メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

MJBコーヒーは美味しい?まずい?評判・口コミやおすすめも紹介

MJBコーヒーは美味しい?まずい?

MJBコーヒーのおすすめが知りたい

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

サンフランシスコ発のMJBは、1881年設立のコーヒーブランドです。

大容量タイプからおうちカフェ用まで幅広い楽しみ方ができるラインナップを提供しています。

本記事では、そんなMJBコーヒーの評判・口コミ、さらにはおすすめなども紹介します。

この記事の結論
  • MJBコーヒーは、1881年設立サンフランシスコ生まれのコーヒーブランド
  • 全体的に良い口コミが多い
  • 選び方のポイントは次の4つ
    • 産地
    • 焙煎度合い
    • 商品タイプ
    • 鮮度
  • おすすめは「MJB おうちカフェ ドリップコーヒー 詰め合わせ バラエティパック」や「MJB ベーシックブレンド」など
  • おすすめな人は「味わいにさほどこだわりがなく、大容量でデイリーに飲めるコーヒーを探している人」「手軽に飲めるドリップバッグを探している人」など
  • あまりおすすめでない人は「コーヒーの味わいにこだわりのある人」
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう!

当サイトのおすすめコーヒー
  1. :味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせた旬のコーヒー!初回数量限定30%OFF!
  2. :世界で1台の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら返金保証付きで初回数量限定53%OFF!
  3. 会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。

より詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング55選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

MJBコーヒーの魅力・特徴

MJBコーヒーの魅力・特徴
出典:http://mjb-coffee.co.jp

長い歴史を誇る、サンフランシスコ生まれのコーヒーブランドMJB。

その1番の魅力は、どなたでも楽しめる幅広いラインナップが揃っていることでしょう。

大容量でたっぷりと楽しめるコスパのよい商品をはじめ、産地をイメージしたおしゃれなパッケージの個包装タイプまで、ニーズに合わせて楽しめる商品を提供しています

【美味しい?まずい?】MJBコーヒーの評判・口コミ

【美味しい?まずい?】MJBコーヒーの評判・口コミ

実際のところ、MJBコーヒーは美味しいのかどうか、その味わいの評判や口コミが気になりませんか?

そこで評判・口コミをアンケートを実施し調査してみました。

詳しい調査方法

当サイトコーヒー豆研究所では、MBJの評判や口コミを決定するに当たって、下記の調査を実施しています。

55人のインターネットアンケート調査
  • 調査期間:2024/04
  • 調査方法:インターネット調査
  • 対象者:実際に飲んだことがある人

良い口コミ

総体的に悪い口コミよりも良い口コミが多くみられます。

コスパが良く普段使いにちょうどよいうえ、味も悪くない、美味しいという口コミが目立ちました

比較的安くお買い得感があり、くせの無い味で飲みやすいです。薄めに入れてもコーヒーらしさがあります。最近は見かけませんが大きな缶は、アメリカっぽいデザインが良いです。

MJBのコーヒーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

変な癖がなく飲みやすい、コスパが良いので職場で使うのに最適。

MJBのコーヒーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

苦みの後に酸味を感じる。香り、飲み口が軽いので気軽に楽しめる

MJBのコーヒーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

とても飲みやすいコーヒーだと思いました。じっくり1杯を味わうというよりも、食事と一緒にぐいぐいと飲める味だと思います。

MJBのコーヒーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

それなりの美味しさとリーズブルな価格で、ありがたい。
量があるので、それなりに無くなるまでもつので、気にせずにバサバサ使えるのはありがたい。
たまに、高めの豆を買ってきて飲むので、味変と味比べします。
うちにとっては普段飲みにはちょうど良い。<MJB 粉末 アーミーグリーン 907g>

引用元:Amazonカスタマーレビュー:Amazon カスタマー

主人は、毎朝保温ポットにコーヒーを入れて仕事場に持って行くので、大容量で助かります。また私は酸味の味が好きで無いのでこれは酸味を感じずで美味しいです。缶を選んだのは湿気が入らないと思って選びました。<MJB 粉末 アーミーグリーン 907g>

引用元:Amazonカスタマーレビュー:いくちゃん

5種類入っていてお好みでその日の気分で選べます。友達が来た時など選んでもらって楽しんでます。お味もそれぞれ美味しいです。
次も購入したいです。<MJB ドリップコーヒー バラエティパック >

