メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

フルーティーで美味しいおすすめのコーヒー豆人気ランキング13選!

フルーティーな美味しいコーヒーが飲みたい

おすすめのフルーティーなコーヒーはなに?

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

コーヒーにはさまざまなフレーバーがあり、好みも人それぞれです。

そこで本記事では、近年トレンドとなっているフルーティーな風味のコーヒー豆について紹介します。

その魅力や特徴、果実味溢れるフルーティーなおすすめコーヒー豆もお伝えしていきます。

本記事の結論
  • フルーティーな風味の美味しいコーヒーを選ぶときは6つのポイントをチェック
  • おすすめのコーヒーは「ラボカフェ フルーティーブレンド」や「土居珈琲 エチオピア イルガチェフェ」など
  • フルーティーなコーヒーを美味しく淹れるには、苦味やコクの成分が抽出されるのを抑えることがポイント
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう!

当サイトのおすすめコーヒー
  1. :味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせた旬のコーヒー!初回数量限定30%OFF!
  2. :世界で1台の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら返金保証付きで初回数量限定53%OFF!
  3. 会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。

より詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング55選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

フルーティーなコーヒーの魅力

フルーティーなコーヒーの魅力

世界中で愛されているコーヒーは、時代の流れとともに飲み方・味わい方も変化しています。

ここ最近のトレンドと言えば、苦味が控えめの浅煎りコーヒー。

世界中で生産される高品質で美味しいコーヒーが手に入りやすくなったことから、コーヒー豆が本来持っている酸味や甘み、「フルーティーさ」を楽しむ方が増えています。

2000年頃のサードウェーブの流れから、日本にも2015年にブルーボトルコーヒーが上陸したことをきっかけに、フルーティーなコーヒーが注目されるようになりました。

オレンジのような酸味、ピーチを思わせる甘味など、さまざまな言葉で表現されるコーヒーのフルーティーな風味。

濃厚なコクや苦味を特徴とするコーヒーとはまた違った魅力を楽しんでみませんか?

あわせて読みたい
フルーティーなコーヒーとは?おすすめから美味しい飲み方まで徹底解説 フルーティーなコーヒーってなに? おすすめの美味しいコーヒーや飲み方を知りたい!! このような疑問や要望にお答えします。 この記事の結論 フルーティーなコーヒーと...

フルーティーなコーヒー豆・粉の選び方

フルーティーなコーヒー豆・粉の選び方

フルーティーな味わいの美味しいコーヒーを味わうためには、どんなコーヒー豆・粉を選べばよいのでしょうか?

主なチェックポイントは、次の6つです。

  • 産地
  • 焙煎度
  • ブレンドorストレート
  • フルーティーフレーバーの種類
  • コーヒータイプ
  • 鮮度

1つずつ詳しく見ていきましょう。

産地

    国・銘柄別の味わい分布
    国・銘柄別の味わい分布

コーヒーは、上の図にあるように、産地によって味わいの特徴が異なってきます。

より大きな地域ごとの特徴をタブでまとめています。クリックすると詳細が見れます

苦みと深いコクが特徴。いつもと違うコーヒーを飲みたい方におすすめです。

代表的な銘柄はインドネシアの「マンデリン」。

苦みが強く、深いコクが感じられます。また香辛料のような独特な香りも魅力でしょう。

そのため、少しクセのあるコーヒーを試したい際や、普段からミルクや砂糖と一緒に飲んでいる方などの甘党の方にもおすすめです。

心地よいフルーティーさが味わえるコーヒーは、酸味が特徴といえども、ただ酸っぱいというだけではなく、「クリアで良質な酸味」を持っています。

一般的に、中南米やアフリカなどの標高の高い地域で栽培されるコーヒー豆は、爽やかで良質な酸味が味わえるとされています。

フルーティーなコーヒーが美味しく楽しめる、代表的な産地をあげてみましょう。

  • エチオピア
  • ケニア
  • コスタリカ
  • タンザニア
  • ルワンダ
  • ホンジュラス
  • パナマ…etc

また、それぞれの産地によって、同じフルーティーでも酸味や甘味、香りはさまざまです。

人によって好みもそれぞれなので、いろいろな産地のコーヒーを試して、お気に入りの味わいを見つけてみてください!

