金属 ポケミニボトル
容量
89
機能性
70
お手入れのしやすさ
61
デザイン
94
コスパ
74
容量140ml
重量130g
素材ステンレス
加工
飲み口やや小さめ
保温・保冷性やや有り
パッキンの有無有り

第11位. アウトドア向きの特性が盛り込まれたスリムボトル「STANLEY ゴー真空スリムボトル」

STANLEY ゴー真空スリムボトル

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「STANLEY ゴー真空スリムボトル」。

アメリカのアウトドアブランドであるSTANLEYから、日本人でも持ちやすいスリムボトルが販売されています。

アウトドア用に作られていることから、密封度も高く、かばんの中でこぼれる心配もありません。

やや高価ですが、頑丈であるため長く使えることは魅力でしょう。

スタイリッシュなデザインも特徴的。

STANLEY ゴー真空スリムボトル
容量
84
機能性
83
お手入れのしやすさ
82
デザイン
93
コスパ
78
容量370ml
重量220g
素材ステンレス
加工
飲み口大きめ
保温・保冷性やや有り
パッキンの有無有り

第12位. 金属臭が気にならない「京セラ スクリュー栓水筒」

京セラ スクリュー栓水筒

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「京セラ スクリュー栓水筒」。

セラミック加工が施されているため、コーヒーはもちろん、スポーツ飲料やアルコールなどにも対応。

ただし乳製品やジュースなどの果汁は入れられないので、カフェオレや、ミルクを入れたコーヒーを入れるのは控えておきましょう。

また金属成分が溶け出しにくいことから、コーヒーから金属臭がしにくく、コーヒーそのものの香りを存分に楽しめます。

シンプルなデザインでありながら、持ちやすさも考えられたデザイン性も魅力でしょう。

京セラ スクリュー栓水筒
容量
90
機能性
91
お手入れのしやすさ
77
デザイン
90
コスパ
74
容量350ml
重量228g
素材ステンレス
加工セラミック
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無有り

第13位. 人と地球に優しいエコボトル「Klean Kanteen ワイドインスレート ボトル」

Klean Kanteen ワイドインスレート ボトル

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「Klean Kanteen ワイドインスレート ボトル」。

ステンレスの本体と、BPAフリーのポリプロピレンキャップで、環境面、健康面、衛生面にも配慮されています。

ややこぼれやすいため、キャップをきつく締めるか、衝撃の少ないシーンでの持ち運びに適しているでしょう。

カラーバリエーションが多く、自分にぴったりの色が見つけられることも魅力です。

Klean Kanteen ワイドインスレート ボトル
容量
82
機能性
95
お手入れのしやすさ
93
デザイン
79
コスパ
77
容量473ml
重量248g
素材ステンレス
加工電解研磨
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無無し

第14位. マグカップのような飲み口「タイガー マグボトル200ml」

タイガー マグボトル200ml

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「タイガー マグボトル200ml」。

飲み口部分がカーブしていることで、まるでマグカップのような飲み口が特徴。

なめらかで優しい口当たりは、リラックスタイムやリフレッシュタイムに飲むコーヒーの美味しさをさらにアップさせてくれます。

また特殊な加工により、軽量仕様であることも魅力。

外出先への持ち運びも便利でしょう。

タイガー マグボトル200ml
容量
91
機能性
84
お手入れのしやすさ
85
デザイン
74
コスパ
72
容量200ml
重量110g
素材ステンレス
加工
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無取り外し可能

第15位. 飲み口が広めで香りを満喫できる「サーモス 真空断熱ケータイタンブラー 360ml」

サーモス 真空断熱ケータイタンブラー 360ml

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「サーモス 真空断熱ケータイタンブラー 360ml」。

こちらは飲み口が広めなデザインが魅力です。

外出先でもコーヒーの香りを存分に楽しめるでしょう。

口が広めで下部分がやや細い形状のため、香りを楽しめるだけでなく持ちやすい点も特徴。

シンプルなデザインとシックなカラーは男女問わず持ちやすいでしょう。

サーモス 真空断熱ケータイタンブラー 360ml
容量
93
機能性
84
お手入れのしやすさ
97
デザイン
79
コスパ
78
容量200ml
重量220g
素材ステンレス
加工
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無取り外し可能

第16位. 分解型の栓でいつでも清潔「象印マホービン ステンレス マグ ボトル480ml」

象印マホービン ステンレス マグ ボトル480ml

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「象印マホービン ステンレス マグ ボトル480ml」。

こちらは栓のパーツが全て分解できるようになっており、やや洗うパーツが多くなってしまいますが、いつでも清潔に使用できます。

内面はフッ素コートになっており、匂いや色味が付きにくいことも魅力。

また飲み口には樹脂製のパーツが付いており、口当たりが優しいです。

もちろんこのパーツも取り外して洗えるため、衛生的。

象印マホービン ステンレス マグ ボトル480ml
容量
80
機能性
84
お手入れのしやすさ
65
デザイン
79
コスパ
76
容量480ml
重量250g
素材ステンレス
加工フッ素コート
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無無し