引用元:Amazonカスタマーレビュー:健康長寿ママさん

コーヒー大好きで毎日飲みますが、あまりこだわりの店の〜等々が面倒臭く普段スーパー等で買ってます。先日たまたまお店で手に取ったこの商品がなかなか美味しくて、このクオリティでこの価格✨とすっかり虜になってしまいました。
ネットで探して沢山入ってよりお得に購入でき大満足です。
産地でしっかり違いも感じられて楽しいです。<MJB ドリップコーヒー バラエティパック>

引用元:Amazonカスタマーレビュー:るびさん

ドリップコーヒーのバラエティパックにおいては、5種類の味わいが楽しめることが魅力、自分だけではなく来客やちょっとしたプレゼントにもちょうどよい、という喜びの声が多くみられました

悪い口コミ

悪い口コミは少数でしたが、次のようなものがありました。

香りが薄い、1杯をゆっくり味わうのには物足りない。

MJBのコーヒーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

味が薄い、少々雑味があるような気がする。

MJBのコーヒーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

冷めてくると味が変わり、苦みがたってくる。ロットによって味が違うように感じる時がある

MJBのコーヒーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

良い面の半面、くせがなさ過ぎて物足りなさが残ります。酸味が弱いからかな。コーヒーの味の深みを求めるには適さないよう感じます。

MJBのコーヒーを実際に試してみた率直な感想を教えて下さい。①良い感想②悪い感想

いろんな種類が入っていてお値段もお得だったのですが、ちょっと思っていたコーヒーの香り豊かな味わいにかけてるように思いました。<MJB ドリップコーヒー バラエティパック>

引用元:Amazonカスタマーレビュー:フージー

口コミがよかったので買ってみましたが私には合わなかったです。アメリカのダイナーで出るお代わり無料のコーヒーのような味に感じました。香りがなくて薄いです。たくさん入っていて失敗でした。<MJB 粉末 アーミーグリーン 907g>

引用元:Amazonカスタマーレビュー:Amazon カスタマー

久し振りに缶切りを使った。懐かしい。空缶は小物入れに使えそう。粉での香りはあるが、淹れたら香りも味もない。軽四に1800ccクラスの品質を求める方が図々しいのだろうな。20日程はありそうな。ネスカフェの空き瓶に詰めなおしてシリカゲルを入れて密封してみた。20日後に違った感想が出たら又、レビューする。。<MJB 粉末 アーミーグリーン 907g>

