メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

【専門家が解説】コーヒー豆のウォッシュドとは?特徴やおすすめも紹介

ウォッシュドコーヒーはどんな味わい?

ウォッシュドコーヒーの他にどのような精製方法がある?

こういった疑問や要望にお答えします。

コーヒー好きなら1度は聞いたことがある「ウォッシュド」という言葉ですが、実際どんな特徴があるのか詳しく説明できますか?

そこで本記事では、ウォッシュドコーヒーの特徴や精選の過程、おすすめのウォッシュドコーヒー3選も紹介!

この記事の結論
  • ウォッシュドとは、水を使ってコーヒーを洗いながら精選する方法のこと
  • 精選の工程は7つほどある
  • ウォッシュドコーヒーは、クリアで洗練された味わいになることが多い
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
柏倉元太

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速みていきましょう。

タップできる目次

ウォッシュドとは?

ウォッシュドとは?

コーヒーの世界で「ウォッシュド」という言葉は、コーヒー豆の精選方法のことです。

精選とはコーヒーの木の果実から、コーヒーの生豆を取り出す工程のことを言います。

実は何層にもなっている、コーヒーの実からコーヒーの生豆を取り出すのは、大変な作業なのです。

そういえば茶色く焼かれたコーヒーしか知らないな……。

mio

この記事では「精選」に注目して、ウォッシュドの工程をコーヒーインストラクター2級である私が、徹底解説します!

