メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

【最新】カルディカードとは?メリット・デメリットやお得な使い方を解説

カルディカードってどんな機能があるのか知りたい

カルディのカードはの作成方法や費用が知りたい

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

カルディ独自のプリペイドカード「カルディカード」を知っていますか?

カードとアプリ版があり、カルディをよく使うなら1枚は持っておきたいカードです。

今回はそんなカルディカードについて、使い方やお得な使い方を徹底解説します!

既に使っている方も必見です!

本記事の結論
  • カルディカードとは、カルディ独自のプリペイドカードとコーヒー豆のポイントカード機能を備えたカード
  • カルディカードにはカードとアプリの2種類のタイプがある
  • 「カルディカードでのお会計で3%還元」や「コーヒー豆ポイント2倍」の日ならさらにお得に使用可能
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
柏倉元太

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう!

タップできる目次

カルディカードとは?

カルディカードとは?

カルディカードとは、多数の輸入食品やコーヒー豆を扱うカルディコーヒーファームが独自で発行しているプリペイドカードのことです。

ここではそんなカルディカードの概要を解説します!

主な機能は2つ

カルディカードの主な機能は以下の2つ。

  • チャージ式のプリペイドカードの機能
  • コーヒー豆購入時にポイントが貯まるポイントカードの機能

プリペイドカードとして使用する場合には、コーヒー豆の購入がなくても使用できます。

還元はチャージ金額1,000〜4,000円で1%、5,000〜9,000円で2%、10,000〜30,000円で3%となっています。

可能な最大チャージ金額は30,000円で、900円の還元がつきます。

また、コーヒー豆のポイントカードのとして使用する際の対象となる商品はショーケースに入った200g単位のコーヒー豆のみなので注意が必要です。

コーヒー豆100円につき1ポイント貯まり、100ポイント貯まると1000円分の電子マネーが付与されます。

発行手数料、年会費、更新費は全て無料

お得な還元付きのプリペイドカードの機能がありながら、各種手数料は一切かかりません。

ただし、店舗でカードを受け取る場合には1,000円単位での入金か、コーヒー豆の購入が必須になります。

一度入金したお金は払い戻すことはできず、有効期限もあるので注意しましょう。

カルディカードの種類

カルディカードの種類

カルディカードにはカードタイプとアプリタイプの2種類があります。

それぞれの特徴をまとめると以下の通り。

タイプ作れる場所入金方法複数作成後の合算各種手数料
カード店舗現金
△クレジットカード
なし
アプリ自宅や外出先などどこでも現金
クレジットカード
不可
1端末で1アカウントのみ
なし

主な違いは入金方法と合算が可能かどうか。

アプリタイプならクレジットカードから3,000円以上、1,000円単位で簡単に入金が可能です。

現金での入金は、カードタイプ同様に店舗のレジで行うことができ、レジでは1,000円から入金することができます。

カードタイプでもクレジットカードから入金はできますが、その都度HPを経由する必要があるのでクレジットカードでの入金ならアプリの使用がおすすめです。

また、カードタイプは2枚以上作成してもアプリやHPで合算することができます。

ですが、アプリタイプを1端末で複数使用することや別端末のアカウントと合算することはできません。

詳しい入金方法は本記事内「カルディカードの使い方」で解説します。

カルディカードの作り方

カルディカードの作り方

ここでは、カルディカードの作り方を店舗で作る場合とアプリで発行する場合に分けて解説します。

それぞれステップごとに分けて解説するので、参考にしてください。

店舗で作る場合

まず、店舗で作る場合には以下のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • カルディカードに入金をする
  • コーヒー豆を購入する

カルディカードは各種手数料のかからないカードですが、”ただカードを受け取る”ことはできません。

上記いずれかを満たしている場合は、以下のステップ通りに作ることができます。

STEP
カルディカードを作りたい旨を店員に伝える

コーヒー豆を購入している場合など、店員側から勧められることもあります。

裏面のバーコードを読み取り後、すぐに受け取れます。

STEP
カルディカードに入金(コーヒー豆ポイント付与のみであれば以下省略可)

