メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

【厳選】KINTO製コーヒードリッパーのおすすめ人気ランキング11選

kintoのコ-ヒードリッパーの口コミを知りたい

KINTO製コーヒードリッパーのおすすめが知りたい

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

コーヒーは味や香りを楽しむだけではなくて、自分のお気に入りのコーヒードリッパーを使って、淹れるまでのプロセスも楽しみたいですよね。

KINTO製コーヒードリッパーは、陶器製、プラスチック製、ステンレス製など材質のバリエーションが豊富で、色や柄もおしゃれなものが多く、選ぶのも苦労するほどです。

そこで本記事では、KINTO製コーヒードリッパーの選び方を解説し、おすすめの商品をランキング形式で紹介します。

この記事の結論
  • KINTO製コーヒードリッパーはおしゃれで機能的
  • KINTO(キントー)は滋賀県彦根市にある日本の企業
  • おすすめは「KINTO ドリッパー OCT ブリューワー」「KINTO ドリッパー SCS-S04 ブリューワー」など
  • KINTO製コーヒードリッパーのステンレスフィルターでコーヒーのオイルを抽出可能
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう!

当サイトのおすすめコーヒー
  1. :味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせた旬のコーヒー!初回数量限定30%OFF!
  2. :世界で1台の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら返金保証付きで初回数量限定53%OFF!
  3. 会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。

より詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング55選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

KINTO(キントー)とは?

KINTO(キントー)とは?

KINTO(キントー)は、1972年、滋賀県彦根市にて食器の卸売業を創業。

顧客のライフスタイルに合ったオリジナル商品の企画と開発をスタートさせ、2010年から国内だけではなく、欧米やアジア、中東などへも商品展開を始めました。

その後、ヨーロッパやアメリカに子会社を設立し、グローバルな会社運営を目指す。

KINTO(キントー)は、「使い心地と佇まいが調和するものづくり」をコンセプトにテーブルウェアやドリンクウェアなどの企画・開発を手がけています。

コーヒードリッパーとは?

コーヒードリッパーとは?

コーヒードリッパーとは、コーヒーを粉から抽出する際に、コップの上に置き、ペーパーフィルターをセットできる器のことです。

形状や、底の穴の数や大きさにより、微妙にコーヒーの風味が変わるので、コーヒードリッパーを気分によって変えてみたり、自分の好みのデザインや質感、色合いのものを長く使ってみたりするのもよいでしょう。

あわせて読みたい
コーヒードリッパーのおすすめ人気ランキング31選!おしゃれで機能的 おすすめのコーヒードリッパーを教えてほしい! おしゃれで機能性の高いコーヒードリッパーを買いたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 ハリオやカリタな...

KINTO製のコーヒードリッパーの選び方

KINTO製のコーヒードリッパーの選び方

KINTO製のコーヒードリッパーの選び方を「形」「サイズ」「材質」に分けて説明します。

形で選ぶ

コーヒードリッパーは、その形状によって抽出方法や味わいが大きく変わります。

  • V字型ドリッパー
    • V字型ドリッパーは、細かい粉砕度で挽いたコーヒー豆と最適なコーヒーの流れを作り出すことができます。この形状によって、ゆっくりと抽出でき、酸味や苦味がバランス良く引き出されるのが特徴です。また、抽出速度や味わいをコントロールしやすく、個人の好みに合わせた味わいを楽しむことができます。代表的なV字型ドリッパーとして、日本製の「カリタウェーブ」や、海外製の「ハリオV60」が挙げられます。
  • 円錐型ドリッパー
    • 円錐型ドリッパーは、抽出速度が速く、コーヒーの香りを最大限に引き出します。また、紙フィルターによって脂分が除去され、クリアな口当たりのコーヒーが楽しめます。短時間で抽出できるため、忙しい朝やオフィスでの休憩時間に最適です。代表的な円錐型ドリッパーとして、「メリタ」や、エコフレンドリーな「ドリップペーパーレス」といった製品があります。
  • 蓋付きドリッパー
    • 抽出の途中で蓋をすることで、コーヒーの香りや熱を逃さず、味わいを引き出すことができるのが、蓋付きドリッパーの特徴です。これにより、コクのある、リッチな味わいが楽しめます。また、湯量や抽出時間を気にせず、簡単に美味しいコーヒーが淹れられるため、初心者にもおすすめです。代表的な蓋付きドリッパーとして、「ハリオ リフレッシャー」があります。