焙煎度

コーヒー豆 焙煎度合い
※焙煎(ロースト)8段階

コーヒーは、焙煎度合いによって味わいや香りが異なってきます。

焙煎度合いによるコーヒー豆の変化を見てみましょう。

焙煎レベル
浅煎り:ライトロースト・シナモンロースト

ライトローストとシナモンローストは、浅煎りの焙煎度合いになります。

黄色から茶色へと変化する程度の焙煎度合いです。

コーヒーの風味はかなり弱い状態。

焙煎レベル
中煎り:ミディアム・ハイロースト

中煎りはミディアムローストとハイローストです。

この状態では茶褐色とまだ色は薄いものの、軽やかな風味を楽しめます。

特にハイローストは深煎りに近いため、コクと若干の苦味がありながら飲みやすいのが特徴です。

焙煎レベル
深煎り:シティ〜イタリアンロースト
  1. シティロースト
  2. フルシティロースト
  3. フレンチロースト
  4. イタリアンロースト

以上の順番で焙煎度合いは増していきます。

シティローストは最も人気な焙煎度合い。

苦みやコク、甘みのバランスが丁度よいのが特徴で、カフェで提供されるコーヒーもシティローストが多いです。

イタリアンローストになると、コーヒー豆の見た目はほぼ真っ黒です。

味もかなり濃く、味わいも濃厚になります。 

フルーティーなコーヒー豆=浅煎りがよいとは限らない

フルーティーなコーヒー豆=浅煎りがよいとは限らない

上記のように、深煎りになればなるほど濃厚な苦味とコクが味わえ、反対に、浅煎りに寄るほど酸味がはっきりと目立ちやすくなり、フルーティー感をより楽しめます。

しかし、すべて浅煎りにすればフルーティーさを美味しく楽しめるかというと、そういうわけでもありません。

フルーティーなコーヒーは、酸味が特徴的ですが、もともと酸味が強いコーヒー豆を浅煎りにしてしまうと、不快な味わいに感じることもあります。

コーヒー豆の産地による特徴を考慮に入れつつ、苦味を抽出しすぎないような、ほどよい焙煎度合いにすることで、心地よいフルーティー感やさわやかでクリアな飲み口が感じられるでしょう。

ブレンドorストレート

コーヒーは、「ストレートコーヒー」と「ブレンドコーヒー」の2タイプに分けられます。

ストレートコーヒーの特徴

ストレートコーヒーは、豆そのものの個性や特徴をダイレクトに味わうことができるため、コーヒー豆の果実由来のフルーティーさそのものを楽しみたい場合には、上質で新鮮なコーヒー豆のストレートがおすすめです。

また、同じ豆のストレートでも、焙煎方法やその度合い、抽出方法の違いなどによって、多少味わいに違いが出てくるのも、コーヒーの奥深さであり面白いところでしょう。

ブレンドコーヒーの特徴

一方、ブレンドコーヒーは、数種類の異なる産地のコーヒー豆を組み合わせて、それぞれの個性を活かしバランスよくブレンドしていくことで、目指したい味わいを作りだせるのが大きな魅力です。

例えば、ラボカフェの「フルーティーブレンド」は、果実味溢れるフルーティーさに加えしっかりとしたボディも感じられ、お店の出したいオリジナルな味わいに仕上がっています。

フルーティーを目指したブレンドコーヒーをいろいろ試してみるのも、またストレートとは違った楽しみ方ができるでしょう。

ストレート
ブレンド
  • 収穫された豆の品名をそのまま使ったコーヒー
  • 酸味や苦みなどの好みがはっきりしている場合におすすめ
  • コーヒーの種類1つ1つの特徴の違いを楽しむといった飲み方には不向き
  • 複数の豆を混ぜたコーヒー
  • 安定した味を楽しめる
  • 産地特有の味をストレートに味わえる
  • 酸味や苦みのバランスを重視される場合におすすめ
  • ユニークさに欠ける

フルーティーなフレーバーの種類

フルーティーなフレーバーの種類

フルーティーとひと口に言っても、さまざまなフレーバーがあります。

アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)が定めているコーヒーフレーバーのカテゴリーは、とても細かく分けられており、フルーツ系の中でも18種類ほどあります。

例えば、以下のように具体的に細かく分類されています。

  • ベリー系(イチゴ、ブルーベリー、ラズベリーなど)
  • シトラス系(オレンジ、レモン、グレープフルーツなど)
  • ドライフルーツ系(プラム、レーズンなど)
  • その他(ブドウ、チェリー、リンゴなど)