第17位. ドリッパーを直接セットして注げる「HARIO マグボトル350ml」

HARIO マグボトル350ml

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「HARIO マグボトル350ml」。

こちらは直接ドリッパーをセットしてフィットする口になっており、コーヒーを淹れる際の工程が楽になります。

シンプルなデザインと、モノトーンのカラー展開ですが、どれもロゴがポイントとなってとてもおしゃれ。

保温・保冷性にも優れているため、外出先でコーヒーを味わうのにもぴったりです。

HARIO マグボトル350ml
容量
82
機能性
84
お手入れのしやすさ
79
デザイン
93
コスパ
82
容量350ml
重量230g
素材ステンレス
加工
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無有り

第18位. デザインも機能もとにかくシンプル「無印良品 ステンレス保温保冷マグ 350ml」

無印良品 ステンレス保温保冷マグ 350ml

続いて紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「無印良品 ステンレス保温保冷マグ 350ml」。

なんといっても、このデザイン、機能性、共にシンプルである点が魅力です。

年齢、男女問わず、どんなシーンでも使いやすい水筒と言えます。

樹脂パーツが少なく洗いやすいため、衛生面でも安心。

無印良品 ステンレス保温保冷マグ 350ml
容量
82
機能性
77
お手入れのしやすさ
77
デザイン
77
コスパ
76
容量350ml
重量272g
素材ステンレス
加工
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無有り

第19位. ハンドル付きで手に持って運べる「ピーコック魔法瓶 マグボトル300ml」

ピーコック魔法瓶  マグボトル300ml

最後に紹介するおすすめのコーヒー用水筒は「ピーコック魔法瓶 マグボトル300ml」。

キャップにハンドルが付いており、持ち運びしやすいことが魅力です。

指に引っ掛けて持てるため、手がふさがりがちな場面にも活躍してくれるでしょう。

ステンレス真空二重構造により、保温・保冷効果が高いことも特徴。

外出先でのエコボトルとしても使いやすい商品です。

コーヒー専門家

フォルムやカラーもかわいいね!

ピーコック魔法瓶 マグボトル300ml
容量
84
機能性
94
お手入れのしやすさ
88
デザイン
95
コスパ
82
容量300ml
重量260g
素材ステンレス
加工サビ防止
飲み口大きめ
保温・保冷性有り
パッキンの有無取り外し可能
created by Rinker
ピーコック魔法瓶工業(The-peacock)
¥1,800 (2024/06/19 21:47:42時点 Amazon調べ-詳細)