引用元:Amazonカスタマーレビュー:杏光さん

悪い口コミの内容をまとめると「味わいが薄い、または自分に合わない」「缶切りが必要」という2点に絞られます。

確かに、味わいはそれぞれの好みがあるため、合う合わないがあります。

単純に味わいが「薄い」ということであれば、お湯の量を少なくするか粉の量を増やすなどして調節してみましょう。

また、缶切りタイプは最近ではほとんど見られないため、逆に新鮮さを楽しめる方もいます。

面倒に感じる方は缶切りタイプを避けて他の商品を選びましょう。

MJBコーヒーの選び方

MJBコーヒーの選び方
出典:http://mjb-coffee.co.jp/factory/index.html

MJBのおすすめのコーヒーを紹介する前に、たくさんのラインナップの中から自分に合ったコーヒーを選ぶためのコツを押さえておきましょう。

選び方のポイントは次の4つです。

  • 商品タイプ
  • 産地
  • 焙煎度合い
  • 鮮度

それぞれ詳しく見てみましょう。

商品タイプ

MJBコーヒーには、大きく分けて次のような3種類の商品タイプがあります。

  • コーヒー粉・袋タイプ
  • コーヒー粉・缶タイプ
  • ドリップバッグ

1つずつ詳しくみてみましょう。

コーヒー粉・袋タイプ

コーヒー粉・袋タイプ
出典:Amazon

一般的な袋タイプは、開封前は保管場所を選ばず手軽に扱えるのが特徴です。

ただ、開封後には密閉できる容器に移し替えることをおすすめします

コーヒーは外気に触れたときから劣化がはじまってしまうため、少しでも長く美味しく飲みたいのであれば保存方法には気を配流ことが大切です。

コーヒー粉・缶タイプ

2. 長く愛されている味わい「MJB ベーシックブレンド 」
出典:Amazon

最近では珍しい缶タイプは、開封後にも他の容器に詰め替えることなくそのまま保存できるため便利です。

MJBのインパクトのあるロゴとグリーンを基調としたデザインは、アメリカ・サンフランシスコらしい雰囲気が感じられます。

缶タイプは、見た目にもMJBらしさが楽しめるため、ブランドを意識したい人にもおすすめです。

コーヒー豆
コーヒー粉
  • 新鮮で美味しい
  • 結果的に経済的にコーヒーを味わえる
  • 時短で忙しい人におすすめ
  • ミルなどの道具を用意しなくて済む

ドリップバッグ

MJBのドリップバッグは、アーミーグリーンのような定番のコーヒーから様々な種類のものが詰め合わせになったバラエティパックまで揃っています。

特に、産地別シングルコーヒーのドリップバッグはデザインもおしゃれで人気のある商品です。

ドリップバッグはコーヒー器具を用意することなく手軽に淹れられるため、時間のないときや簡単に美味しいコーヒーを飲みたいときにおすすめ

また、持ち運びしやすいためお出かけ先やオフィスでも楽しめます。

産地

国・銘柄別の味わい分布
国・銘柄別の味わい分布

コーヒーは上記の図のように、産地によって味わいの特徴が異なっています。

より大きな地域ごとの特徴をタブでまとめています。クリックすると詳細が見れます

苦みと深いコクが特徴。いつもと違うコーヒーを飲みたい方におすすめです。

代表的な銘柄はインドネシアの「マンデリン」。

苦みが強く、深いコクが感じられます。また香辛料のような独特な香りも魅力でしょう。

そのため、少しクセのあるコーヒーを試したい際や、普段からミルクや砂糖と一緒に飲んでいる方などの甘党の方にもおすすめです。

MJBのコーヒーは、ほとんどがブラジル産やコロンビア産のものを使ったブレンドです。

ブレンドの場合は、それぞれの産地の良さを生かしつつブランド独自の味わいにバランスよく調整されています。

産地特有の味わいを楽しみたいのであれば、後にも紹介する「MJB おうちカフェ ドリップコーヒー 詰め合わせ バラエティパック」がおすすめです。

グアテマラやタンザニア、ブラジルなどの産地が明確なシングルコーヒーをドリップバッグで楽しめます。

いろいろな産地のコーヒーを試して、お気に入りの味わいを見つけてみてください!

焙煎度合い

焙煎度合い
※焙煎(ロースト)8段階

コーヒーは、焙煎度合いによって味わいや香りが異なってきます。

焙煎度合いによるコーヒー豆の変化を見てみましょう。

焙煎レベル
浅煎り:ライトロースト・シナモンロースト

ライトローストとシナモンローストは、浅煎りの焙煎度合いになります。

黄色から茶色へと変化する程度の焙煎度合いです。

コーヒーの風味はかなり弱い状態。

焙煎レベル
中煎り:ミディアム・ハイロースト

中煎りはミディアムローストとハイローストです。

この状態では茶褐色とまだ色は薄いものの、軽やかな風味を楽しめます。

特にハイローストは深煎りに近いため、コクと若干の苦味がありながら飲みやすいのが特徴です。

焙煎レベル
深煎り:シティ〜イタリアンロースト
  1. シティロースト
  2. フルシティロースト
  3. フレンチロースト
  4. イタリアンロースト

以上の順番で焙煎度合いは増していきます。

シティローストは最も人気な焙煎度合い。

苦みやコク、甘みのバランスが丁度よいのが特徴で、カフェで提供されるコーヒーもシティローストが多いです。

イタリアンローストになると、コーヒー豆の見た目はほぼ真っ黒です。

味もかなり濃く、味わいも濃厚になります。 

MJBのこだわりの焙煎

北アメリカと日本を中心に、信頼の品質と変わらない味わいで長く愛されているMJBコーヒー。

その味わいは、こだわりの焙煎から生まれます。

MJBコーヒーは、浅煎り〜深煎りまで対応できるプロバット社製ドラム焙煎機を使用してコンピューター管理を行ったうえで、焙煎度合いのチェックやカップテストなどを行っています。

