メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

【決定版】コーヒーわらび餅をデザートに!レシピやおすすめの商品を紹介

コーヒーわらび餅ってどんなデザート?

おすすめのコーヒーわらび餅が知りたい

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

コーヒーわらび餅は、コーヒーゼリーほど馴染みはないかもしれませんが、夏にぴったりのデザートです。

本記事では、コーヒーわらび餅の魅力や作り方、おすすめ商品を紹介。

コーヒー好きの方も、わらび餅好きの方も、ぜひ一度食べてみてください。

この記事の結論
  • コーヒーわらび餅は、ほろ苦いコーヒーの風味が特徴の大人のデザート
  • コーヒーわらび餅の魅力は、コーヒーの風味とほのかな甘み、もちもちの食感とトッピングの多様さ
  • コーヒーわらび餅は自宅で簡単に作ることができ、アレンジレシピも楽しめる
  • 夏限定でコーヒーわらび餅を販売しているお店もある
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
柏倉元太

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう!

タップできる目次

大人な味のコーヒーわらび餅とは?

大人な味のコーヒーわらび餅とは?
出典:https://start.jword.jp/magazine/detail/16847?g=michill

コーヒーわらび餅とは、ほろ苦いコーヒー味のわらび餅です。

見た目はコーヒーゼリーのようですが、わらび餅のもちもちとした独特な食感が特徴的。

コーヒーとわらび餅がお互いの味を引き立てており、新しい美味しさを楽しむことができます。

甘いものが苦手な方にもおすすめな、大人のデザートです。

コーヒーわらび餅の魅力

コーヒーわらび餅の魅力

コーヒーわらび餅は、売っているお店が多くないこともあり、あまり知られていないかもしれません。

しかし、一度食べたらクセになり、リピートして買ってしまうという声も。

今回は、そんなコーヒーわらび餅の魅力を3つ紹介します。

どんなデザートなのか気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーわらび餅の魅力
  • コーヒーの風味とほのかな甘み
  • もちもちの食感
  • 和洋どちらのトッピングも合う

コーヒーの風味とほのかな甘み

コーヒーの風味とほのかな甘み

コーヒーわらび餅は、コーヒーとわらび餅の一見変わった組み合わせが魅力です。

コーヒーの芳醇な香りや風味とわらび餅の上品な甘みが、驚くほどマッチします。

甘さ控えめなプレーンのわらび餅と比べても、コーヒーわらび餅は大人の味わい。

甘いデザートが苦手な方も、美味しく食べられるかもしれません。

もちもちの食感

もちもちの食感

コーヒーわらび餅は、もちもちとした食感が特徴的です。

わらび粉を使っているので、寒天やゼラチンなどとは異なる独特の食感を楽しめます。

コシがありながら口あたりは滑らか、そしてのど越しがよく、つるんと食べられます。

この食感とコーヒーの風味が合わさり、クセになる味わいを生み出しています。

和洋どちらのトッピングも合う

和洋どちらのトッピングも合う

コーヒーわらび餅は、様々なトッピングも楽しめます。

「和」のわらび餅と「洋」のコーヒーが合わさることにより、トッピングの幅が広がるのです。

プレーンのわらび餅のようにきな粉をかけても美味しいですし、生クリームや練乳なども合わせられます。

わらび餅に合いそうなもの、コーヒーに合いそうなもの、それぞれを試してみるのがおすすめです。

コーヒーわらび餅の作り方

コーヒーわらび餅の作り方
出典:https://nestle.jp/recipe/recipe/500_599/00578.php

コーヒーわらび餅は、自宅でも作ることができます。

今回は、材料が少ない簡単なレシピを、実際にコーヒーわらび餅を作った過程を踏まえつつ紹介します。

お店で買うほどではないけれど、コーヒーわらび餅を試してみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

材料(3~4人分)

  • わらび粉:80g
  • コーヒー:300㏄
  • 砂糖:大さじ2杯
具体的なステップ
  1. コーヒーを淹れる
  2. 鍋にわらび粉と砂糖を入れ、コーヒーを加えながら溶かす
  3. 火にかけて透明になるまで混ぜ合わせる
  4. 火を止め、ひと口で食べやすい量をスプーンですくって氷水に落とす
  5. 水気を切り、器に盛る

