メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

【決定版】ブルーマウンテンコーヒー豆のおすすめ人気ランキング14選!

ブルーマウンテンコーヒー豆のおすすめが知りたい

高級と言われるブルーマウンテンについて知りたい

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

世界三大コーヒーとして知られるブルーマウンテンコーヒーは、日本でも高級コーヒーとして有名です。

そんなブルーマウンテンコーヒーの特徴や歴史、栽培環境について解説しつつ、おすすめのブルーマウンテンコーヒーを人気ランキング形式で紹介します!

この記事の結論
  • ブルーマウンテンコーヒーとは、ジャマイカで生産されるコーヒー豆の中でも、東部にあるブルーマウンテン山脈の定められた高度(800〜1,200m)エリアで栽培されたもののみを指す
  • ブルーマウンテンコーヒーの選び方は5つ
  • ブルーマウンテンコーヒーのおすすめは「土居珈琲 メイビスバンクセレクト」など
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
柏倉元太

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう!

タップできる目次

ブルーマウンテン産コーヒーとは?

ブルーマウンテン産コーヒーとは?

ブルーマウンテンコーヒーとは、ジャマイカで生産されるコーヒー豆の中でも、東部にあるブルーマウンテン山脈の定められた高度(800〜1,200m)・エリアで栽培されたもののみを指します。

このエリア以外で生産されたコーヒーは”ノン・ブルーマウンテン”と呼ばれています。

このブルーマウンテンブランドは、ジャマイカ政府農業省JACRA(Jamaica Agricultural Commodities Regulatory Authority)が厳正に管理しており、味やアロマ、サイズといった規格および品質が保証されているんです。

ブルーマウンテンコーヒーは、スクリーンサイズや欠点数などで厳しい格付けがされており、一番品質の良い等級のものを「ブルーマウンテンNo.1」と言います。

以下「No.2」「No.3」と続き、これに「ピーベリー」を加えた投球のものがプレミアム品として輸出されています。

ブルーマウンテン産コーヒーが高い理由

ブルーマウンテン産コーヒーが高い理由

高級コーヒーの代名詞でもあるブルーマウンテンコーヒーはなぜそんなに高価なのでしょうか?

ジャマイカ東部の山岳地帯でしか生産されないブルーマウンテンコーヒーは、過酷な環境であること、傾斜がきついことから機械が入れず手作業で全ての工程を行なっていることなどから、非常に生産量が少ないのです。

その上、前述した厳しい格付けがあることにより、さらに希少なものとなり、高額で取引されているのです。

そんな高価なブルーマウンテンコーヒーは、「コーヒーの王様」とも称されています。

味わいの特徴としては、卓越したバランスの良さ。

甘く華やかな香り、明るい酸味を持ちながらもコーヒーらしい苦味とコクを持ち合わせており、是非ともブラックで味わいたい美味しさです。

1月9日はジャマイカブルーマウンテンコーヒーの日

2019年、日本記念日協会によって、1月9日が日本における「ジャマイカブルーマウンテンコーヒーの日」と制定されました。

日本は50年以上に渡りブルーマウンテンコーヒーの最大輸入国であり、現在でも生産量の70%以上が日本国内で消費されています。

厳しい栽培環境と品質管理を乗り越えて出荷されることから、「勝ち豆」と称されて1月9日を「大切な人の”勝ち”を願ってブルーマウンテンコーヒーを贈る日」にしようと提唱されていくそう。

柏倉元太

今後のブルーマウンテンコーヒーの盛り上がりが楽しみですね!

ブルーマウンテン産コーヒー豆の選び方

ブルーマウンテン産コーヒー豆の選び方

非常に高価かつ優れた味わいを持つブルーマウンテンコーヒー。せっかくならしっかり選んだ上で購入したいですよね!

ここからはそんなブルーマウンテンコーヒーの選び方について解説していきます!