スペシャルティコーヒー専門店などで「シトラスを思わせる明るい酸味」「プラムが熟したような甘味」というような言葉を見たり聞いたりしたことがある方もみえるでしょう。

複雑なコーヒーの味わいをできるだけ具体的にイメージできるので、わかりやすいですね。

それらを参考にして、自分の好みに近いものを選んでみるのもよいでしょう。

コーヒーのタイプ

コーヒーには、「コーヒー豆」「コーヒー粉」「ドリップバッグ」「カプセル」などのタイプがあります。

ここでは「コーヒー豆・粉」について見てみましょう。

それぞれの特徴は次のとおりです。

コーヒー豆
コーヒー粉
  • 新鮮で美味しい
  • 結果的に経済的にコーヒーを味わえる
  • 時短で忙しい人におすすめ
  • ミルなどの道具を用意しなくて済む

コーヒー豆に比べてコーヒー粉の方が、酸素に触れる部分が多くなるため、劣化のスピードも早くなります。

新鮮な美味しい状態のコーヒーを長く味わいたいのであれば、豆がおすすめです。

また、粉は、豆を挽く手間が省けるので、少しでも時短で淹れたい方やミルを持っていない方には便利でしょう。

鮮度

鮮度で選ぶ

フルーティーな美味しいコーヒーを楽しむには、豆・粉の鮮度は非常に大切なポイントです。

特に、酸味が魅力のフルーティーなコーヒーにとっては、クリアで良質なフレッシュ感は欠かすことはできません。

もっともおすすめなのは、焙煎したての豆タイプ。

果実味溢れる香りをより楽しむためにも、信頼できるお店の新鮮なコーヒーを購入し、保存方法にも気を配って鮮度を保ちましょう。

【徹底比較】フルーティーで美味しいおすすめのコーヒー豆人気ランキング13選!

ここからは、フルーティーな味わいが楽しめる美味しいコーヒーをランキング形式で13選紹介していきます。

前述の「選び方」をもとに、厳選したコーヒー豆・粉まとめると次のとおりです。

スクロールできます
順位商品名画像内容量価格産地焙煎度ブレンドorストレートフレーバーの種類コーヒータイプ鮮度
1位ラボカフェ フルーティーブレンドラボカフェ フルーティーブレンド100g〜¥800〜コロンビア、ケニア、エチオピア、グアテマラシティーローストブレンドシトラス豆・粉
2位土居珈琲 エチオピア イルガチェフェ土居珈琲 エチオピア イルガチェフェ100g
200g
100g¥1,367
200g¥2,484
エチオピアシティーローストストレート
・トロピカルフルーツ
・フローラル
豆・粉
3位古川美術館 爲三郎珈琲古川美術館 爲三郎珈琲1袋
5袋
10袋
1袋¥250
5袋¥1,100
10袋¥2,400
エチオピアミディアムローストストレート・シトラス
・フローラル
ドリップバッグ
4位ラボカフェ コロンビア・ナリーニョ・スプレモラボカフェ コロンビア・ナリーニョ・スプレモ100g〜¥1,100〜コロンビアハイローストストレートリンゴ豆・粉
5位銀河コーヒー ゲイシャ モカG銀河コーヒー ゲイシャ モカG150g¥1,880エチオピアシティローストストレート・オレンジ
・フローラル
豆・粉
6位ブルーボトルコーヒー ベラ・ドノヴァンブルーボトルコーヒー ベラ・ドノヴァン200g¥1,924エチオピア、ペルー、コロンビアバランス(中煎り)ブレンド・ラズベリー
・チョコレート
7位小川珈琲 有機珈琲
フェアトレードモカブレンド
小川珈琲 有機珈琲 フェアトレードモカブレンド160g×3袋¥2,045エチオピア、グアテマラ中煎りブレンド・フルーティー
8位ROKUMEI COFFEE
エチオピア シダモ グジ シャキッソ ナチュラル
エチオピア イルガチェフェ コンガ ウォッシュド100g〜¥1,200エチオピア浅煎りストレート・ラズベリー
・トロピカルフルーツ
豆・粉
9位サザコーヒー
パナマゲイシャ エスメラルダ マリオ
第9位. 名門エスメラルダ農園の極上の甘みが楽しめる「サザコーヒー パナマゲイシャ エスメラルダ マリオ」100g¥5,000
(通常価格¥9,000)
パナマシティローストストレート・ピーチ
・フローラル
10位神戸ファクトリーナコーヒー
ロイヤル キリマンジャロ
130g×2袋¥1,985タンザニアシティローストストレート
シトラス
11位自家焙煎かかし珈琲 
ケニア マサイAA
自家焙煎かかし珈琲 ケニア マサイAA」300g¥2,170ケニア深煎りストレート・カシス
・スパイス
豆・粉
12位
UCC 珈琲探求
ハワイコナブレンド
200g
¥2,957
ハワイ、ブラジルブレンドフルーティー
13位
成城石井
キリマンジャロ エーデルワイス
200g
¥1,069
タンザニアシナモンローストストレートフルーティー
価格はAmazon、楽天市場を参考
詳しい調査・検証内容
検証項目