基本的に、形は円錐形の物が多く、プラスチック製のコーヒードリッパーは取っ手が付いているので便利に使えます。

サイズで選ぶ

コーヒードリッパーのサイズ選びも重要なポイントであり、コーヒーを淹れる量や使用する人数に合わせて適切なサイズを選ぶことが必要です。

コーヒードリッパーのサイズは、1~2杯用、2~4杯用、4~6杯用のようなバリエーションがあります。

以下に、サイズ別の特徴と選び方について説明します。

  • シングル用ドリッパー
    • シングルサーブ用ドリッパーは、1杯分のコーヒーを淹れる際に適しています。コンパクトなサイズで、個人での使用や持ち運びに便利です。1~2人でコーヒーを楽しむ場合や、1杯ずつ新鮮なコーヒーを淹れたい場合に最適です。例えば、ハリオV60の01サイズがこのカテゴリに該当します。
  • マルチ用ドリッパー
    • マルチサーブ用ドリッパーは、複数のカップを一度に淹れることができるサイズです。家族や友人とコーヒーを楽しむ際や、イベントやパーティーなどで使用されることが多いです。2~4杯程度のコーヒーを一度に淹れることができ、効率的にコーヒーを提供できます。ハリオV60の02サイズやカリタウェーブの185サイズなどがこれに該当します。
  • 大量抽出用ドリッパー
    • 大量抽出用ドリッパーは、オフィス環境やイベントなど、大人数でコーヒーを提供したい場合に適しています。大容量のドリッパーで、一度に多くのカップを抽出でき、スピーディーに対応できます。ただし、大量抽出用ドリッパーは、通常シングルサーブ用やマルチサーブ用よりも大型であり、スペースや保管場所を考慮する必要があります。

ご自身の使用量に合わせた適切なサイズを選ぶことがポイントです。

材質で選ぶ

温かみの感じられる陶器製から、無機質なステンレス製、使い勝手のよいプラスチック製があります。

陶器製を使用するときは、抽出直前に、コーヒードリッパーに湯を通し、温めておくとよいでしょう。

ステンレス製はメタリックで、清潔感があり、スタイリッシュな外観のものが多いです。

プラスチック製は、加工性が良いためか、取っ手が付いており、熱伝導率が低いのでお湯が冷めにくく、使い勝手がGood。

しかし、長年使用すると劣化し、透明感がなくなり、コーヒーの色素などが沈着して見た目が悪くなるので、定期的に買替える必要があります。

【徹底比較】KINTO製コーヒードリッパーのおすすめ人気ランキング13選

先ほど紹介した選び方をもとに、KINTO製のおしゃれなコーヒードリッパーのおすすめ11選を紹介します。

スクロールできます
順位商品名商品画像特徴材質重量・用量サイズ形状
第1位KINTO ドリッパー SCS-S04 ブリューワー磁器製の渋い外観磁器約150g2杯用、4杯用円錐形
第2位KINTO ドリッパー OCT ブリューワーオシャレなフォルム磁器約230g2杯用、4杯用円錐形
第3位KINTO ドリッパー ALFRESCO ブリューワー気軽に使えるポリプロピレン約90g4杯用円錐形
第4位KINTO ドリッパー SCS ブリューワー 磁器丸くてかわいい磁器約250g2杯用、4杯用円錐形
第5位KINTO CARAT ドリッパー洗練されたデザイン[ドリッパー]耐熱ガラス製器具
[フィルター、ホルダー] 18-8 ステンレス鋼
約250g4杯用円錐形
第6位KINTO ドリッパー SCS ブリューワー プラスチックコスパが良いAS樹脂約65g2杯用、4杯用円錐形・取っ手付き
第7位KINTO SCS コーヒーカラフェセット ステンレスコーヒーの抽出が楽しくなる[カラフェ] 耐熱ガラス製器具
[フィルター] 18-8ステンレス鋼、PCT樹脂
約290g2杯用、4杯用円錐形
第8位KINTO SCS-S02 ブリューワースタンドセットインテリアとしてもGood[サーバー、ホルダー] 耐熱ガラス製器具
 [フィルター] 18-8 ステンレス鋼 (窒化チタンコーティング) 
約900g4杯用円錐形
第9位KINTO FARO コーヒードリッパー&ポット 430mlスタイリッシュな磁器製[サーバー、ホルダー] 磁器、
[フィルター] 18-8 ステンレス鋼
430 ml3杯用円筒形
第10位KINTO COLUMN ドリッパーコンパクトに収納ホルダー・受け皿:ABS樹脂、スプーン・フィルター:PP、ステンレス121g1杯用円筒形
第11位KINTO ドリッパー SCS-S01 ブリューワー光沢が美しい磁器230g2杯用、4杯用円錐形