レジで入金したい金額の現金を渡します。

入金できるのは1,000円単位で1,000〜30,000円以内。

入金すると金額に応じて還元分も上乗せされます。

STEP
支払いに使用し、残高は次回以降に使用できる

アプリで発行する場合

アプリで発行する場合
出典:https://member.kaldi.co.jp/
STEP
アプリをインストールする

端末のアプリストアで「カルディ」と検索し、ヤギベェ(カルディのヤギのキャラクター)が描かれた公式アプリをダウンロードする。

STEP
新規会員登録のボタンを押し、情報を入力する

登録には以下の情報が必要です。

  • メールアドレス
  • 設定するパスワード
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号

生年月日は一度登録すると変更することができないので、間違えないよう注意しましょう。

STEP
カードタイプを持っている場合はカード裏面の番号を入力する

すでにカードタイプを持っている場合は、裏面のカード番号を入力するとコーヒー豆ポイントやバリュー残高が反映されます。

アプリに登録した後でもカードは使用できるので、どちらも連携して使うことが可能です。

複数枚持っている場合はいずれか1枚を登録し、登録完了後にアプリ下部のカード画面から合算することができます。

以上のステップでアプリにバーコードが表示されたら、カルディカードの機能を使うことができます!

カルディカードの使い方

カルディカードの使い方

ここではカルディカードの基本的な使い方を解説します。

残高やコーヒーポイントの確認方法も紹介するので、カードを使っている人も参考にしてください!

入金方法

カルディカードへの入金方法を表にまとめると以下の通りです。

入金する場所現金で入金クレジットカードで入金
店舗のレジ
1,000〜30,000円の範囲で入金可能
×
アプリやネット×
3,000〜30,000円

カードタイプの場合でも専用のWEBページを通すことで、クレジットカードからの入金が可能になります。

ですが、入金のたびにカルディカードの番号などを入力する必要があるので、クレジットカードから入金することが多い場合にはアプリタイプがおすすめです。

また、カードの残高は最終ご利用日の翌日から3年になるので注意しましょう。

残高・コーヒーポイントの確認方法

アプリタイプの場合、残高やコーヒーポイントはアプリのホーム画面で簡単に確認できます。

その他、残高やコーヒーポイントの確認方法は以下の通り。

  • お店のレジで確認してもらう
  • 使用後のレシートを確認する
  • 専用のWEBページから確認する

店舗に行くことができる際には、レジで確認してもらうか、カルディカードを使用したお会計のレシートで確認できます。

また、カードタイプの確認を自宅で行いたい場合には、専用のサイトからカードの情報を入力することで確認も可能です。

お得に使う方法

カルディカードを使う際に知っておきたいのが、「カルディカードのお会計で3%還元」や「コーヒー豆ポイント2倍」などのお得な日があるということ。

それぞれの内容は以下の通りです。

  • カルディカードでのお会計で3%還元
    • 通常は入金の際にしか還元はつきませんが、期間中にカルディカードで支払いをすると、そのお支払い金額に対して数%の還元を受け取ることができます。5%還元など還元率が上がることがあります。
  • コーヒー豆ポイント2倍
    • 通常はコーヒー豆100円につき1ポイントのところ、期間中は100円につき2ポイントが貯まります。

期間は全国のカルディで同時に開催され、公式HPなどで確認できます。

また、比較的土日祝日に合わせて開催されていることが多いのでこまめにチェックすると良いでしょう。

特に「カルディカードでのお会計で3%還元」は、通常の入金時の還元にプラスで還元がつく形なので特にお得に利用できます!

カルディカードのメリット・デメリット

カルディカードのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

カルディカード
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 年会費なども一切かからず、現金よりもお得に買い物ができる
  • カードまたはアプリのバーコードがあれば全国のカルディ共通で使用できる
  • コーヒー豆のポイントカードとプリペイドの機能が1枚で完結する
デメリット
  • カードタイプなら現金チャージ、アプリでは会員登録が必要になる
  • カードの場合、忘れると使用できない
  • 施設などによって他の決済方法の方が還元率が高い場合がある

上記のメリット・デメリットを踏まえて、カルディカードはカルディでの買い物が多い人なら持っておきたいカードと言えます!