ブルーマウンテン産コーヒー豆の選び方
  • ストレートかブレンドかで選ぶ
  • ピーベリのーのブルーマウンテンコーヒー
  • 焙煎度合いで選ぶ
  • 鮮度で選ぶ
  • 商品タイプで選ぶ

ストレートかブレンドかで選ぶ

ブルーマウンテンコーヒーの魅力を存分に味わうためには、ストレートのものを選ぶのがおすすめ。

とても高価にはなってしまいますが、価格に見合った味わいを楽しめます。

近年ではストレートの中にも、さらに農園を指定されたシングルオリジンと呼ばれるものもあり、農園ごとの味わいの違いなどを比べることもできるようになりました。

もう少し気軽にブルーマウンテンコーヒーを楽しみたい、という方におすすめなのはブレンドのブルーマウンテンコーヒー。

内容量の30%以上にブルーマウンテンが使用されていればブルーマウンテンブレンドと名乗ることができるため、ストレートのものとは味わいが大きく変わりますが、ブルーマウンテンコーヒーの雰囲気を感じることができます。

また、ブレンドコーヒー自体が多くの方に飲みやすい味わいにされているため、初心者の方にもおすすめです。

ピーベリーのブルーマウンテンコーヒー

ピーベリーの味

希少な存在として知られるピーベリー。

ピーベリーは丸豆とも呼ばれ、一般的な混入率は5〜10%と、非常に珍しい規格です。

わずかではありますがブルーマウンテンのピーベリーも販売されています。

通常のブルーマウンテンコーヒーよりもさらに希少なため、より高額にはなりますが、見つけたら一度は試してみたいコーヒーです。

焙煎度合いで選ぶ

コーヒー豆 焙煎度合い
※焙煎(ロースト)8段階

ブルーマウンテンコーヒーの焙煎度は、中浅煎り〜中煎りのものが多いです。

ブルーマウンテンコーヒーの特徴である甘い香りやバランスの取れた味わいを活かす焙煎度となっています。

各焙煎度による違いは一般的に以下の通り。

焙煎レベル
浅煎り:ライトロースト・シナモンロースト

ライトローストとシナモンローストは、浅煎りの焙煎度合いになります。

黄色から茶色へと変化する程度の焙煎度合いです。

コーヒーの風味はかなり弱い状態。

焙煎レベル
中煎り:ミディアム・ハイロースト

中煎りはミディアムローストとハイローストです。

この状態では茶褐色とまだ色は薄いものの、軽やかな風味を楽しめます。

特にハイローストは深煎りに近いため、コクと若干の苦味がありながら飲みやすいのが特徴です。

焙煎レベル
深煎り:シティ〜イタリアンロースト
  1. シティロースト
  2. フルシティロースト
  3. フレンチロースト
  4. イタリアンロースト

以上の順番で焙煎度合いは増していきます。

シティローストは最も人気な焙煎度合い。

苦みやコク、甘みのバランスが丁度よいのが特徴で、カフェで提供されるコーヒーもシティローストが多いです。

イタリアンローストになると、コーヒー豆の見た目はほぼ真っ黒です。

味もかなり濃く、味わいも濃厚になります。 

焙煎度にも注目して選んでみると好みの味わいが見つかりやすいですよ!