順番に解説します。

第1位. 磁器製の渋い外観「KINTO ドリッパー SCS-S04 ブリューワー」

KINTO ドリッパー SCS-S04 ブリューワー
KINTO ドリッパー SCS-S04 ブリューワー
耐久性
78
使いやすさ
72
デザイン
84
容量
52
機能性
65
お手入れの手軽さ
75
コスパ
72

磁器製で表面には釉薬が塗られ、味わい深く渋い質感に仕上がっています。

専用のスタンドも一緒に購入すると、統一感が楽しめます。

2杯用と4杯用があるので、必要に応じたサイズをお選びください。

材質磁器
重量約150g
サイズ2杯用、4杯用
円錐形

第2位. オシャレなフォルム「KINTO ドリッパー OCT ブリューワー」

KINTO ドリッパー OCT ブリューワー
KINTO ドリッパー OCT ブリューワー
耐久性
75
使いやすさ
78
デザイン
86
容量
55
機能性
66
お手入れの手軽さ
72
コスパ
68

ゆっくりとカーブを描くような縁のラインが特徴的なブリューワーは、ペーパーフィルターの取り外しが簡単。

スリムでスタイリッシュな外観から、使わない時でも飾っておきたい佇まいです。

清潔感のある白色と重厚感のある黒色の2色が選べます。

材質磁器
重量約230g
サイズ2杯用、4杯用
円錐形

第3位. 気軽に使える「KINTO ドリッパー ALFRESCO ブリューワー」

KINTO ドリッパー ALFRESCO ブリューワー
KINTO ドリッパー ALFRESCO ブリューワー
耐久性
71
使いやすさ
80
デザイン
72
容量
55
機能性
68
お手入れの手軽さ
78
コスパ
82

ポリプロピレン製なので若干チープな質感が否めませんが、軽くて使いやすいです。

熱により変形しやすいので、食洗機での使用には気をつける必要があります。

色はベージュとブラックの2種類。

材質ポリプロピレン
重量約90g
サイズ4杯用
円錐形

第4位. 丸くてかわいい「KINTO ドリッパー SCS ブリューワー 磁器」

KINTO ドリッパー SCS ブリューワー 磁器
KINTO ドリッパー SCS ブリューワー 磁器
耐久性
81
使いやすさ
78
デザイン
86
容量
56
機能性
70
お手入れの手軽さ
78
コスパ
76

丸みを帯びた、かわいらしいデザインが人気。

磁器製ならではの温かみのある質感に癒やされます。

比較的早く抽出が完了して、あっさり目のコーヒーが楽しめます。

材質磁器
重量約250g
サイズ2杯用、4杯用
円錐形

第5位. 洗練されたデザイン「KINTO CARAT ドリッパー」

KINTO CARAT ドリッパー
KINTO CARAT ドリッパー
耐久性
72
使いやすさ
73
デザイン
83
容量
62
機能性
67
お手入れの手軽さ
68
コスパ
65

耐熱ガラス製のドリッパーにステンレス製のフィルターをセットして使用します。

ステンレス製フィルターは、ペーパーフィルターとは異なり、繰り返し使え、コーヒー豆の油分も抽出できるので、こってりとした風味が楽しめます。

クリアな耐熱ガラスとメタリックなステンレスの質感がマッチしてとてもオシャレ。

材質[ドリッパー]耐熱ガラス製器具、[フィルター、ホルダー] 18-8 ステンレス鋼
重量約250g
サイズ4杯用
円錐形
created by Rinker
KINTO(キントー)
¥3,850 (2024/03/04 21:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

第6位. コスパが良い「KINTO ドリッパー SCS ブリューワー プラスチック」

KINTO ドリッパー SCS ブリューワー プラスチック
KINTO ドリッパー SCS ブリューワー プラスチック
耐久性
68
使いやすさ
88
デザイン
61
容量
62
機能性
68
お手入れの手軽さ
84
コスパ
88

チープな感じですが、取っ手が付いており使い勝手が良く、注いだ湯も冷めにくいので、機能に優れています。

プラスチックなのでキズが付きやすく、劣化して見た目も悪くなるので消耗品と割り切って使いましょう。

手頃な値段でコスパに優れているので、コーヒー初心者におすすめです。

材質AS樹脂
重量約65g
サイズ2杯用、4杯用
円錐形

第7位. コーヒーの抽出が楽しくなる「KINTO SCS コーヒーカラフェセット ステンレス」

KINTO SCS コーヒーカラフェセット ステンレス
KINTO SCS コーヒーカラフェセット ステンレス
耐久性
72
使いやすさ
71
デザイン
78
容量
59
機能性
71
お手入れの手軽さ
68
コスパ
64

