メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

コーヒーの「ハニープロセス」とは?味わいの特徴やコーヒー豆を紹介

ハニープロセスってなに?

ハニープロセスのコーヒーはどんな味がするの?

こういった疑問にお答えしていきます。

コーヒーの「ハニープロセス」という製法を知っていますか?

コーヒー豆を買うときに、パッケージで目にして気になった方もいるかもしれません。

本記事では、ハニープロセスの特徴や他の製法との違い、おすすめのコーヒー豆を紹介します。

この記事の結論
  • ハニープロセスは、コーヒーの実のミューシレージ(粘液質)を残したまま乾燥させる精製方法
  • ハニープロセスのコーヒー豆は、果実のような甘みや酸味、香りが特徴的な味わい
  • コーヒー豆の精製方法には、ハニープロセスの他にウォッシュドプロセスとナチュラルプロセスがある
  • ハニープロセスは、ミューシレージの量によって「ホワイトハニー」「イエローハニー」「レッドハニー」「ブラックハニー」に分類される
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
柏倉元太

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう!

タップできる目次

ハニープロセスとは?

ハニープロセスとは?

ハニープロセスとは、コーヒーの精製方法のひとつです。

精製とは、収穫したコーヒーチェリーの外側の部分を取り除き、生豆の状態にする工程のこと。

コーヒーは「豆」と呼ばれますが、実はコーヒーの実の中にある種子のことなのです。

ハニープロセスの精製の工程は、以下の通りです。

STEP
皮むき

コーヒーの実の一番外側の皮(果肉)を取り除きます。皮を取り除くと、ミューシレージという半透明の膜に包まれた種が出てきます。

STEP
乾燥

ミューシレージを残したまま、広げて乾燥させます。

STEP
脱穀

コーヒー豆の薄皮を機械で取り除きます。これがいわゆる焙煎前の生豆の状態です。

STEP
選別

粒の大きさや密度を揃えるため、虫食いや大きさの異なる豆を除去します。

ハニープロセスの特徴

ハニープロセスの特徴

ハニープロセスは、コーヒーの実のミューシレージ(粘液質)を残したまま乾燥させる精製方法。

スペイン語でミューシレージを表す「miel(ミエル)」という言葉が、「はちみつ」という意味も持つことから名づけられたと言われています。

2000年代にコスタリカで開発された、比較的新しい方法です。

味わい

味わい

ハニープロセスで精製することにより、ミューシレージ(粘液質)に含まれる風味がコーヒー豆に残りやすくなります。

そのため、ハニープロセスのコーヒーは、果実のような甘みや酸味、香りが感じられるのが特徴。

透明感もあり、すっきりとした味わいです。

フルーティーなコーヒーを初めて飲む方にもおすすめです。

正確にコントロールされたプロセスを経ることで、高品質で個性的なコーヒーを生み出すことができます。

ハニープロセスの種類

ハニープロセスの種類

ハニープロセスは、コーヒー豆に残っているミューシレージ(粘液質)の量によって以下の5つに分類されます。

残ったミューシレージは乾燥後黒っぽくなるため、仕上がり時の色合いで名づけられました。

種類ミューシレージ量特徴
ホワイトハニー10%未満すっきりとした甘さ。ウォッシュドプロセスに近い
イエローハニー20~30%バランスよくハニープロセスの風味を楽しめる
レッドハニー50~70%豊かな果実感や明るい風味が感じられる
ブラックハニー90%以上甘味が強い。ナチュラルプロセスに近い

コーヒー豆に残すミューシレージの量によって、味わいが異なります。

ミューシレージの量が増えるほど、果実感や甘みが強くなります。

コーヒーの精製方法

コーヒーの精製方法

コーヒーの精製には、ハニープロセスを含め以下の3つの方法があります。

それぞれの精製方法によって味わいや香りが大きく異なります。

  • ナチュラルプロセス
  • ウォッシュドプロセス
  • ハニープロセス

ナチュラルプロセス

ナチュラルプロセス

ナチュラルプロセスは、コーヒーの実をそのまま乾燥させ、生豆を取り出す精製方法です。

水が乏しく、乾燥した地域で始まりました。

コーヒーの果実にカビが生えないように、乾燥している間に豆を頻繁にかき混ぜる必要があります。

果肉の風味が生豆に染み込むため、フルーティーな甘酸っぱさと香りがあります。

あわせて読みたい
コーヒー豆の「ナチュラル」とは?知っておきたい精製方法と味の違い コーヒー豆のナチュラルってどんな意味があるの? コーヒー豆の処理方法について知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 コーヒー豆を購入する際、商品...

ウォッシュドプロセス

ウォッシュドプロセス

ウォッシュドプロセスとは、コーヒーの果肉とミューシレージ(粘液質)を除去した後、水を使って洗い流して乾燥させる製法。

一般的によく使われている精製方法です。

精製のために、大量の水が必要になります。

明るくてクリーンな味わいが特徴です。

あわせて読みたい
【専門家が解説】コーヒー豆のウォッシュドとは?特徴やおすすめも紹介 ウォッシュドコーヒーはどんな味わい? ウォッシュドコーヒーの他にどのような精製方法がある? こういった疑問や要望にお答えします。 コーヒー好きなら1度は聞いたこ...