鮮度で選ぶ

鮮度で選ぶ

ブルーマウンテンに限らず、コーヒー豆の鮮度は味わいに大きく影響をもたらします。

焙煎されたコーヒー豆は生鮮食品であり、袋を開封したた直後から空気に触れ劣化(酸化)が進んでいきます。

高級かつ希少なブルーマウンテンですので、可能であれば豆の状態かつ焙煎された日がわかるものだと安心です。

せっかくの貴重なブルーマウンテンを、鮮度にまでこだわって楽しんでみてはいかがでしょうか。

商品タイプで選ぶ

コーヒーには様々な商品タイプがあり、用途別に選べるようになっています。

ここでは主な3つの商品タイプを紹介していきます。

レギュラーコーヒー

コーヒー豆
コーヒー豆

コーヒーを豆や粉の状態で購入できるタイプ。

自家焙煎のお店やコーヒー豆専門店などが販売していることが多く、鮮度が鮮度が良く産地の個性を活かした多様な味わいを楽しむことができます。

ブルーマウンテンコーヒーのような特徴的な味わいを楽しむにはレギュラーコーヒーがおすすめです。

コーヒー豆
コーヒー粉
  • 新鮮で美味しい
  • 結果的に経済的にコーヒーを味わえる
  • 時短で忙しい人におすすめ
  • ミルなどの道具を用意しなくて済む

ドリップバッグコーヒー

ドリップバッグ
ドリップバッグ

コーヒー1杯分を手軽に楽しめるドリップバッグ。

スーパーなどでも有名メーカーのものが販売されており、味わいは比較的バランスの取れたものが多いです。

1つずつの個包装になっているため、レギュターコーヒーに比べ長い期間味わいの変化なく楽しめます。

インスタントコーヒー

インスタントコーヒー
インスタントコーヒー

お湯に溶かしてすぐ飲むことのできるインスタントコーヒー。

ほとんどの商品がブレンドコーヒーのため、比較的飲みやすいタイプが多いですが、コーヒー豆の個性を楽しむには少し物足りなく感じるかもしれません。

【徹底比較】ブルーマウンテンコーヒー豆のおすすめ人気ランキング13選!通販でも買える

先述した選び方をもとに、おすすめのブルーマウンテンコーヒーを選びました。今回紹介する商品一覧はこちら。

スクロールできます
順位商品名商品タイプタイプ焙煎度
 1位土井珈琲 メイビスバンクセレクトレギュラーコーヒーシングルオリジン中煎り
2位ヒロコーヒー ブルーマウンテンNo,1レギュラーコーヒーストレート中浅煎り
3位ミカフェート ブルーマウンテンコールドスプリングレギュラーコーヒーシングルオリジン中浅煎り
4位辻本珈琲 ブルーマウンテンブレンドレギュラーコーヒーブレンド中深煎り
5位BEARS COFFEE ブルーマウンテンNo,1レギュラーコーヒーストレート中煎り
6位珠屋小林珈琲 ブルーマウンテンNo.1ブレンドレギュラーコーヒーブレンド中浅煎り
7位小川珈琲 ブルーマウンテンブレンド ドリップコーヒードリップバッグコーヒーブレンド中浅煎り
8位ドトールコーヒー ブルーマウンテンブレンドレギュラーコーヒーブレンド中煎り
9位澤井珈琲 ブルーマウンテンブレンドレギュラーコーヒーブレンド中浅煎り
10位UCC 珈琲探究 ブルーマウンテンブレンドインスタントコーヒブレンド中浅煎り
11位DRIP COFFEE FACTORY ブルーマウンテンブレンドレギュラーコーヒーブレンド中浅煎り
12位辻本珈琲 ブルーマウンテンブレンドドリップバッグブレンド中煎り
13位珈琲問屋 ブルーマウンテンピーベリーレギュラーコーヒーストレート中浅煎り
詳しい調査・検証内容
検証項目

コーヒー豆研究所では、コーヒーの美味しさを以下の5つと定義し、各商品をレビュー・判断(スコアリング)しています。

  1. 苦味
  2. 酸味
  3. コク
  4. 香り
  5. 甘み

また以上の美味しさを決める要因として、以下の2つの要素も非常に重要なため、検証項目としてあります。

  1. 欠点豆の割合
  2. コーヒー豆の新鮮さ

より詳細な商品レビューポリシーは、下記のページに記載しているのでご参照ください。

検証器具

今回使用したコーヒー器具は全自動コーヒーマシンとして人気の「panasonic nc-a57」。

コーヒー豆を約20g(2カップ分)使い、リッチモードでホットコーヒーのマグカップ1杯分(134ml)を抽出しました。

味のレビューにおける公平性を保つために抽出方法は基本的に統一しています。

それでは1つずつ見ていきましょう!