コーヒー豆研究所では、コーヒーの美味しさを以下の5つと定義し、各商品をレビュー・判断(スコアリング)しています。

  1. 苦味
  2. 酸味
  3. コク
  4. 香り
  5. 甘み

また以上の美味しさを決める要因として、以下の2つの要素も非常に重要なため、検証項目としてあります。

  1. 欠点豆の割合
  2. コーヒー豆の新鮮さ

より詳細な商品レビューポリシーは、下記のページに記載しているのでご参照ください。

検証器具

今回使用したコーヒー器具は全自動コーヒーマシンとして人気の「panasonic nc-a57」。

コーヒー豆を約20g(2カップ分)使い、リッチモードでホットコーヒーのマグカップ1杯分(134ml)を抽出しました。

味のレビューにおける公平性を保つために抽出方法は基本的に統一しています。

順番に解説します。

第1位. しっかりとしたボディにフルーティーな風味が魅力「ラボカフェ フルーティーブレンド」

コロンビア、ケニア、エチオピア、グアテマラをバランスよく配合し、フルーティーさにこだわったブレンドです。

果実味溢れる甘い香りが心地よく、華やかなシトラス系の酸味にコクのあるボディーが魅力的。

シティロースト仕上げで、フルーティーな風味にしっかりとした深みや旨みも楽しめるため、浅煎りの爽やかさだけでは物足りない方におすすめです。

果実感とコーヒーらしさがバランスよく堪能できるコーヒーです。

ラボカフェ フルーティーブレンド
甘味
70
酸味
88
苦味
70
コク
70
香り
85

商品詳細

商品名ラボカフェ フルーティーブレンド
内容量100g〜
価格¥800〜
産地コロンビア、ケニア、エチオピア、グアテマラ
焙煎度シティーロースト
ブレンドorストレートブレンド
フレーバーの種類シトラス
コーヒータイプ豆・粉
鮮度

\ 一定以上のご購入でお買い得 /

第2位. トロピカルな果実感の上質なコーヒー「土居珈琲 エチオピア イルガチェフェ」

土居珈琲 エチオピア イルガチェフェ
出典:https://www.doicoffee.com/smart/product/019/ethiopia-yirgacheffe.html

しっかりとした甘みとコク、トロピカルでフローラルな風味が感じられ、土居珈琲ならではの味わいに仕上がっています。

酸味系のコーヒーに初挑戦する方にもおすすめの味わいでしょう。

深煎り寄りにオーダーすることで、芳醇でエキゾチックな風味も楽しめます。

優しい甘みにシトラスフレーバーの爽やかな余韻が感じられ、上質なアイスコーヒーにも最適です。

土居珈琲 エチオピア イルガチェフェ
甘味
50
酸味
90
苦味
70
コク
70
香り
60

商品詳細

商品名土居珈琲 エチオピア イルガチェフェ
内容量100g・200g
価格100g¥1,367
200g¥2,484
産地エチオピア
焙煎度シティーロースト
ブレンドorストレートストレート
フレーバーの種類・トロピカルフルーツ
・フローラル
コーヒータイプ豆・粉
鮮度

第3位. 名古屋の有名実業家が愛したコーヒーをモダンに再現「爲三郎珈琲 クラシックモカ」

第3位. 名古屋の有名実業家が愛したコーヒーをモダンに再現「爲三郎珈琲 クラシックモカ」
出典:https://www.furukawa-museum.or.jp/archives/23840