ハニープロセス

ハニープロセス

ハニープロセスは、先述したとおりコーヒーの果肉のみを除去し、ミューシレージ(粘液質)を残したまま乾燥させる製法。

ナチュラルプロセスとウォッシュドプロセスの間に立つような精製方法です。

甘みが強く、透明感を感じられる味わいです。

ハニープロセスのおすすめ人気コーヒー豆4選!通販で買える

ハニープロセスのおすすめ人気コーヒー豆4選!通販で買える

ハニープロセスのコーヒーは、全体でみるとそれほど流通量が多くありません。

通販で購入できるハニープロセスのコーヒー豆を紹介します。

  • 銀河コーヒー バリ神山ハニー
  • 大山珈琲 コスタリカ FSHB タラス ジャガーハニー
  • ばいせん工房 珈琲俱楽部 ブラジルハニー
  • FAMERS PASSION ネパール ハニー×ミディアム

1. まろやかな甘みの完熟コーヒー「銀河コーヒー バリ神山ハニー」

1. まろやかな甘みの完熟コーヒー「銀河コーヒー バリ神山ハニー」
出典:https://shop.ginga.coffee/?pid=152326763

まろやかな甘みの「銀河コーヒー バリ神山ハニー」。

バリ島の神が住むといわれるバトゥール山の麓、豊穣な自然環境の中で育ったコーヒー豆です。

コクと透き通った苦味・酸味をもつバリ神山コーヒーに、ハニープロセスの甘味が加わりました。

完熟したコーヒー豆の、ほんのりと甘く華やかな香りも楽しめます。

商品詳細

銀河コーヒー バリ神山ハニー
苦味
50
甘味
60
酸味
30
コク
60
香り
70
商品名銀河コーヒー バリ神山ハニー
容量150g
価格¥1,280(税込)
産地・銘柄インドネシア バリ島

2. 繊細な風味の希少なコーヒー「大山珈琲 コスタリカ FSHB タラス ジャガーハニー」

2. 繊細な風味の希少なコーヒー「大山珈琲 コスタリカ FSHB タラス ジャガーハニー」
出典:楽天市場

繊細な風味の「大山珈琲 コスタリカ FSHB タラス ジャガーハニー」。

数量が少ないハニープロセスの希少なコーヒーです。

コスタリカのウォッシュドコーヒーよりも果実のような甘みや香りが強く、ひと味違う味わいを楽しめます。

ベリー系やチョコレートフレーバーがあり、まろやかな口当たりです。

商品詳細

大山珈琲 コスタリカ FSHB タラス ジャガーハニー
苦味
40
甘味
80
酸味
50
コク
50
香り
70
商品名大山珈琲 コスタリカ FSHB タラス ジャガーハニー
容量400g
価格¥1,800(税込)
産地・銘柄コスタリカ FSHB

3. フルーティーでバランスのよい香味「ばいせん工房 珈琲俱楽部 ブラジルハニー」

3. フルーティーでバランスのよい香味「ばいせん工房 珈琲俱楽部 ブラジルハニー」
出典:Amazon

フルーティーでバランスのよい香味がある「ばいせん工房 珈琲俱楽部 ブラジルハニー」。

品質の高いスペシャルティコーヒーが使用されています。

ハニープロセスで精製することにより、強い甘みとフルーティーさも感じられます。

焙煎度合いを選択できるので、好みに合わせて選んでみてください。

商品詳細

ばいせん工房 珈琲俱楽部 ブラジルハニー
苦味
60
甘味
70
酸味
30
コク
70
香り
60
商品名ばいせん工房 珈琲俱楽部 ブラジルハニー
容量500g
価格¥2,370(税込)
産地・銘柄ブラジル サントスNo.2

4. クリアで豊かな味わい「FAMERS PASSION ネパール ハニー×ミディアム」

4. クリアで豊かな味わい「FAMERS PASSION ネパール ハニー×ミディアム」
出典:https://nepalcoffee.shop/items/5bbc9fc55496ff0f3400073b

クリアで豊かな味わいの「FAMERS PASSION ネパール ハニー×ミディアム」。

ハニープロセスにより、コーヒーのコク深さと甘みが引き出されています。

苦味とフルーツ感が絶妙なバランスです。

毎日飲みたくなる、飽きのこない味わいのコーヒーです。

商品詳細

FAMERS PASSION ネパール ハニー×ミディアム
苦味
50
甘味
70
酸味
40
コク
50
香り
60
商品名FAMERS PASSION ネパール ハニー×ミディアム
容量150g
価格¥1,224(税込)
産地・銘柄ネパール

甘みのあるハニープロセスのコーヒーを楽しもう!

甘みのあるハニープロセスのコーヒーを楽しもう!

今回は、ハニープロセスの特徴や精製方法の違い、おすすめのコーヒー豆を紹介しました。

本記事のポイントは、以下の通りです。

  • ハニープロセスは、コーヒーの実のミューシレージ(粘液質)を残したまま乾燥させる精製方法。
  • ハニープロセスのコーヒー豆は、果実のような甘みや酸味、香りが特徴的な味わい。
  • コーヒー豆の精製方法には、ハニープロセスの他にウォッシュドプロセスとナチュラルプロセスがある。
  • ハニープロセスは、ミューシレージの量によって「ホワイトハニー」「イエローハニー」「レッドハニー」「ブラックハニー」に分類される。

ハニープロセスは、コーヒーチェリーのフルーツ感とクリアな風味をどちらも楽しめる精製方法です。

同じコーヒー豆でも精製方法によって味わいが大きく異なるため、ぜひハニープロセスのコーヒーを見かけたら試してみてください。

コーヒーの「ハニープロセス」とは?味わいの特徴やコーヒー豆を紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

安東まつのアバター 安東まつ コーヒー豆研究所 公式ライター

ニュージーランドのカフェで勤務中のバリスタ。旅先では必ず焙煎店を訪れ、お土産にコーヒー豆を買って帰ります。お家でも近所でも海外でも、様々な場所でコーヒーを楽しむための情報をお届けします!

コメント

コメントする

タップできる目次