徹底した管理のもと、社内規格をクリアしたこだわりの焙煎度合いのものを販売しています

鮮度

MJBでは、独自の品質管理基準をクリアした豆だけを新鮮な状態でパッキングされています。

そのため、すべての商品においていつでも新鮮な味わいが楽しめる良質なブランドです。

MJBのおすすめ人気コーヒー6選!大容量でコスパのよさが魅力

MJBのおすすめ人気コーヒー6選!大容量でコスパのよさが魅力
出典:https://www.tea-and-coffee.shop/view/category/mjb

ここからはMJBコーヒーのおすすめ・人気6選を紹介します。

幅広いラインナップの中から、異なった特徴を持ったものをさきほど解説した選び方をもとに6選ピックアップしました。

まとめると次のとおりです。

スクロールできます
商品名商品画像タイプ産地焙煎度合い内容量価格
MJB おうちカフェ ドリップコーヒー 詰め合わせ バラエティパック 5種1. 色とりどりのパッケージが楽しい「MJB おうちカフェ ドリップコーヒー 詰め合わせ バラエティパック 5種」ドリップバッグコロンビア、ブラジル、エチオピア他記載なし8g×10p×3袋¥2,480
MJB ベーシックブレンド 2. 長く愛されている味わい「MJB ベーシックブレンド 」コーヒー粉・缶コロンビア、ブラジル他中煎り340g¥964
MJB アーミーグリーン3. しっかりとした苦味とコクが楽しめる「MJB アーミーグリーン」コーヒー粉・缶ベトナム、ブラジル中深煎り907g¥1,573
MJB ドリップコーヒー バラエティパック 8g×25P4. 5種類の味わいが楽しめるパック「MJB ドリップコーヒー バラエティパック 」ドリップバッグコロンビア、ブラジル、タンザニア他中煎り〜深煎り8g×25p¥1,049
MJB オリジナルブレンドプラス5. ホットでもアイスでも楽しめる深煎り「MJB オリジナルブレンドプラス」コーヒー粉・袋ベトナム、エチオピア深煎り270g×3¥1,618
MJB ホテル&レストランブレンド 6. まろやかであっさりとした味わい「MJB ホテル&レストランブレンド 」コーヒー粉・袋コロンビア、ブラジル他中煎り340g¥973
価格はAmazon、楽天市場を参考
詳しい調査・検証内容
検証項目

コーヒー豆研究所では、コーヒーの美味しさを以下の5つと定義し、各商品をレビュー・判断(スコアリング)しています。

  1. 苦味
  2. 酸味
  3. コク
  4. 香り
  5. 甘み

また以上の美味しさを決める要因として、以下の2つの要素も非常に重要なため、検証項目としてあります。

  1. 欠点豆の割合
  2. コーヒー豆の新鮮さ

より詳細な商品レビューポリシーは、下記のページに記載しているのでご参照ください。

検証器具

今回使用したコーヒー器具は全自動コーヒーマシンとして人気の「panasonic nc-a57」。

コーヒー豆を約20g(2カップ分)使い、リッチモードでホットコーヒーのマグカップ1杯分(134ml)を抽出しました。

味のレビューにおける公平性を保つために抽出方法は基本的に統一しています。

1つずつ見ていきましょう!

1. 色とりどりのパッケージが楽しい「MJB おうちカフェ ドリップコーヒー 詰め合わせ バラエティパック 5種」

1. 色とりどりのパッケージが楽しい「MJB おうちカフェ ドリップコーヒー 詰め合わせ バラエティパック 5種」
出典:Amazon

最初に紹介するのは「MJB おうちカフェ ドリップコーヒー 詰め合わせ バラエティパック 」。

5種類の産地のドリップバッグ、各2個ずつ入った詰め合わせです。

5種類のコーヒー
  • コロンビア:コロンビア スプレモ ウィラ
  • ブラジル:ブラジル ショコラ
  • グァテマラ:グァテマラ
  • エチオピア:エチオピア イルガチェフ
  • タンザニア:タンザニア AA キボ

個性豊かなそれぞれの産地の味わいを、そのときの気分で日替わりで楽しめます

5種類のおしゃれなパッケージは、来客の際やちょっとしたプレゼントにもおすすめです!