名古屋にある古川美術館の爲三郎記念館 のオリジナル商品「爲三郎珈琲 クラシックモカ」です。

103歳まで現役で過ごされた初代館長・古川爲三郎氏が愛飲していた昭和のモカを、エチオピアゲイシャを使ってモダンに再現しています。

ラボカフェと同じ、名古屋の共和コーヒーの焙煎技術により、フルーティーな甘味と酸味が楽しめる美味しいコーヒーに仕上がっています。

そのままブラックで、エチオピアゲイシャ特有の甘味と爽やかな酸味を楽しむのがおすすめです

爲三郎記念館には、数寄屋 de caféが併設されており、素敵な庭園と美術品を眺めながら淹れたての抹茶や和菓子、高級アイスクリームも楽します。

爲三郎珈琲 クラシックモカ
甘味
90
酸味
80
苦味
40
コク
50
香り
80

商品詳細

商品名古川美術館 爲三郎珈琲
内容量1袋
5袋
10袋
価格1袋¥250
5袋¥1,100
10袋¥2,400
産地エチオピア
焙煎度ミディアムロースト
ブレンドorストレートストレート
フレーバーの種類・シトラス
・フローラル
コーヒータイプドリップバッグ
鮮度

第4位. 果実感たっぷりの明るい酸味と絶妙な甘さ「ラボカフェ コロンビア・ナリーニョ・スプレモ」

ナリーニョ州産のコロンビアコーヒーは、地域特有の気候と肥沃な火山性土壌で栽培され、熟成過程で実の密度を高め、その結果、比類なき風味と豊かな香りが生み出されます。

厳しい山々の中で育つこのコーヒーは、昼夜の温度差が大きい特殊な環境で熟していくため、味も香りも濃厚です。

厳選された上質なコーヒー豆を「スプレモ」と称し、高地で収穫されたこれらの豆は、清潔な水を使い、適切な条件下で伝統的な製法を意識し、繊細な味わいを持つスペシャルティコーヒーへと仕上げられます。

スプレモは超高品質

ラボカフェ

ナリーニョ地方のコーヒー農園は、1300メートルから2200メートルという高さに位置し、火山の栄養豊富な土壌がコーヒーに最適な環境を提供しています。

スプレモはその高品質で知られ、手間を惜しまず栽培される小規模農家の努力により、機械化されていない水洗工程を含む伝統的な方法で生産されます。

生豆は、芳しい香り、強い酸味と深みのあるコクを兼ね備え、そのリッチな余韻も高く評価されています。

ラボカフェ コロンビア・ナリーニョ・スプレモ
甘味
80
酸味
80
苦味
80
コク
90
香り
90

商品詳細

商品名ラボカフェ コロンビア・ナリーニョ・スプレモ
内容量100g〜
価格¥¥1,100〜
産地コロンビア
焙煎度ハイロースト
ブレンドorストレートストレート
フレーバーの種類リンゴ
コーヒータイプ豆・粉
鮮度

\ 一定以上のご購入でお買い得 /

第5位. モカ特有の果実感とフローラルな華やかさ「銀河コーヒー ゲイシャ モカG1」

銀河コーヒー ゲイシャ モカG
出典:Amazon

エチオピア産コーヒーのフルーティーな味わいに加え、フローラルな香りを持った華やかな印象のコーヒーです。

しっかりとした果実感、クリアな甘みにほどよい酸味が感じられ、全体的に上品な味わいが魅力です。

オレンジを思わせる柑橘系の香りも感じられ、爽やかで軽やかな風味が楽しめるでしょう。

銀河コーヒー ゲイシャ モカG1
甘味
42
酸味
74
苦味
46
コク
45
香り
68

商品詳細

商品名銀河コーヒー ゲイシャ モカG1
内容量150g
価格¥1,880
産地エチオピア
焙煎度シティロースト
ブレンドorストレートストレート
フレーバーの種類・オレンジ
・フローラル
コーヒータイプ豆・粉
鮮度