なめらかな曲線を描く愛嬌のあるフォルムが印象的なポットに、ステンレス製のフィルターが映えているのが特徴的。

焙煎の際にコーヒー豆の表面に現れる油分もいっしょに抽出できるので、心地よいアロマの香りが楽しめます。

ステンレスフィルターはペーパーフィルターほど、目が細かくないので、飲んだ後に、底に少しコーヒーの粉が残ります。

材質[カラフェ] 耐熱ガラス製器具、[フィルター] 18-8ステンレス鋼、PCT樹脂
重量約290g
サイズ2杯用、4杯用
円錐形

第8位. インテリアとしてもGood「KINTO SCS-S02 ブリューワースタンドセット」

KINTO SCS-S02 ブリューワースタンドセット
KINTO SCS-S02 ブリューワースタンドセット
耐久性
68
使いやすさ
70
デザイン
80
容量
62
機能性
63
お手入れの手軽さ
67
コスパ
55

理科の実験を思い出させるようなどこか懐かしいデザイン。

漏斗型の耐熱ガラスのブリューワーに、金色に輝くチタンコーティングを施したステンレス製のフィルターをセットして使用します。

ステンレス製のフィルターにより、コーヒー豆の油分やアロマがしっかりと抽出され、風味が一層引き立ちます。

ゴージャスな雰囲気をまとった、ブリューワースタンドのセット。

材質[サーバー、ホルダー] 耐熱ガラス製器具、 [フィルター] 18-8 ステンレス鋼 (窒化チタンコーティング) 
重量約900g
サイズ4杯用
円錐形
あわせて読みたい
シンプルなコーヒーサーバーならKINTOがおすすめ!口コミも紹介 KINTO製でおすすめのコーヒーサーバーは? 他の製品との違いは? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 シンプルな造形美が魅力のKINTO(キント)。 実はコーヒー...

第9位. スタイリッシュな磁器製「KINTO FARO コーヒードリッパー&ポット 430ml」

KINTO FARO コーヒードリッパー&ポット 430ml
KINTO FARO コーヒードリッパー&ポット 430ml
耐久性
66
使いやすさ
68
デザイン
76
容量
55
機能性
75
お手入れの手軽さ
58
コスパ
72

スリムにまとまった2階建てのデザイン。

磁器製でやや重めだが、保温性もよく、上部内側のステンレスフィルターでコーヒーを抽出すると、香り高いコーヒーに仕上がります。

また、磁器製のドリッパーの下部には穴が1つだけ開いており、ゆっくりと濃く抽出してくれます。

材質[サーバー、ホルダー] 磁器、 [フィルター] 18-8 ステンレス鋼
重量430 ml
サイズ3杯用
円筒形

第10位. コンパクトに収納「KINTO COLUMN ドリッパー」

KINTO COLUMN ドリッパー
KINTO COLUMN ドリッパー
耐久性
61
使いやすさ
76
デザイン
58
容量
51
機能性
78
お手入れの手軽さ
68
コスパ
81

1杯分のコーヒーをドリップできるドリッパー。

プラスチック製なので、安っぽい感じがしますが、コンパクトに収納できるので便利ですね。

ステンレス製のメッシュフィルターを使用しているので、抽出時間が早く薄めのコーヒーに仕上がります。

材質ホルダー・受け皿:ABS樹脂、スプーン・フィルター:PP、ステンレス
重量121g
サイズ1杯用
円筒形

第11位. 光沢が美しい「KINTO ドリッパー SCS-S01 ブリューワー」

KINTO ドリッパー SCS-S01 ブリューワー
KINTO ドリッパー SCS-S01 ブリューワー
耐久性
79
使いやすさ
76
デザイン
82
容量
56
機能性
72
お手入れの手軽さ
77
コスパ
75

コーヒーの色に同化するような深みのある褐色で、メタリックな光沢を放っています。

釉薬には鉄彩を使い、金属のようなテクスチャを与えています。

飽きの来ない安定感のあるフォルムが特徴です。

材質磁器
重量121g
サイズ2杯用、4杯用
円筒形

KINTO製コーヒードリッパーの評判・口コミ

KINTO製コーヒードリッパーの評判について、悪い口コミと良い口コミを紹介します。

詳しい調査方法

当サイトコーヒー豆研究所では、KINTO製コーヒードリッパーの評判や口コミを決定するに当たって、下記の調査を実施しています。

86人のインターネットアンケート調査
  • 調査期間:2023/05
  • 調査方法:インターネット調査
  • 対象者:実際に飲んだことがある人

悪い口コミ

フィルターがステンレス製のためペーパーフィルターと比べて目が粗いためコーヒーの細かな微分もコーヒーに残ってしまう

KINTO製のコーヒードリッパーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

ペーパーフィルターを使わないステンレス製のものを使っていましたが、ペーパーフィルターを使うものとの味わいや香りの違いがあまり良くわからず使用をやめてしまいました。後片付けも不便に感じられたのことも理由の一つです。