コーヒー用水筒を使用する際の入れ方

コーヒー用水筒を使用する際の入れ方

ここではコーヒー用水筒を使用する際の入れ方を紹介していきます。

まとめると以下の通りです。

  • 持ち運びにはアイスコーヒーがおすすめ
  • 牛乳やフレッシュはなるべく少なくする
  • 飲む量にあった水筒を選ぶ

1つ1つ解説します。

持ち運びにはアイスコーヒーがおすすめ

コーヒーがゆっくりと冷えることで酸化が進み、味の劣化が始まります。

そのため、もともと冷めているアイスコーヒーであれば、時間が経っても美味しく飲むことができます。

また温かいコーヒーの場合でも、濃い目にコーヒー作って氷で急速に冷やすことによって、酸化を防いで味の劣化を避けることも可能。

牛乳やフレッシュはなるべく少なくする

ミルクのタンパク質が菌の温床になりやすいことが挙げられます。

また冷めることでフレッシュとコーヒーが分離し、美味しくなくなってしまうためです。

どうしてもミルクやフレッシュを入れたいという方は、カップ付きなどの水筒を使用し、飲む際にカップへ入れるのがおすすめ。

飲む量にあった水筒を選ぶ

飲む量にあった水筒を選んでしまうと、コーヒーを残す原因になります。

そうするとコーヒーがいつまでも残って酸化してしまいます。

また水筒の中で空気の隙間が多いと酸化しやすくなったりもします。

作ったコーヒーを水筒へ注ぐ際は、なるべく丁度の量になるようにするのがポイント。

コーヒー用水筒を持つデメリット

コーヒー用水筒を持つデメリット

一方のコーヒー用水筒を持つデメリットも見ていきましょう。

まとめると以下の通りです。

  1. 酸化でコーヒーの味が変わる
  2. コーヒーの匂いが水筒につく
  3. ボトル内の雑菌が増える

1つ1つ解説します。

酸化でコーヒーの味が変わる

コーヒーは、時間が経てば酸化して味が変わってしまいます。

熱いコーヒーを水筒に入れた場合、冷める時や水筒内の空気に長時間触れることによって酸化が進むことが原因です。

酸化を防ぐためには、やはり空気に触れないことが大切です。

つまり密閉性の高い水筒を見つけることが重要なのです。

コーヒーの匂いが水筒につく

水筒にコーヒーを入れると、シリコンやゴムの部分に匂いが吸着してしまうことが多々あります。

一度コーヒーを入れたら、ニオイがとれず他の飲み物を入れた際に、匂いが気になってしまうこともあるようです。

匂いが気になる方は注意したい項目です。

水筒内の雑菌が増える

水筒はどうしても直接口をつけることが多いため、水筒内に雑菌が繁殖しやすい環境にあります。

水や緑茶ではそれほど心配はありませんが、コーヒー飲料は甘さに比例して大きく菌が繁殖するとの実験結果もあるそうです。

柏倉元太

お手入れが簡単な水筒が良さそうだね…。

コーヒーを水筒に入れておくのは危険ではない

コーヒーを水筒に入れておくのは危険ではない

またコーヒーを水筒に入れておくのは危険ではないです。

金属が溶けてしまい、身体に害を及ぼすことはないと言われています。

「基本的には、金属製の水筒であっても内部にコーティングが施されている製品がほとんどですので、スポーツドリンクを入れたからといって、金属が溶け出すことはほぼないと考えています」

と説明。実際、類似の中毒事例の報告は「近年はほとんどありません。おそらく、08年の事例が最後だと思われます」という。

JCASTニュース

しかし、100%安全というわけではないことはわかります。

重要なのは水筒の衛生面をきちんとしておくことです。

水筒なんかはついつい洗い忘れてしまうことも多いため、お手入れが簡単な水筒を選びましょう。

使った後のケア方法

使用後はすぐに洗うことが大切。

ですが外出先ではすぐに洗えないことも多いので、自宅に帰ってからでもすぐに洗いましょう。

汚れや匂いが気になる場合のケアに使用するのは重曹がおすすめです。

水筒に重曹水を注いで置いておき、蓋をしたらよく振りましょう。

その後水洗いをすれば綺麗になります。

中栓がある場合や、パッキンを使用している場合は、別のたらいに重曹水と入れて30分ほど漬けておきましょう。

注意点として、重曹が使えない素材もあるので洗う前に確認しておくのがおすすめです。

お気に入りの水筒でより美味しいコーヒーを楽しもう!

お気に入りの水筒でより美味しいコーヒーを楽しもう!

いかがでしたでしょうか?

コーヒー用水筒のおすすめを人気ランキング形式で19選紹介しました。

この記事のまとめ
  • コーヒー用水筒の選び方は加工、飲み口、保温性、容量、パッキンの有無を見て選ぶと良い 
  • コーヒー用水筒の人気ランキング1位はカフアコーヒーボトル 
  • コーヒー用水筒のメリットは好きな時間に飲めること、ランニングコストが安いこと、チェーン店などでお得になることである 
  • ケアをきちんと行えばコーヒーを水筒に入れても危険ではない

もう一度まとめると以下の通りです。

  1. カフア コーヒーボトル
  2. サーモス 水筒 350ml
  3. タイガー魔法瓶 ステンレスミニボトル サハラマグ
  4. カーヴドステンレスボトル
  5. キントー トラベルタンブラー
  6. LOCK&LOCK BRUNO スケープボトル
  7. ドウシシャ モッシュ ステンレスボトル
  8. パール金属 マグボトル 水筒 500ml カフェマグ バリスタ
  9. パール金属 プレミアムマイカフェスリム ダイレクトマグ
  10. 東亜金属 ポケミニボトル
  11. STANLEY ゴー真空スリムボトル
  12. 京セラ スクリュー栓水筒
  13. Klean Kanteen ワイドインスレート ボトル
  14. タイガー マグボトル200ml
  15. サーモス 真空断熱ケータイタンブラー 360ml
  16. 象印マホービン ステンレス マグ ボトル480ml
  17. HARIO マグボトル350ml
  18. 無印良品 ステンレス保温保冷マグ 350ml
  19. ピーコック魔法瓶 マグボトル300ml

是非今回紹介した水筒を参考にしてお気に入りの水筒を購入し、より美味しいコーヒーを楽しみましょう!

外でも使用できるコーヒー器具を知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

コーヒー用水筒のおすすめ人気ランキング19選!コスパ抜群で機能的

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

柏倉 元太のアバター 柏倉 元太 日本安全食料料理協会(JSFCA)認定コーヒーソムリエ/コーヒー専門家

コーヒーをこよなく愛し続けて約10年。日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ資格を取得し、現在はコーヒー専門家として活動しています。また独自のコーヒーブランド「ラボカフェ」も運営しています。

このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をメディアを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

タップできる目次