ウォッシュドコーヒーの特徴

ウォッシュドコーヒーの特徴

コーヒー豆の精選方法は複数の種類があります。

コーヒーの産地の気候や環境によって、精選方法は異なります。

例えば、水を手に入れづらい地域はウォッシュドではなく、ナチュラルを採用します。

ナチュラルとは、コーヒーの果実ごと乾燥させた後に、コーヒーの生豆を取り出す精選方法です。

ウォッシュドコーヒーは、すっきりとした酸味や、軽やかな風味になることが多く、クリーンな味わいが特徴です。

ウォッシュドは、コーヒー豆を収穫してから長時間寝かせたり、乾燥させたりせずに果実を取り除くため、コーヒー豆に果実の香りが移りづらいと言われています。

ウォッシュドコーヒーの精選とは?7つの工程を解説

ウォッシュドコーヒーの精選とは?7つの工程を解説

ウォッシュドコーヒーの精選は、ふんだんに水を使い、洗いながらコーヒーの実からコーヒーの生豆を取り出します。

またウォッシュドは、ナチュラルの精選方法に比べて工程が多く、いくつもの工程でコーヒー豆を精選します。

ここでは、ウォッシュドの工程を大まかに解説します。

生産地域や精選所によって、工程が異なる場合もあります。

ウォッシュドの工程をまとめると以下のとおりです。

  1. 選別
  2. 皮を剥く
  3. 発酵
  4. 洗浄
  5. 乾燥
  6. 脱穀
  7. 格付け

1. 選別

コーヒーの実を精選する目的は、コーヒー豆を実から取り除いたり、収穫袋に混ざった木のくずや、葉っぱを取り除いたりすることです。

選別では不純物や、未熟のコーヒーの実を取り除きます。

2. 皮を剥く

何層にもなっているコーヒーの実は、外の皮を取り除くとぬるっとした粘液質と、薄皮の中にコーヒーの豆があります。

まずは、1番外側の皮のように薄い果実を取り除きます。

皮を取り除くと「ミューシレージ」という粘液質があります。

次の工程で粘液質を取り除きます。

3. 発酵

発酵の工程では水を張った発酵槽に豆を入れて、残った果肉やミューシレージを取り除きます。

水槽での発酵の後、機械でさらにミューシレージを取り除く場合もあります。

4. 洗浄

発酵が終わったら、薄皮のみが付いたコーヒー豆になります。

洗浄の工程では洗いながら、不純物を取り除きます。

5. 乾燥

洗浄が終わると、いよいよ乾燥の工程です。

乾燥の工程では、乾燥のための広場や、乾燥棚の上にコーヒー豆を広げて乾かします。

コーヒー豆をゆっくりと均等に乾かすために、定期的にかき混ぜます。

6. 脱穀

乾燥が終わると、コーヒー豆が薄皮だけが付いた状態になります。

脱穀機に薄皮が付いたコーヒー豆を入れ、薄皮を取り除きます。

そうすると、焙煎前のコーヒーの生豆が仕上がります。

7. 格付け

コーヒー豆は、輸出される前に生産地で格付けされます。

脱穀後の生豆を色や大きさで選別して格付けし、欠点のある豆を取り除きます。

コーヒー豆の各付け・ランクについては「【決定版】コーヒー豆のランクの違いとは?その要因3つを徹底解説」の記事をチェック!

あわせて読みたい
コーヒー豆のランクの違いとは?コーヒーの格付けの違いを徹底解説 ランクの違いによる役割ってどんなものがあるのかな? コーヒー豆のランクの違いってどうやって出てくるのだろう…? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 コー...

ウォッシュドとナチュラルの違い

ウォッシュドとナチュラルの違い

同じ生産国のコーヒー豆でも「ウォッシュド」と「ナチュラル」と、異なる加工方法が記載され、種類が分かれていることがあります。

これは、この記事で紹介している「精選方法」の記載です。

とはいっても、精選方法が違うと何が変わるのかまで理解するのは難しいですよね。

ここでは、代表的な2つの精選の方法と、それぞれの味わいの違いを解説していきます。

まとめると以下のとおりです。

代表的な精選方法
  • ウォッシュド(水洗式)
  • ナチュラル(非水洗式)

精選の方法

生産地の様々な環境要因によって、精選の方法は異なります。

ここでは代表的な精選方法である「ウォッシュド」と「ナチュラル」を解説します。

まずはウォッシュドから紹介します。

ウォッシュド
  • 乾燥させる前にコーヒー豆を実から取り除く
  • コーヒーの生豆はふんだんに水を使って洗いながら精製される
  • 水洗いの過程でコーヒーの生豆の選別も行う

一方、ナチュラルは水をあまり使わず、原始的な方法で精選を行います。

ナチュラル
  • 収穫後のコーヒーの実ごと、天日干しで乾燥させる
  • 乾燥させたコーヒーの実から、コーヒー豆を取り除く

味わい

同じ生産地のコーヒー豆でも、異なる精選方法のコーヒー豆同士を飲み比べると、はっきりと違いがわかるほど、精選方法は味わいに大きな影響をもたらします。

ウォッシュドは収穫後のコーヒーの実から、コーヒー豆をすぐに取り除くため、実の風味がつかずにすっきりとした味わいとなります。

一方、ナチュラルはコーヒーの実がついたまま乾燥させるため、実の風いがコーヒー豆に移ることで、チェリーのような味わいの風味になると言われています。

mio

コーヒー豆は、甘みの少ないチェリーのような味わいだったよ!

ナチュラルについてより詳しく知りたい方は「コーヒー豆のナチュラルとは?運命が分かれる3つの処理方法を紹介」の記事をチェック!

あわせて読みたい
コーヒー豆の「ナチュラル」とは?知っておきたい精製方法と味の違い コーヒー豆のナチュラルってどんな意味があるの? コーヒー豆の処理方法について知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 コーヒー豆を購入する際、商品...

