メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

コーヒーを飲むとビタミンが破壊される?コーヒーの栄養素や飲み方を解説

コーヒーはビタミンの吸収を阻害する?

そもそもコーヒーってどんな栄養成分が含まれているの?

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

コーヒーはよくビタミンの吸収を阻害すると言われますがそれは本当なのでしょうか?

今回はコーヒーに含まれる栄養素を踏まえて、その真実を解説します!

よくコーヒーを飲む方やビタミン摂取を効率的にしたい方は必見です!

この記事の結論
  • コーヒーはビタミンの摂取を阻害しない
  • ビタミンCは利尿作用で排出されやすいため、ビタミンが破壊されるという噂がたった
  • コーヒーに含まれる栄養素は主に3つ
    • カフェイン
    • ポリフェノール
    • タンニン
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
柏倉元太

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう!

タップできる目次

コーヒーはビタミンの摂取を阻害しない

コーヒーはビタミンの摂取を阻害しない

ビタミンの摂取を阻害するという噂が広く知れ渡っていますが、コーヒーはビタミンの摂取を阻害しません。

コーヒーを飲んでもビタミンCは摂取できる

相性が悪いとされているビタミンCはコーヒーを飲んでもきちんと摂取できることが証明されています。

参考:コーヒーの中のビタミンCの安定性について

「ビタミンを破壊する」などのキーワードでビタミン摂取ができないという噂が出回っていますが、実際のところは、ビタミンを破壊するような成分は含まれておらず、ホットコーヒーとアイスコーヒー双方で比較してもほとんど含有量は変わりません。

そのため「コーヒーを飲むとビタミンCが摂取できない」という説は誤りなのですが、何故このような噂が広まってしまったのでしょうか。

ビタミンCは利尿作用で排出されやすい

「コーヒーを飲むとトイレが近い」とよく言われている通り、利尿作用で体内に蓄積された毒素を排出してくれる効果があります。

実はその利尿作用でビタミンCも尿とともに排出されやすい状態にあるのです。

ビタミンCは水に溶けやすく、腎臓で老廃物を排出する働きを行う上で尿の中にビタミンCも含まれています。

結果として摂取したビタミンCは尿と一緒に排出される流れが出来上がっています。

実はビタミンBも一緒に排出されやすい

ビタミンCと合わせて実はビタミンBも水に溶けやすい性質なので、利尿作用で一緒に排出されやすいです。

では、せっかく摂取したビタミンB、ビタミンCをどうすると身体に吸収できるのかを解説していきます。

ビタミン摂取はコーヒーと一緒に食べるものを工夫する

ビタミン摂取はコーヒーと一緒に食べるものを工夫する

コーヒーを飲むときに一緒に食べているものがあると思いますが、その食べ物をビタミンを効率よく摂取できる相性があり、その組み合わせを把握することで、余分に排出させずに摂取することができます。

まとめると以下の通りです。

  • コーヒーと一緒に全粒粉を食べよう
  • ナッツ類や豚肉もコーヒーと相性抜群
  • 避けた方が良い食べ物
  • コーヒーは食後2~3時間は空けてから
  • コーヒーの飲みすぎも要注意

コーヒーと一緒に全粒粉を食べよう

コーヒーと一緒に全粒粉の食品を食べることで、ビタミンを多く摂取することができます。

具体的な例として、玄米、パスタ、パンなどが挙げられます。

カフェやレストランでモーニングセットやランチメニューの中でよく提供されているものだと思うので、コーヒーと一緒に食べるとビタミン摂取を美味しく効率よく補えます。

ナッツ類や豚肉もコーヒーと相性抜群

ナッツ類もビタミン摂取にはうってつけの食品になります。

ピーナッツやカシューナッツ、ピスタチオなど小腹が空いたときに食べやすいものにもビタミンが豊富に含まれています。

そのため、ビタミンと合わせて排出されやすいミネラルも一緒に補充できることが魅力です。

避けた方が良い食べ物

コーヒーと相性の良い組み合わせは前途の通りですが、反対に避けた方が良い食べ物もあります。

それはチョコレートです。

チョコレートはカカオが原料でありカカオにもカフェインが含まれているため、コーヒーとチョコレートの組み合わせはカフェインの取り過ぎで異常な興奮、吐き気、不眠など生活サイクルが乱れる原因にもなります。

コーヒーは食後2~3時間は空けてから

ビタミン摂取のためにコーヒーと合わせて食べておいた方が良い食品を紹介しましたが、実は他にも効率の良いコーヒーの飲み方があります。

それは、食後2~3時間空けてからコーヒーを飲むという方法です。

食事中は水など他の飲み物にして何も食べない時間帯に一息つきたい時にコーヒーを飲むようにすることで、食後の消化中はビタミンを体内に吸収します。

ある程度の消化が済んだ頃にコーヒーを飲む順番で、ビタミン摂取もコーヒータイムも行うことが可能です。

あわせて読みたい
食後のコーヒーの効果は?食前との違いからおすすめの時間帯まで解説 食後のコーヒーって何か効果あるの?コーヒーを飲む時間帯ってどれが一番適しているのかな? 食前とのコーヒーの効果の違いは?ダイエットにも効果あるの? こういった...