第6位. ベリー系の甘く爽やかな果実感が魅力「ブルーボトルコーヒー ベラ・ドノヴァン」

ブルーボトルコーヒー ベラ・ドノヴァン
出典:Rakuten

華やかな風味が特徴のエチオピア産コーヒー豆をベースに、ペルー産、インドネシア産などの豆をバランスよく配合したブレンドです。

ブルーボトルコーヒーの中でも大人気の定番銘柄。

ベリー系のほどよい酸味とキャラメルのような香ばしい甘みが感じられ、爽やかなフレーバーティーを思わせる味わいが魅力です。

他では味わえない個性的な風味を持ったコーヒーです。

ブルーボトルコーヒー ベラ・ドノヴァン
甘味
60
酸味
55
苦味
60
コク
75
香り
70

商品詳細

商品名ブルーボトルコーヒー ベラ・ドノヴァン
内容量200g
価格¥1.924
産地エチオピア、ペルー、コロンビア
焙煎度バランス(中煎り)
ブレンドorストレートブレンド
フレーバーの種類・ラズベリー
・チョコレート
コーヒータイプ
鮮度

第7位. スーパーで手軽に購入するのにおすすめ「小川珈琲 有機珈琲 フェアトレードモカブレンド」

小川珈琲 有機珈琲 フェアトレードモカブレンド
出典:Amazon

フルーティーなコーヒーを手軽に味わいたいのであれば、スーパーやドラッグストアなどでも販売されている小川珈琲の有機モカがおすすめです。

シトラス系のフルーティーフレーバーで、ほどよい苦味とエチオピア豆特有の酸味が味わえます。

グアテマラ産もブレンドされているため、爽やかさと上品さがあり、どなたでも飲みやすいコーヒーでしょう。

小川珈琲 有機珈琲 フェアトレードモカブレンド
甘味
60
酸味
55
苦味
60
コク
75
香り
70

商品詳細

商品名小川珈琲 有機珈琲 フェアトレードモカブレンド
内容量160g×3袋
価格¥2,045
産地エチオピア、グアテマラ
焙煎度中煎り
ブレンドorストレートブレンド
フレーバーの種類フルーティー
コーヒータイプ
鮮度

第8位. フルーティーな酸味と甘みが味わえる「ROKUMEI COFFEE エチオピア シダモ グジ シャキッソ ナチュラル」

エチオピア イルガチェフェ コンガ ウォッシュド

ロクメイの焙煎士さんも惚れ込んだこちらのコーヒーは、明るくフルーティーな甘い香りが魅力的なエチオピア産コーヒー。

トロピカルフルーツやラズベリーのような華やかなフレーバーに、ミルクチョコレートのようなクリーミーな質感を堪能できます。

どなたにも愛される人気のコーヒーは、フルーティーなコーヒーの入門としても楽しめるでしょう。

ROKUMEI COFFEE エチオピア シダモ グジ シャキッソ ナチュラル
甘味
100
酸味
80
苦味
40
コク
50
香り
80

商品詳細

商品名ROKUMEI COFFEE エチオピア シダモ グジ シャキッソ ナチュラル
内容量100g〜
価格¥1,200〜
産地エチオピア
焙煎度浅煎り
ブレンドorストレートストレート
フレーバーの種類・ラズベリー
・トロピカルフルーツ
コーヒータイプ豆・粉
鮮度

第9位. 名門エスメラルダ農園の極上の甘みが楽しめる「サザコーヒー パナマゲイシャ エスメラルダ マリオ」

第9位. 名門エスメラルダ農園の極上の甘みが楽しめる「サザコーヒー パナマゲイシャ エスメラルダ マリオ」
出典:https://saza.coffee/i/104332

知る人ぞ知るエスメラルダ農園の特別なエリア、マリオ地区で栽培されたゲイシャです。

コーヒー品評会で数々の入賞経験を持ち、ゲイシャコーヒーの美味しさを再発見したエスメラルダ農園のこちらのコーヒーは、ピーチを思わせる甘さとジャスミンのような爽やかな香りが魅力的。

エレガントな印象を持つフルーティーなコーヒーです。

サザコーヒー パナマゲイシャ エスメラルダ マリオ
甘味
60
酸味
55
苦味
60
コク
75
香り
70

商品詳細

商品名サザコーヒー パナマゲイシャ エスメラルダ マリオ
内容量100g
価格¥5,000(通常価格¥9,000)
産地パナマ
焙煎度シティロースト
ブレンドorストレートストレート
フレーバーの種類・ピーチ
・フローラル
コーヒータイプ
鮮度