商品詳細

ブラジルショコラ
甘味
65
酸味
40
苦味
68
コク
63
香り
68
商品名MJB おうちカフェ ドリップコーヒー 詰め合わせ バラエティパック 5種
タイプドリップバッグ
産地コロンビア、ブラジル、エチオピア他
焙煎度合い記載なし
内容量8g×10p×3袋
価格¥2,480
created by Rinker
MJB(エムジェイビー)
¥2,300 (2024/04/23 12:58:56時点 Amazon調べ-詳細)

2. 長く愛されている味わい「MJB ベーシックブレンド 」

2. 長く愛されている味わい「MJB ベーシックブレンド 」
出典:Amazon

「MJB ベーシックブレンド 」は、1881年の発売以来長く愛され続けているロングセラーの定番グリーン缶です。

厳選されたブラジルとコロンビアの豆を使い、酸味、苦味、コクともにバランスの取れたブレンドに仕上がっています。

飲み方は、ブラックでそのままの味わいをストレートに味わうのがおすすめです。

開封には缶切りが必要です。

商品詳細

MJB ベーシックブレンド
甘味
58
酸味
65
苦味
60
コク
57
香り
68
商品名MJB ベーシックブレンド
タイプコーヒー粉・缶
産地コロンビア、ブラジル他
焙煎度合い中煎り
内容量340g
価格¥964
created by Rinker
MJB(エムジェイビー)
¥964 (2024/04/23 12:58:56時点 Amazon調べ-詳細)

3. しっかりとした苦味とコクが楽しめる「MJB アーミーグリーン」

3. しっかりとした苦味とコクが楽しめる「MJB アーミーグリーン」
出典:Amazon

「MJB アーミーグリーン」は、まろやかな苦味と酸味のバランスがよく、ほどよいコクも味わえるコーヒーです。

さきほどのベーシックブレンドと同じく、缶入りの大容量でコスパのよいタイプが用意されています。

香ばしさの中にもマイルドな飲み心地が感じられ、さまざまなシーンで楽しめる味わいでしょう。

商品詳細

MJB アーミーグリーン
甘味
55
酸味
57
苦味
73
コク
70
香り
68
商品名MJB アーミーグリーン
タイプコーヒー粉・缶
産地ベトナム、ブラジル
焙煎度合い中深煎り
内容量907g
価格¥1,573
created by Rinker
MJB(エムジェイビー)
¥1,573 (2024/04/23 12:58:57時点 Amazon調べ-詳細)

4. 5種類の味わいが楽しめるパック「MJB ドリップコーヒー バラエティパック 」

4. 5種類の味わいが楽しめるパック「MJB ドリップコーヒー バラエティパック 」
出典:Amazon

「MJB ドリップコーヒー バラエティパック 」は、5種類のブレンドが一度に楽しめる商品です。

アラビカ豆を中心にブレンドされており、それぞれに味わいの特徴が異なっています

5種類のブレンドコーヒー
  • ベーシックブレンド:コロンビア、ブラジル他
  • ホテル&レストランブレンド:コロンビア、ブラジル他
  • キリマンジャロブレンド:タンザニア、ブラジル他
  • サンフランシスコブレンド:ブラジル、ラオス他
  • 京都ブレンド:ブラジル、インドネシア他

5種類ともクセがなく飲みやすい味わいです。

商品詳細

ベーシックブレンド
甘味
58
酸味
65
苦味
60
コク
57
香り
68
商品名MJB ドリップコーヒー バラエティパック
タイプドリップバッグ
産地コロンビア、ブラジル、タンザニア他
焙煎度合い中煎り〜深煎り
内容量8g×25p
価格¥1,049

5. ホットでもアイスでも楽しめる深煎り「MJB オリジナルブレンドプラス」

5. ホットでもアイスでも楽しめる深煎り「MJB オリジナルブレンドプラス」
出典:Amazon

「MJB オリジナルブレンドプラス」は、しっかりとしたコクの深煎り仕上げのコーヒーです。

ダークチョコレートのような風味が感じられ、コクがありながら後味はすっきりとしたキレのある味わい。

ベトナムとエチオピアの2つの産地の豆の特徴が、見事に生かされています。

アイスコーヒーとしても美味しく楽しめる味わいです。

商品詳細

MJB オリジナルブレンドプラス
甘味
50
酸味
30
苦味
79
コク
80
香り
60
商品名MJB オリジナルブレンドプラス
タイプコーヒー粉・袋
産地ベトナム、エチオピア
焙煎度合い深煎り
内容量270g×3
価格¥1,618
created by Rinker
MJB(エムジェイビー)
¥1,618 (2024/04/23 12:58:59時点 Amazon調べ-詳細)