第1位. ブルーマウンテンの中でも最高品質「土居珈琲 メイビスバンクセレクト」

土居珈琲 ブルーマウンテンメイビスバンクセレクト
出典:公式サイト

土居珈琲が取り扱っているのは、ブルーマウンテンコーヒーの中でも最高品質を誇る「メイビスバンクコーヒーファクトリー社」が作り出したもの。

最高級かつ本物のブルーマウンテンコーヒーを楽しむことができます。

記念日などの特別な日におすすめです。

土居珈琲 メイビスバンクセレクト
甘味
78
苦味
46
酸味
60
コク
55
香り
88
商品名ブルーマウンテンNo.1 メイビスバンクセレクト
メーカー名土居珈琲
内容量100g
商品タイプレギュラーコーヒー
タイプシングルオリジン
焙煎度中浅煎り(ミディアムロースト)

第2位. 酸味と甘味の絶妙なバランス「ヒロコーヒー ブルーマウンテンNo.1」

ヒロコーヒー ブルーマウンテンNo.1
出典:公式サイト

スペシャルティコーヒー専門店のヒロコーヒーでは、焙煎度によりこだわったブルーマウンテンコーヒーを楽しめます。

中浅煎りの中でも、ナッツを噛んだような甘味、シトラスやオレンジピールのような後味を楽しめる絶妙な焙煎度合いに設定されており、非常に上品な味わいです。

ヒロコーヒー ブルーマウンテンNo.1
甘味
90
苦味
36
酸味
63
コク
58
香り
88
商品名ブルーマウンテンNo.1
メーカー名ヒロコーヒー
内容量200g
商品タイプレギュラーコーヒー
タイプストレート
焙煎度中浅煎り(ミディアムロースト)

第3位. キャラメルのような甘味「ミカフェート ブルーマウンテンコールドスプリング」

ミカフェート ブルーマウンテンコールドスプリング
出典:公式サイト

ミカフェートからしか購入できない、コールドスプリング地区のブルーマウンテンコーヒーです。

やわらかな口当たり、キャラメルのような甘味など、非常に上質な味わいを楽しむことができます。

ブルーマウンテン コールドスプリング
甘味
78
苦味
45
酸味
77
コク
43
香り
88
商品名ブルーマウンテン コールドスプリング
メーカー名ミカフェート
内容量160g
商品タイプレギュラーコーヒー
タイプシングルオリジン
焙煎度中浅煎り(ミディアムロースト)

第4位. 最高級品を手軽に試せる「辻本珈琲 ブルーマウンテンブレンド」

辻本珈琲 ブルーマウンテンブレンド
出典:楽天市場

ブルーマウンテンコーヒーを気軽に楽しめるブレンド。

その中でもおすすめしたいのが辻本珈琲のブルーマウンテンブレンドです。

ブレンドにコロンビアやマンデリンを使用しており、バランづが取れて飲みやすいながらもしっかりとブルーマウンテンの特徴を感じることができます。

辻本珈琲 ブルーマウンテンブレンド
甘味
58
苦味
70
酸味
67
コク
79
香り
65
商品名ブルーマウンテンブレンド
メーカー名辻本珈琲
内容量200g
商品タイプレギュラーコーヒー
タイプブレンド
焙煎度中深煎り(シティロースト)

第5位. まろやかな甘味の残る後味「BEARS COFFEE ブルーマウンテンNo.1」

bears coffee コーヒー豆ブルーマウンテンNO.1
出典:楽天市場

最高級品であるブルーマウンテンNo.1を、比較的お得に購入できるBEARS COFFEE。

初めてブルーマウンテンコーヒーを購入する方にもおすすめです。

BEARS COFFEE ブルーマウンテンNo.1
甘味
68
苦味
57
酸味
75
コク
60
香り
68
商品名ブルーマウンテンNo.1
メーカー名BEARS COFFEE
内容量200g
商品タイプレギュラーコーヒー
タイプストレート
焙煎度中煎り(ハイロースト)