第10位. 良質なプレミアムコーヒー「神戸ファクトリーナコーヒー ロイヤル キリマンジャロ」

第10位. 軽い酸味が味わえる「神戸ファクトリーナコーヒー ロイヤル キリマンジャロ」
出典:Amazon

もともと酸味を特徴とするキリマンジャロですが、シティーローストで焼き上げることで、やさしい酸味を持った飲みやすい味わいに仕上がっています。

酸味と苦味のバランスが絶妙で、上品な香りが魅力的。

軽めの味わいで、冷めてくると柑橘のような酸味が感じられます。

トップクラスグレードAAの大粒の豆を使った良質なプレミアムコーヒーです。

神戸ファクトリーナコーヒー ロイヤル キリマンジャロ
甘味
60
酸味
55
苦味
60
コク
75
香り
70

商品詳細

商品名神戸ファクトリーナコーヒー ロイヤル キリマンジャロ
内容量130g×2袋
価格¥¥1,985
産地タンザニア
焙煎度シティロースト
ブレンドorストレートストレート
フレーバーの種類シトラス
コーヒータイプ
鮮度

第11位. カシスのような酸味が魅力「自家焙煎かかし珈琲 ケニア マサイAA」

自家焙煎かかし珈琲 ケニア マサイAA」
出典:Amazon


受注焙煎と丁寧な2度のハンドピックにより、高品質で新鮮な味わいを楽しめる「かかし珈琲」のケニア産コーヒーです。

トップグレードの良質なマサイAAを使っており、フルーティーでありながらどこかスパイシーな香りを堪能できます

カシスを思わせるキレのある酸味と甘味、どっしりとしたコクと苦味も感じられ、力強い印象のあるコーヒーでしょう。

自家焙煎かかし珈琲 ケニア マサイAA
甘味
70
酸味
60
苦味
75
コク
77
香り
80

商品詳細

商品名自家焙煎かかし珈琲 ケニア マサイAA
内容量300g
価格¥2,170
産地ケニア
焙煎度深煎り
ブレンドorストレートストレート
フレーバーの種類・カシス
・スパイス
コーヒータイプ豆・粉
鮮度

第12位. 南国の明るい酸味が楽しめる「UCC 珈琲探求 ハワイコナブレンド」

第12位. 南国の明るい酸味が楽しめる「UCC 珈琲探求 ハワイコナブレンド」
出典:Rakuten

希少なコーヒーとして知られるハワイコナを使ったブレンドコーヒーです。

珈琲探求シリーズは、UCCのコーヒー鑑定士が世界の産地から厳選した豆を使い、こだわりの製法で作られています。

さっぱりとしたフルーティー感に明るい酸味が特徴で、軽やかな飲み口が楽しめるでしょう。

ハワイコナにブラジル豆がブレンドされており、デイリーに飲める親しみやすさも持ち合わせています。

UCC 珈琲探求 ハワイコナブレンド
甘味
50
酸味
70
苦味
40
コク
40
香り
65

商品詳細

商品名UCC 珈琲探求 ハワイコナブレンド
内容量200g
価格¥2,957
産地ハワイ、ブラジル
焙煎度
ブレンドorストレートブレンド
フレーバーの種類フルーティー
コーヒータイプ
鮮度

第13位. 豊かな自然に育まれたフルーティーなコーヒー「成城石井 キリマンジャロ エーデルワイス」

第13位. 豊かな自然に育まれたフルーティーなコーヒー「成城石井 キリマンジャロ エーデルワイス」
出典:Amazon

標高の高さを誇るタンザニアキリマンジャロ山の麓にあるエーデルワイス農園で栽培されたコーヒーです。

浅煎り焙煎により、豆本来が持っている魅力がしっかりと引き出されています。

キリマンジャロ特有のフルーティーさと爽やかさに加え、しっかりしたコクも感じられるコーヒーです。

成城石井 キリマンジャロ エーデルワイス
甘味
59
酸味
70
苦味
38
コク
68
香り
60

商品詳細

商品名成城石井 キリマンジャロ エーデルワイス
内容量200g
価格¥1,069
産地タンザニア
焙煎度シナモンロースト
ブレンドorストレートストレート
フレーバーの種類フルーティー
コーヒータイプ
鮮度

フルーティーなコーヒーの美味しい淹れ方

フルーティーなコーヒーの美味しい淹れ方

コーヒーのフルーティーな味わいを楽しむためには、苦味やコクの成分が抽出されるのを抑えることがポイントです。

ドリップコーヒーで美味しく淹れるコツは次の2点です。

  • 豆の挽き具合は粗挽き
  • やや低めの温度のお湯

豆をほどよく粗めに挽いて、やや低めの温度のお湯を使って淹れましょう。

そうすることで、すっきりとクリアな飲み口が味わえ、豆本来の風味を損なわずにフルーティーなフレーバーを美味しく楽しむことができます。

フルーティーなコーヒーに関するよくある質問

ここではフルーティーなコーヒーに関するよくある質問とその回答を紹介します。

コーヒーのシトラスの香りとは?