特にお得に利用できる「○%還元」の日や「コーヒー豆ポイント2倍」を狙えば、さらにメリットを実感できます。

カードタイプとアプリタイプから選べるので、自身の使いやすい方を選択できるのも嬉しいポイントです。

カルディカードについて気になること

カルディカードについて気になること

ここではカルディカードについての疑問点を、Q&A方式で解説します!

ギフトとして贈ることはできる?

1,000円単位で入金したカルディカードを、ギフトとして贈ることは可能です。

店舗では、カルディカード専用の封筒も販売されています。

複数枚の合算は可能?

カードタイプ2枚以上の合算は、アプリやオンライン上で行えます。

また、カードタイプとアプリタイプの合算も可能です。

その場合、カード残高とコーヒー豆ポイントの両方が移行します。

カルディカードの残高を使い切りたい!

カルディカードの残高を0にしたい場合、残高以上の会計金額で使い切ることができます。

お店で残りの金額を他の支払い方法で行う旨を伝えましょう。

ただし、店舗によって併用できる支払い方法は異なるので確認が必要です。

カードとアプリは連携できる?

可能です。

アプリに登録したカードも、引き続き使用することができます。

カルディカードは無料で作れるカルディラバーに嬉しいカード!

カルディカードは無料で作れるカルディラバーに嬉しいカード!

いかがでしたか?

今回はカルディカードについて種類や作り方、機能や使い方を解説しました。

本記事の重要ポイントをまとめると以下の通り。

本記事の重要ポイント
  • カルディカードとは、カルディ独自のプリペイドカードとコーヒー豆のポイントカード機能を備えた無料で発行できるカード
  • カルディカードにはカードとアプリの2種類のタイプがあり、それぞれ入金方法や作れる場所に違いがある
    • クレジットカードからの入金の場合には、アプリタイプの使用がおすすめ
    • カードはレジでの会計時に作ることができ、アプリならどこでも作成可能
  • 「カルディカードでのお会計で3%還元」や「コーヒー豆ポイント2倍」の日ならさらにお得に使用可能

ぜひ、カルディカードを利用してお得にカルディでの買い物を楽しみましょう!

カルディのおすすめコーヒーが知りたい方は、以下の記事をチェック!

あわせて読みたい
カルディのおすすめコーヒー豆ランキング25選!高コスパで美味しい カルディのおすすめのコーヒー豆が知りたい! カルディコーヒーの値段、鮮度なども気になる! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 全国各地で人気のコーヒー豆...
あわせて読みたい
【決定版】カルディでおすすめのギフト商品13選!お土産にもぴったり カルディのギフトにおすすめの商品が知りたい ラッピングは無料? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 コーヒー豆や海外のお菓子、調味料などが買える人気のカ...
あわせて読みたい
カルディのドリップコーヒー人気ランキング8選!ギフトにもおすすめ カルディにはどんなドリップパッグコーヒーが売っているのかな カルディの人気のドリップコーヒーが知りたい! こんな疑問にお答えします! カルディコーヒーは、輸入食...
カルディカードとは?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

珈葉のアバター 珈葉 コーヒー豆研究所 公式ライター

大学進学後、幼少期に母親が作ってくれたコーヒーの香りが忘れられず、カフェで働きたいと思うようになったことをきっかけに、コーヒーをサイフォンで淹れ、提供するスタイルのお店で4年間勤務。

就職を機に一度離れ、今年いつか自分でコーヒーのお店を持ちたいという思いから本格的にコーヒーの勉強を始める。勉強の一環として、コーヒーの焙煎所でも勤務し、地域別の味や焙煎度の違いについても実践的に学びを深める。今後コーヒー関連の資格取得を目指し勉強中。

コメント

コメントする

タップできる目次