ハニープロセスもある

ハニープロセス

ナチュラルとウォッシュド以外にもハニープロセスという精製方法があります。

ウォッシュドプロセス(水洗式)とナチュラルプロセス(自然乾燥式)の中間に位置する処理方法です。

このプロセスの特徴を以下にまとめてみます。

  • 収穫: 完熟したコーヒーチェリーを手摘みまたは機械で収穫。
  • パルプ除去: コーヒーチェリーから果肉を部分的に取り除きますが、粘着質の層であるムシラージュ(果肉の一部)はあえて残します。
  • 乾燥: ムシラージュが残った状態のコーヒー豆を乾燥させます。
  • 粘液質の量: ムシラージュ(粘液質)の残量によって「ハニープロセス」は「White Honey」とか「Yellow Honey」、「Red Honey」、「Black Honey」と分けられることがあります。色が濃いほどムシラージュを多く残しており、乾燥時間も長くなります。

ムシラージュが豆と長期間接触しているため、コーヒーに特有の甘みとフルーティーさが特徴です。

あわせて読みたい
コーヒーの「ハニープロセス」とは?味わいの特徴やコーヒー豆を紹介 ハニープロセスってなに? ハニープロセスのコーヒーはどんな味がするの? こういった疑問にお答えしていきます。 コーヒーの「ハニープロセス」という製法を知っていま...

ウォッシュドとナチュラルの見分け方

ウォッシュドとナチュラルの見分け方

そのコーヒー豆がウォッシュドとナチュラルどちらなのかを判断するためには、コーヒー豆の外見が大きなヒントになります。

ウォッシュドのコーヒー豆は、中心の切れ目に薄皮が挟まっていることがほとんどです。

コーヒー粉で販売されているブレンドコーヒーも、粉をよく見て薄皮のカスがあるかどうかで、ウォッシュドコーヒーが含まれているかを予想するヒントになります。

また、ウォッシュドに比べてナチュラルのコーヒー豆は、コーヒーの実のまま乾燥させるため、一般的に欠点豆が発生しやすい傾向にあります。

そのため、ナチュラルのコーヒーよりもウォッシュドのコーヒーは、豆の見た目が揃った仕上がりになることが多いです。

おすすめのウォッシュドコーヒー3選

おすすめのウォッシュドコーヒー3選

この記事を読んでウォッシュドのコーヒーを、飲んでみたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方に向けて、ここではおすすめのウォッシュドコーヒーを3つ紹介します。

どちらも通販で購入でき、新鮮な焙煎豆を手に入れることができますよ。

まとめると以下のとおりです。

  1. 顔の見えるコーヒー グアテマラ アンティグア ウォッシュド
  2. ロクメイコーヒー スペシャルティコーヒー アフリカンコーヒー 農園別3種飲み比べセット
  3. タカムラコーヒー エチオピア イルガチェフェ G1

1. 深煎り好きにおすすめ「顔の見えるコーヒー グアテマラ アンティグア ウォッシュド」

1. 深煎り好きにおすすめ「顔の見えるコーヒー グアテマラ アンティグア ウォッシュド」

ウミノネコーヒー焙煎所は、顔が見えるコーヒーで素材へ深くこだわっています。

顔の見えるトレーサビレリティーに優れたコーヒー豆は、焙煎されてから1週間後までに注文者の元に届くようになっています。

こちらのグアテマラのコーヒーは、苦みと酸味のバランスが良く、飲みやすい味わいです。

あわせて読みたい
グアテマラコーヒーの特徴とは?味・等級からおすすめの豆まで紹介 グアテマラコーヒーって聞いたことはあるけど、どんな特徴があるの? グアテマラコーヒーのおすすめが知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事...

商品スペック

1. 深煎り好きにおすすめ「顔の見えるコーヒー グアテマラ アンティグア ウォッシュド」
価格1,950円(税込)
容量200g
味わいのキーワードナッツ、ビターチョコレート