6. まろやかであっさりとした味わい「MJB ホテル&レストランブレンド 」

6. まろやかであっさりとした味わい「MJB ホテル&レストランブレンド 」
出典:Amazon

「MJB ホテル&レストランブレンド」は、浅めの焙煎でさっぱりとした風味が特徴です。

アメリカンタイプの味わいはホテルの朝食を思わせるような味わいで、自宅にいながら優雅な気分にさせてくれます。

軽めの口あたりは朝の目覚めにおすすめです。

商品詳細

MJB ホテル&レストランブレンド
甘味
54
酸味
70
苦味
55
コク
50
香り
80
商品名MJB ホテル&レストランブレンド
タイプコーヒー粉・缶
産地コロンビア、ブラジル他
焙煎度合い中煎り
内容量340g
価格¥973
created by Rinker
MJB(エムジェイビー)
¥973 (2024/04/23 12:58:59時点 Amazon調べ-詳細)

MJBのコーヒーの美味しい淹れ方

MJBのコーヒーの美味しい淹れ方

購入したMJBコーヒーをより美味しく飲むために、上手な淹れ方を紹介します。

さまざまな抽出方法がありますが、ここではペーパーフィルターを使ったハンドドリップで淹れる時のポイントと手順を見ていきましょう。

押さえておきたいポイントは以下の4つです。

  • コーヒー豆の量:お湯160mlに対して10g
  • 挽き具合:中挽き〜中粗挽き(ハンドドリップの場合)
  • お湯の温度:90〜96℃
  • 新鮮なコーヒー豆を使う

ハンドドリップに慣れていない方は、まずはこれらの4つのポイントを基本に淹れてみてください

その上で、お湯の量や豆の挽き具合を変えるなどして自分好みの味わいに変えていくとよいでしょう。

次に、MJBコーヒーを美味しく淹れるための手順を見ていきます。

STEP
コーヒー粉をセットする

フィルターの貼り合わせ部分を折り、ドリッパーにぴったりとはめ込む。

コーヒー粉をフィルターに入れて平らにならす

STEP
蒸らす

コーヒー粉全体が湿る程度にゆっくりとお湯を注ぎ20〜30秒ほど蒸らす

STEP
抽出する

中心からゆっくりと円を描くようにして数回に分けてお湯を注いで抽出する

基本は、通常のコーヒーと同じ淹れ方です。

コーヒー豆そのものの味わいや人それぞれの好みによって、薄いと感じたり濃いと感じたりするでしょう。

上記の淹れ方は一例として参考にして、自分に合った加減に調節しながら、より美味しく淹れられる方法を探してみてください!

MJBのコーヒーがおすすめな人・そうでない人

MJBコーヒー
総合評価
( 4 )
メリット
  • コスパが良い
  • ドリップバッグもあり手軽
デメリット
  • 受注焙煎ではないので鮮度は落ちる
  • 量が多め

MJBコーヒーは「美味しい」「コスパが良い」と評判がよいコーヒーですが、やはり人によって向き不向きがあります。

ここでは、MJBコーヒーがおすすめな人とそうでない人を見てみましょう。

おすすめな人

MJBコーヒーは、次のような人におすすめです。

  • 大容量でデイリーに飲めるコーヒーを探している人
  • 缶入りのコーヒーを常備しておきたい人
  • 味わいにさほどこだわりがない人
  • 手軽に様々な産地が楽しめるドリップバッグを探している人