KINTO製のコーヒードリッパーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

ガラスの扱いは神経を使います。割れそうだから。

KINTO製のコーヒードリッパーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

手入れがしにくいところが面倒

KINTO製のコーヒードリッパーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

やはりプラスチック製は耐久性が問題のようです。

安いので消耗品という位置づけでしょう。

良い口コミ

おしゃれなデザインでペーパーフィルターを使わないところがいい

KINTO製のコーヒードリッパーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

ガラス製で容器を清潔に保てるしフィルターを使用しなくてもコーヒーを入れる事が出来てエコ

KINTO製のコーヒードリッパーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

「使い心地」と「佇まい」が調和して、オシャレなデザインで使いやすく、見た目の美しさにもこだわっているところ

KINTO製のコーヒードリッパーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

お洒落なデザインとコーヒーの旨味をより引き出してくれそう

KINTO製のコーヒードリッパーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

口コミの画像で確認すると、KINTO製コーヒードリッパーの質感の良さがよくわかります。

スクロールできます
https://twitter.com/ttamaneko/status/1556079572042784768?s=20

KINTO製コーヒードリッパーを使った美味しい淹れ方

KINTO製コーヒードリッパーを使った美味しい淹れ方

コーヒーは淹れ方によっておいしさがずいぶんと変化します。

おしゃれで機能的なKINTO製コーヒードリッパーを使用して抽出を行いましょう。

1人分の量は、コーヒー粉が約10g、抽出量が120cc程度。

コーヒーを淹れる前に、磁器製やステンレス製のドリッパーには、あらかじめお湯を通してドリッパー自体を温めておくとよいでしょう。

また、ステンレス製のフィルターのドリッパーを使用する場合は、微粉も抽出されるので、粉の粒度は粗めがおすすめです。

さらに、茶こしなどで、コーヒー粉をふるって、微粉を落としてから使用すると美味しいコーヒーが楽しめます。

淹れる手順を下記で説明します。

  1. フィルターにコーヒー粉を入れて、平らにならします
  2. 湯を、「の」の字を描くようにコーヒ粉の上にゆっくりと注ぎ、コーヒー粉全体が湿ったら、お湯を注ぐのを一端止めます
  3. 20秒ほど待ってから、再び、同じようにお湯を注ぎ、2分以内に人数分を抽出するようにします

KINTOのおしゃれなドリッパーでコーヒータイムを楽しもう!

KINTOのおしゃれなドリッパーでコーヒータイムを楽しもう!

いかがでしょうか?

KINTOのおしゃれなドリッパーのおすすめを紹介しました!

コーヒータイムを楽しく演出してくれるKINTOのおしゃれなドリッパーは魅力的ですね。

バリエーションが豊富なので、お気に入りの商品を見つけて、コーヒータイムを充実させましょう。

もう一度重要なポイントをまとめると以下のとおりです。

  • KINTO製コーヒードリッパーはオシャレで機能的
  • KINTO(キントー)は滋賀県彦根市にある日本の企業
  • KINTO製コーヒードリッパーのステンレスフィルターでコーヒーのオイルを抽出可能
あわせて読みたい
コーヒードリッパーのおすすめ人気ランキング31選!おしゃれで機能的 おすすめのコーヒードリッパーを教えてほしい! おしゃれで機能性の高いコーヒードリッパーを買いたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 ハリオやカリタな...
あわせて読みたい
【保存版】KINTOのケトル全3商品を口コミ・評判をもとに完全解説! KINTOのケトルでおすすめはどれ? KINTOの電気ケトルについて知りたい こういった疑問や要望にお答えしていきます。 わずか3種類で多様なニーズに対応できる、デザイン...
【厳選】KINTO製コーヒードリッパーのおすすめ人気ランキング11選

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

コーヒー看護師のアバター コーヒー看護師 コーヒー豆研究所 公式ライター/看護師

コーヒーのおかげで辛い夜勤の眠気を乗り越えてきた看護師です。医療・看護の経験を経た立場から、コーヒーの味や香りの魅力、成分について学んでいきたいと思っています。科学的なエビデンスに基づいたコーヒーの勉強をしながら、みなさまに役立つ知識や情報をシェアしていきます。

コメント

コメントする

タップできる目次