コーヒーの飲みすぎも要注意

コーヒーの飲みすぎも要注意しておきたいところです。

健康管理のためであったり、味わいや風味が好きで飲む習慣を作るのは良いことですが、食後数時間を空けずに飲みすぎると、カフェインの覚醒作用が効きすぎて夜になっても寝つきが悪くなります。

またビタミンの吸収が間に合わずに利尿作用で排出されてしまうなど、悪循環になってしまう可能性があります。

なので、1日3杯までが目安と覚えておくと良いでしょう。

あわせて読みたい
【最新】コーヒーの飲み過ぎは危険?その症状と具体的な対処方法を紹介 コーヒーをついつい飲み過ぎてしまうけど、何か影響があるのかな? コーヒーの飲み過ぎによる具体的な症状が知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 こ...

コーヒーに含まれる栄養成分!ビタミンを効率的に摂取したい方必見

コーヒーに含まれる栄養成分!ビタミンを効率的に摂取したい方必見

まずコーヒーに多く含まれている成分として挙げられるのは、以下の通りです。

  • カフェイン
  • ポリフェノール
  • タンニン

順番に解説します。

カフェイン

カフェイン

コーヒーと言えばカフェインは代表格で挙げられる主要成分の1つです。

カフェインを摂取することで、脳が活性化されて仕事や勉強などで集中力が増すなど、何かの作業に没頭する際に役立つ成分です。

他にも摂取して得られる効果としては覚醒作用のほか、脂肪分解、記憶力の向上など有名な効果効能が挙げられており、適切な摂取量であれば、生活習慣病のリスク軽減などの研究結果も出ています。

あわせて読みたい
コーヒーに含まれるカフェイン効果とは?摂取量の目安からおすすめまで コーヒーに含まれるカフェインは身体に良いの?1日にどれくらいの量を摂るのが安全なの? 妊娠・授乳中の人が安心して飲めるコーヒーの種類や量を教えてください。カフ...

ポリフェノール

カフェインに次いで有名な主成分としてポリフェノールも含まれています。

ポリフェノールには、クロロゲン酸と呼ばれる抗酸化作用がある栄養が含まれているので酸化を防いで動脈硬化やガンなどの生活習慣病のリスク軽減に一躍買っています。

また、美容効果もあり、紫外線による肌のダメージを防ぐ効果もあります。

紫外線を浴びてできてしまったシミを少なくしてくれる効果もあるので、仕事や遊びなどでよく外に出る習慣がある方には特に嬉しい効果効能と言えます。

タンニン

コーヒーのタンニンとは?摂取するメリットとデメリットを解説【決定版】

タンニンはコーヒー独特の苦味の元となる栄養成分です。

コーヒーの他にもウーロン茶など苦味を感じる飲み物に多く含まれているもので、美白効果や老化防止、生活習慣病のリスク軽減など健康面で多くのメリットがあります。

収斂作用で毛穴の引きしめとメラニンの繁殖抑制、抗酸化作用で老化の原因となる活性化炭素の働きの抑制とコレステロールの酸化防止などがあります。

また以上と紐づいて、動脈硬化やくも膜下出血、脳出血などの生活習慣病の予防にも繋がって、健康管理をしている方には嬉しい効果です。

あわせて読みたい
【決定版】コーヒーのタンニンとは?摂取するメリットとデメリットを解説 コーヒーに含まれるタンニンって何? タンニンの含有量ってどのくらいなの? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること コーヒーに含まれる...

コーヒーとビタミンの関係をしっかりと理解しよう!

コーヒーとビタミンの関係をしっかりと理解しよう!

いかがでしょうか?

以上でコーヒーの栄養成分とビタミン摂取を含めた効果効能の解説になります。

コーヒーには、以下のような効果効能があります。

  • カフェインやポリフェノールなどの主成分で生活習慣病のリスク軽減
  • 美容、美白効果も期待できる
  • ビタミンが破壊する成分はない

そして、一緒に摂取する食べものや、コーヒーを飲むタイミングを調整することで、ビタミン摂取とコーヒータイムをそれぞれ楽しむことができます。

ビタミンBとビタミンCは元々が水に溶けやすい性質なので、尿に溶けて利尿作用で一緒に排出されてしまいます。

ですが、コーヒーを飲んだことで摂取したビタミンの吸収率がゼロになるわけではありません。

1日に何杯もコーヒーを飲み続けるなど極端な飲み方をしなければ、美味しく効率的に栄養を摂取することができます。

またコーヒーの全体的な栄養素について知りたい方は、以下の記事をチェック!

あわせて読みたい
【最新】コーヒーに含まれる栄養素とは?詳しい成分から効果まで解説 コーヒーの栄養ってどのくらいあるの?コーヒーって体に良さそうだけど、よくわからない。 コーヒーって実際どのくらいの効果があるの?コーヒー豆をそのまま食べると良...
コーヒーを飲むとビタミンが破壊される?コーヒーの栄養素や飲み方を解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

柏倉 元太のアバター 柏倉 元太 日本安全食料料理協会(JSFCA)認定コーヒーソムリエ/コーヒー専門家

コーヒーをこよなく愛し続けて約10年。日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ資格を取得し、現在はコーヒー専門家として活動しています。また独自のコーヒーブランド「ラボカフェ」も運営しています。

このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をメディアを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

タップできる目次