スペシャルティコーヒーのようなこだわりの味わいではありませんが、毎日飲めるコスパの良さはニーズのある人にとっては魅力的でしょう

そうでない人

一方、MJBコーヒーは、コーヒーの味わいにこだわりのある人には不向きかもしれません。

毎日、新鮮で良質な焼きたてのコーヒーの味わい・風味を楽しみたいという人は、MJBコーヒーではなく自家焙煎の注文後焙煎をしてくれるような専門店を選ぶとよいでしょう

MJBと似ているコーヒー

MJBと似ているコーヒー
出典:http://mjb-coffee.co.jp/history/index.html

ここでは、MJBコーヒーと似ているコーヒーを紹介します。

  • サンフランシスコのコーヒーブランド「HILLS BROS COFFEE(ヒルスコーヒー)」
  • 日本のコーヒーブランド「KEY COFFEE(キーコーヒー)」

MJBコーヒーは大容量の缶タイプが特徴的ですが、上記2つのブランドもそうした商品を発売しています。

それぞれのブランドの缶入りコーヒーを見てみましょう。

HILLS BROS COFFEE(ヒルスコーヒー)

HILLS BROS COFFEE(ヒルスコーヒー)
出典:Amazon

MJBと同じサンフランシスコを拠点とするヒルス。

日本にも「日本ヒルス株式会社」を展開しており、UCCと業務を提携している有名なコーヒーブランドです。

深い赤のデザイン缶に入ったコーヒーは、香ばしく豊かなコクが楽しめます

商品詳細

ヒルス ロイヤルブレンド
甘味
54
酸味
50
苦味
78
コク
70
香り
60
商品名ヒルス ロイヤルブレンド
タイプコーヒー粉・缶
産地ベトナム、ブラジル他
焙煎度合い深煎り
内容量765g
価格¥2,424

KEY COFFEE(キーコーヒー)

KEY COFFEE(キーコーヒー)
出典:Amazon

キーコーヒーのこちらの缶タイプのコーヒーは、かわいいデザインで大人気。

青と白を基調とした爽やかな印象は、インテリアにも馴染みやすく置き場所を選びません。

苦味と酸味のバランスがよく、ほどよいコクとまろやかな口あたりが楽しめる味わいです。

商品詳細

キーコーヒー オリジナルブレンド
甘味
55
酸味
52
苦味
72
コク
67
香り
65
商品名キーコーヒー オリジナルブレンド
タイプコーヒー粉・缶
産地ブラジル、コロンビア他
焙煎度合い深煎り
内容量340g×2
価格¥2,018

MJBでコスパよくコーヒーを楽しもう!

MJBでコスパよくコーヒーを楽しもう!

いかがでしたか?

MJBコーヒーの評判や口コミ、おすすめの商品や選び方のコツなどを紹介しました。

本記事のポイントをまとめると次のとおりです。

この記事のまとめ
  • MJBコーヒーは、1881年設立サンフランシスコ生まれのコーヒーブランド
  • 大きな魅力は、幅広いラインナップのコーヒーがありどなたでも楽しめること
  • 全体的に良い口コミが多い
  • 選び方のポイントは次の4つ
    • 産地
    • 焙煎度合い
    • 商品タイプ
    • 鮮度
  • おすすめは「MJB おうちカフェ ドリップコーヒー 詰め合わせ バラエティパック」や「MJB ベーシックブレンド」など
  • MJBコーヒーを美味しく淹れるコツは次の4つ
    • コーヒー豆の量:お湯160mlに対して10g
    • 挽き具合:中挽き〜中粗挽き(ハンドドリップの場合)
    • お湯の温度:90〜96℃
    • 新鮮なコーヒー豆を使う
  • おすすめな人は「味わいにさほどこだわりがなく、大容量でデイリーに飲めるコーヒーを探している人」「手軽に飲めるドリップバッグを探している人」など
  • あまりおすすめでない人は「コーヒーの味わいにこだわりのある人」
  • 似ているコーヒーは「キーコーヒー 缶入り」や「ヒルスコーヒー」

MJBコーヒーはアメリカらしいラフさもあり、カジュアルに飲めるコーヒーです。

気になった方はぜひ毎日のコーヒーに取り入れてみてください!

MJBのコーヒーの美味しい淹れ方

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

江國 杏のアバター 江國 杏 コーヒー豆研究所 公式ライター/ヤマハ音楽教育システム講師/編曲家

音楽とコーヒーを愛する、鍵盤弾きライター。作編曲も手掛けます。音をまとめることと、文章をまとめることは通じるものがあります。聴いてくださる人、読んでくださる人に、なにか伝わるものがあれば嬉しく思います。

コメント

コメントする

タップできる目次