アレンジレシピ

コーヒーわらび餅は、様々なアレンジが可能です。

より手軽に、より美味しく、コーヒーわらび餅を食べられるレシピを3つ紹介します。

様々なバリエーションのコーヒーわらび餅を楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

片栗粉を使う

片栗粉を使う

まずは、わらび粉の代わりに片栗粉を使うレシピです。

通常のレシピと食感は多少異なりますが、わざわざわらび粉を購入せずとも、家に常備している片栗粉で手軽に作ることができます。

片栗粉がダマにならないように、火にかける前によく混ぜておくのがポイントです。

黒糖を使う

黒糖を使う

2つ目のアレンジレシピは、砂糖の代わりに黒糖を使用します。

黒糖のまろやかでコクのある甘さは、コーヒーとの相性も抜群。

通常の砂糖とは違った、濃厚で奥深い味わいが感じられるアレンジレシピです。

トッピングを付ける

トッピングを付ける

最後に、コーヒーわらび餅を作ったら、様々なトッピングを楽しみましょう。

おすすめのトッピングをいくつか紹介します。

  • 生クリーム
  • コーヒーフレッシュ
  • きな粉
  • 黒蜜
  • ローストくるみ
  • つぶあん
  • 練乳
  • バニラアイス

個人的におすすめなのは、つぶあん。

あんこのコクのある甘さがコーヒーの風味を引き立ててくれます。

皆さんも、自分の好みのトッピングをぜひ見つけてみてください。

おすすめの人気コーヒーわらび餅5選!

【決定版】コーヒーわらび餅をデザートに!レシピやおすすめの商品を紹介

近くの和菓子屋さんでは、コーヒーわらび餅が売っていない…。

そんな方のために、通販で購入できるコーヒーわらび餅を5つ紹介します。

店舗の本格わらび餅を自宅でお楽しみください。

おすすめの人気コーヒーわらび餅5選!
  1. ヒロコーヒー 珈琲わらび餅
  2. 近江屋本舗 珈琲わらび餅
  3. 大和屋珈琲 コーヒーわらびもち
  4. 御菓子処 新橋 珈琲わらび餅
  5. のらや コーヒーわらび餅2種

1. スペシャルティコーヒー豆専門店のスイーツ「ヒロコーヒー 珈琲わらび餅」

1. スペシャルティコーヒー豆専門店のスイーツ「ヒロコーヒー 珈琲わらび餅」
出典:https://www.hirocoffee.jp/?pid=142176803

スペシャルティコーヒー豆専門店が手がけるコーヒーわらび餅。

エチオピア産モカとインドネシア産マンデリンの2種類が販売されています。

軽やかな香りのモカと、力強い香味を持つマンデリン、お好みの味わいを選んでみてください。

夏限定の販売なので、試したい方はお見逃しなく!

2. 人気で年中定番商品に!「近江屋本舗 珈琲わらび餅」

2. 人気で年中定番商品に!「近江屋本舗 珈琲わらび餅」

愛知県岡崎市の老舗和菓子店のコーヒーわらび餅。

元々は夏の定番商品だったそうですが、問い合わせが多かったため年中販売するようになったとのこと。

上品な味わいで弾力があり、つるっと食べられる人気商品です。

店舗でも多様なわらび餅を販売しているので、近くに立ち寄った際はぜひ足を運んでみてください。

3. 特製黒きな粉とコーヒーのコラボ「大和屋珈琲 コーヒーわらびもち」

3. 特製黒きな粉とコーヒーのコラボ「大和屋珈琲 コーヒーわらびもち」
出典:https://www.yamato-ya.jp/yamatoya_news/3165/

特製黒きな粉がトッピングに添えられたコーヒーわらび餅。

特製黒きな粉には、黒米・黒豆・黒ゴマ・黒松の実・黒かりんがブレンドされています。

自家焙煎の香り豊かなコーヒーと、厳選された本わらび粉も使用したこだわりの味わい。

特製黒きな粉とコーヒーの香ばしさがマッチします。

4. もちもち感がたまらない絶品「御菓子処 新橋 珈琲わらび餅」

4. もちもち感がたまらない絶品「御菓子処 新橋 珈琲わらび餅」
出典:https://www.shinbashi-mie.com/?pid=84781463

和菓子一級技能士の二代目が生み出したコーヒーわらび餅。

コーヒーの風味と上品な甘さが味わえる絶品です。

ひんやり、もちもちの食感がやみつきになり、リピーターも多いのだとか。

夏を感じる期間限定の創作和菓子です。

5. 炭火焼コーヒーを使用した本格わらび餅「のらや コーヒーわらび餅2種」

5. 炭火焼コーヒーを使用した本格わらび餅「のらや コーヒーわらび餅2種」
出典:https://www.norachan.net/SHOP/nrs32080011.html

炭火焼コーヒーを使用したコーヒーわらび餅と、プレーンのわらび餅の食べ比べセット。

炭火焼コーヒーの深いコクが、ホイップやクリームとも相性抜群です。

わらび餅も、厳選された素材を使って職人が手作りする本格的な味わいです。

2種類のわらび餅を楽しめる贅沢なセットを楽しめます。

コーヒーわらび餅に関するよくある質問

ここではコーヒーわらび餅に関するよくある質問とその回答を紹介します。

わらび餅は何で出来ていますか?