2. 華やかなフルーティーな香り「ロクメイコーヒー スペシャルティコーヒー アフリカンコーヒー 農園別3種飲み比べセット」

京都のコーヒー専門店で、通販を中心に人気を集めている「ロクメイコーヒー」は、スペシャルティコーヒーを100%使用し、品質にこだわったコーヒー豆を提供しています。

※スペシャルティコーヒーとは「高品質で特徴的な味わいを持つコーヒー」のことで、フルーティーな味わいが特徴。

焙煎技術を競う大会で優勝経験のある焙煎士が丁寧に焙煎。

こちらのコーヒーは現地の輸入業者と直接取引をし、ロクメイコーヒーが焙煎しています。

受注焙煎で鮮度の良いコーヒー豆を届けてくれます。

どのコーヒーも豆本来が持つ、フルーティな香りと酸味を楽しむことができます。

3種類のスペシャルティコーヒー豆

こちらの商品は、フルーティな香りと酸味が特徴のアフリカンコーヒーの飲み比べセット。

コーヒーの地域や製法によって違う、風味の違いを楽しめます。

商品スペック

甘味
48
酸味
83
苦味
50
コク
61
香り
85

レモンやマスカットのような風味で非常に繊細なコーヒー。

まるで紅茶のような味わいです。

価格1,333円(税込)
容量100g
味わいのキーワードレモンティー、フローラル
あわせて読みたい
ロクメイコーヒーはまずい?気になる評判からおすすめの商品まで紹介 ロクメイコーヒーとは?評判が気になる…。 ロクメイコーヒーの口コミは?おすすめの商品も知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 あなたは普段プレゼ...

3. 爽やかな香りと豊かな酸味「タカムラコーヒー エチオピア イルガチェフェ G1」

3. 爽やかな香りと豊かな酸味「タカムラコーヒー エチオピア イルガチェフェ G1」

タカムラコーヒーは大阪にロースターを構え、通販で全国に新鮮なコーヒーを届けているコーヒー専門店です。

コーヒーマニアの方なら、エチオピアの「イルガチェフ」を聞いたことがあるでしょう。

イルガチェフのコーヒーは、独特のエレガントな風味を持つことで有名です。

そんな独特の風味を持つイルガチェフのコーヒーを、高品質なタカムラコーヒーで楽しんでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
【決定版】イルガチェフェとは?美味しさの秘密からおすすめの豆まで紹介 イルガチェフェとは何?聞いたことあるけど実際どんな特徴があるの? イルガチェフェのおすすめのコーヒー豆が知りたい!生豆でも売っているの? こういった疑問や要望...

商品スペック

3. 爽やかな香りと豊かな酸味「タカムラコーヒー エチオピア イルガチェフェ G1」
価格810円(税込)
容量100g
味わいのキーワードダージリン、ピーチ
あわせて読みたい
肥後橋のタカムラコーヒーとは?評判・口コミからおすすめまで紹介 タカムラコーヒーロースターズの特徴が知りたい! タカムラコーヒーってワインでも有名だよね? 様々なコーヒーを飲みきって、ワンランク上でいつもと違うコーヒーを飲...

ウォッシュドのコーヒーでクリアな味わいを楽しもう!

ウォッシュドのコーヒーでクリアな味わいを楽しもう!

いかがだったでしょうか。

ウォッシュドのコーヒーについて、精選の工程や味わいの特徴、おすすめのウォッシュドコーヒー3選を紹介しました。

本記事で重要なことをまとめると以下のとおりです。

  • ウォッシュドはその名の通り、水を使ってコーヒーを洗いながら精選する方法のことを指す
  • コーヒー豆の精選の工程は約7つある
  • ウォッシュドコーヒーは、クリアで洗練された味わいになることが多く、ナチュラルはチェリーのような味わいになる

精選方法まで目を向けてコーヒーを飲むと、また変わった楽しみ方ができそうですね。

ウォッシュドコーヒーの特徴である、クリアな味わいを楽しみましょう。

【専門家が解説】コーヒー豆のウォッシュドとは?特徴やおすすめもご紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

北川 美央子のアバター 北川 美央子 元スターバックス店員/コーヒーインストラクター

フリーランスWebライター。スターバックスで働いた経験から、カスタマイズや裏技をご紹介します。また、コーヒーインストラクター2級の資格の知識をいかして、皆様がもっとコーヒーを楽しめるような記事を書いていきます。

コメント

コメントする

タップできる目次