第6位. 宮内庁御用達「珠屋小林珈琲 ブルーマウンテンNo.1ブレンド」

珠屋小林珈琲 ブルーマウンテンNo.1ブレンド
出典:公式サイト

宮内庁にコーヒー豆を納入している珠屋小林珈琲の、贅沢なブルーマウンテンブレンド。

ブルーマウンテンコーヒーの特徴を引き出すブレンドバランスで、非常に飲みやすい味わいとなっています。

珠屋小林珈琲 ブルーマウンテンNo.1ブレンド
甘味
60
苦味
54
酸味
71
コク
55
香り
73
商品名ブルーマウンテンNo.1ブレンド
メーカー名珠屋小林珈琲
内容量200g
商品タイプレギュラーコーヒー
タイプブレンド
焙煎度中浅煎り(ミディアムロースト)

第7位. ドリップバッグで気軽に「小川珈琲 ブルーマウンテンブレンド ドリップコーヒー」

小川珈琲 ブルーマウンテンブレンド ドリップコーヒー
出典:公式サイト

4つの国のコーヒー豆をブレンドし、飲みやすい味わいを作りながらもしっかりとブルーマウンテンの風味を楽しめる、小川珈琲のブルーマウンテンブレンド。

ドリップバッグタイプということもあり気軽に楽しむことができます。

小川珈琲 ブルーマウンテンブレンド ドリップバッグ
甘味
52
苦味
57
酸味
67
コク
73
香り
55
商品名ブルーマウンテンブレンド ドリップバッグ
メーカー名小川珈琲
内容量5杯分×2袋
商品タイプドリップバッグコーヒー
タイプブレンド
焙煎度中浅煎り(ミディアムロースト)

第8位. 上品でバランス良い味わい「ドトールコーヒー ブルーマウンテンブレンド」

ドトールコーヒー ブルーマウンテンブレンド
出典:公式サイト

ブルーマウンテンをメインにブレンドした上品でバランスの取れた、ドトールコーヒーのブルーマウンテンブレンド。

焼き栗のような香ばしさと、ホワイトチョコのようなすっきりとした甘味が楽しめます。

ドトールコーヒー ブルーマウンテンブレンド
甘味
46
苦味
56
酸味
63
コク
58
香り
62
商品名ブルーマウンテンブレンド
メーカー名ドトールコーヒー
内容量200g
商品タイプレギュラーコーヒー
タイプブレンド
焙煎度中浅煎り(ミディアムロースト)
あわせて読みたい
ドトールのドリップコーヒーは美味しい?まずい?おすすめ商品も紹介 ドトールのおすすめドリップコーヒーは何? 商品の違いは? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 日本で大人気のコーヒーチェーン「ドトールコーヒー」。 その...

第9位. 木箱入りでギフトにもぴったり「澤井珈琲 ブルーマウンテンブレンド」

澤井珈琲 ブルーマウンテンブレンド
出典:楽天市場

ブルーマウンテンといえば木樽をイメージされる方もいるでしょう。

澤井珈琲のブルーマウンテンギフトでは、かわいいミニチュアの木樽に入ったブルーマウンテンコーヒーが購入できます。

プレゼントなどにもぴったりです。

澤井珈琲 ブルーマウンテンブレンド
甘味
52
苦味
57
酸味
67
コク
73
香り
55
商品名ブルーマウンテンブレンド2樽ギフトセット
メーカー名澤井珈琲
内容量160g×2袋
商品タイプレギュラーコーヒー
タイプブレンド
焙煎度中浅煎り(ミディアムロースト)