わらび餅は伝統的な日本のデザートで、主に以下の成分で作られています。

  • わらび粉:わらび餅の主成分で、わらび(フェルンの一種)の根から抽出されたデンプンです。天然のわらび粉は珍しいため、多くのわらび餅はコーンスターチや他のデンプンを含む「わらびもどき」の粉で作られています。
    • 本物のわらび粉を使用したわらび餅は、特有のもちもちとした食感と優れた透明感が特徴です。
  • 砂糖:わらび餅自体に味を付けるために使用されます。製品によっては、白砂糖、きび砂糖、蔗糖など異なる種類の砂糖が使用されます。
  • 水:わらび粉と砂糖を混ぜ合わせ、ゼリー状にするために必要です。
  • 黒蜜:さらに甘さと風味を加えるため、多くのわらび餅は黒蜜をトッピングとして使用します。
  • きな粉:わらび餅にきな粉(黄粉)をまぶすことも一般的です。
わらび餅とくず餅の違いは何ですか?

わらび餅とくず餅は、どちらも日本の伝統的な和菓子で外見や食感が似ていますが、材料とその作り方、また出身地によって違いがあります。

  • わらび餅:わらび餅は主に「わらび粉(わらびの根から作られたデンプン)」から作られています。しかし、現代ではわらび粉の代わりにデンプンがよく用いられます。それを砂糖と水で煮溶かし、液体状にしたものを冷やし固めて作ります。食感はもちもちとしており、口溶けが良く、特有な喉越しの良さが特徴です。表面にきな粉(黄粉)をまぶし、黒蜜をかけて食べます。
  • くず餅:くず餅の主成分は「くず粉」で、これはクズ(葛)の根から作られたデンプンです。くず粉を水と砂糖とともに煮溶かし、冷やして固めます。くず餅は透明感があり、わらび餅よりも弾力のある食感が特徴です。また、くず餅は自然のクズから作られるため、ヒトの消化吸収を助ける働きがあり、健康に良いとされています。同じくきな粉や黒蜜をつけて食べることが一般的です。

以上のように、わらび餅とくず餅の違いは主に原料にあり、その結果として食感や見た目、風味にも違いが生じます。

甘いのが苦手な方でも食べやすいコーヒーわらび餅を試してみよう!

甘いのが苦手な方でも食べやすいコーヒーわらび餅を試してみよう!
出典:https://kobitoya.theshop.jp/items/33013247

今回は、コーヒーわらび餅の魅力やレシピ、おすすめのコーヒーわらび餅を紹介しました。

本記事のポイントは、以下の通りです。

  • コーヒーわらび餅は、ほろ苦いコーヒーの風味が特徴の大人のデザート
  • コーヒーわらび餅の魅力は、コーヒーの風味とほのかな甘み、もちもちの食感とトッピングの多様さ
  • コーヒーわらび餅は自宅で簡単に作ることができ、アレンジレシピも楽しめる
  • 夏限定でコーヒーわらび餅を販売しているお店もある

コーヒーわらび餅は、これからの夏の季節にぴったりなデザートです。

甘いものが苦手な方も、ぜひ一度味わってみてくださいね。

あわせて読みたい
コーヒーに合うおすすめ和菓子13選!ギフト向けのお菓子も紹介 コーヒーに合うおすすめの和菓子が知りたい! ギフトにも向いているお菓子を教えて! こういった疑問や要望にお答えします。 この記事の結論 コーヒー本来の味を楽しむ...
【決定版】コーヒーわらび餅をデザートに!レシピやおすすめの商品を紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

安東まつのアバター 安東まつ コーヒー豆研究所 公式ライター

ニュージーランドのカフェで勤務中のバリスタ。旅先では必ず焙煎店を訪れ、お土産にコーヒー豆を買って帰ります。お家でも近所でも海外でも、様々な場所でコーヒーを楽しむための情報をお届けします!

コメント

コメントする

タップできる目次