「シトラスの香り」とは、柑橘系のフレーバーを指します。

これは主にオレンジ、レモン、グレープフルーツ、ライムなどの柑橘類の味わいや香りを表します。

主に、アフリカや中南米の一部のコーヒー豆、特にエチオピアやケニア、コスタリカ、コロンビア産の豆に多く見られます。

コーヒーの抽出温度、挽き方、水質などの要素によって、シトラスの香りも大きく影響を受けます。

また、コーヒー豆の焙煎度によっても香りは変わり、通常、深煎りほどフレーバーは弱まります。

「シトラスの香り」を持つコーヒーは、酸味が特徴的でフルーツ感があり、爽やかでフレッシュな風味を楽しむことができます。

余韻にはスパイシーさを持つこともあり、複雑な味わいを楽しむことができます。

コーヒーの果実味とは何ですか?

「コーヒーの果実味」とは、コーヒーの風味に果物の特性が含まれていることを指します。

これはさまざまな種類の果物の風味を含めることができ、例えばベリー類の酸味や甘味、柑橘系の酸味や香り、ストーンフルーツのような甘さや複雑さなどを指すことがあります。

コーヒーが果実の風味を持つ理由は、コーヒー豆自体がコーヒーチェリーという果実の種であるためです。

コーヒーの栽培地、種類(アラビカ種やロブスタ種)、生産者の処理方法(ナチュラル、ウォッシュド等)、焙煎の度合いなどによって、コーヒー豆にはさまざまな風味が出てきます。

また、適切な抽出方法を用いると、これらの果実風味のうちのいくつか、またはすべてを感じることができます。

そのため、バリスタ(コーヒー専門家)はしばしば「果実味が特徴的な」コーヒーや「特定の果実の風味が感じられる」コーヒーをおすすめします。

例えば、エチオピアやケニア産のコーヒーはしばしばベリー系の風味が特徴的です。

ただし、コーヒーに果実味があるからと言ってコーヒーが甘いというわけではありません。

あくまでも、風味や香りの一部として果物の特性が感じられるだけで、砂糖を加えない限りコーヒーは基本的に苦い飲み物です。

フルーティーなコーヒーでより充実したリフレッシュタイムを!

フルーティーなコーヒーでより充実したリフレッシュタイムを!

いかがでしたか?

フルーティーで美味しいコーヒーの魅力や選び方、おすすめのコーヒー豆・粉を13選紹介しました。

本記事の大切なことをまとめると次のとおりです。

この記事のまとめ
  • フルーティーな風味の美味しいコーヒーを選ぶときは6つのポイントをチェック
  • おすすめのコーヒーは「ラボカフェ フルーティーブレンド」や「土居珈琲 エチオピア イルガチェフェ」など
  • フルーティーなコーヒーを美味しく淹れるには、苦味やコクの成分が抽出されるのを抑えることがポイント

フルーティーなコーヒーは、みずみずしい爽やかさが楽しめ、コーヒーの苦味や深みが苦手な方や、あっさりとしたアメリカンコーヒーを好む方にもおすすめできる味わいです。

濃厚なコーヒーを好む方も、朝の目覚めの時間帯や、食後にすっきりしたい時など、フルーティーで軽やかな飲み口は爽快な気分にさせてくれるでしょう。

ぜひ本記事を参考に、お気に入りのフルーティーな味わいを見つけてみてください!

フルーティーなコーヒーの魅力

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

江國 杏のアバター 江國 杏 コーヒー豆研究所 公式ライター/ヤマハ音楽教育システム講師/編曲家

音楽とコーヒーを愛する、鍵盤弾きライター。作編曲も手掛けます。音をまとめることと、文章をまとめることは通じるものがあります。聴いてくださる人、読んでくださる人に、なにか伝わるものがあれば嬉しく思います。

コメント

コメントする

タップできる目次