第10位. インスタントで気軽に「UCC 珈琲探究 ブルーマウンテンブレンド」

UCC 珈琲探究 ブルーマウンテンブレンド インスタントコーヒー
出典:楽天市場

インスタントコーヒーとしては高価ではありますが、ブルーマウンテンコーヒーらしい味わいをしっかりと感じられるコーヒーです。

いつもと違う味わいを楽しみたい時などにおすすめ。

UCC 珈琲探究 ブルーマウンテンブレンド
甘味
42
苦味
45
酸味
58
コク
48
香り
60
商品名珈琲探究 ブルーマウンテンブレンド
メーカー名UCC
内容量45g
商品タイプインスタントコーヒー
タイプブレンド
焙煎度中浅煎り(ミディアムロースト)

第11位. 大容量でお得に「DRIP COFFEE FACTORY ブルーマウンテンブレンド」

DRIP COFFEE FACTORY ブルーマウンテンブレンド
出典:楽天市場

高品質のコーヒー豆を大容量で購入ができるDRIP COFFEE FACTORY。

こちらではブルーマウンテンブレンドが非常にお得に購入できます。

優しいレモンティーのような透明感のある味わいが特徴です。

DRIP COFFEE FACTORY ブルーマウンテンブレンド
甘味
52
苦味
47
酸味
56
コク
45
香り
60
商品名ブルーマウンテンブレンド
メーカー名DRIP COFFEE FACTORY
内容量1kg
商品タイプレギュラーコーヒー
タイプブレンド
焙煎度中浅煎り(ミディアムロースト)
あわせて読みたい
ドリップコーヒーファクトリーの口コミ・評価は?おすすめ商品も紹介 ドリップコーヒーファクトリーはどんなコーヒー? ドリップコーヒーファクトリーの人気商品は? このような疑問にお答えしていきます。 ドリップコーヒーファクトリーの...

第12位. マイルドな味わいをドリップバッグで「辻本珈琲 ブルーマウンテンブレンド」

辻本珈琲 ブルーマウンテンブレンド ドリップバッグ
出典:楽天市場

ブルーマウンテンコーヒーをメインに、コロンビアやインドネシアのコーヒーをブレンドし、マイルドな味わいに仕上げたドリップバッグコーヒーです。

やわらかな酸味と甘味が程よく調和し、ブルーマウンテンコーヒーの味わいを引き出しています。

辻本珈琲 グルメドリップコーヒー ブルーマウンテンブレンド
甘味
49
苦味
37
酸味
58
コク
60
香り
55
商品名グルメドリップコーヒー ブルーマウンテンブレンド
メーカー名辻本珈琲
内容量50杯分
商品タイプドリップバッグコーヒー
たいぷブレンド
焙煎度中煎り(シティロースト)

第13位. 希少なピーベリー「珈琲問屋 ブルーマウンテンピーベリー」

珈琲問屋 ブルーマウンテンピーベリー
出典:公式サイト

ブルーマウンテンコーヒーの中でも特に貴重なピーベリー。

中浅煎りにすることで甘味とコクのバランスがとても良く、ブルーマウンテンらしさを存分に感じられます。

珈琲問屋 ブルーマウンテンピーベリー
甘味
77
苦味
37
酸味
58
コク
63
香り
85
商品名ブルーマウンテンピーベリー
メーカー名珈琲問屋
内容量100g
商品タイプレギュラーコーヒー
タイプストレート
焙煎度中浅煎り(ミディアムロースト)
あわせて読みたい
【最新】珈琲問屋の評判・口コミは?おすすめ人気コーヒーや選び方も紹介 珈琲問屋の評判・口コミは良い? おすすめのコーヒーはあるかな? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 珈琲問屋は、評判のオンラインストアをはじめ、国内に15...

ブルーマウンテン産コーヒーのおすすめの淹れ方

ブルーマウンテン産コーヒーのおすすめの淹れ方

気に入ったブルーマウンテンコーヒーを手に入れたら、淹れ方にもこだわりたいですよね。

ここからは、ブルーマウンテンコーヒーの美味しい淹れ方を解説していきます。

香りの良さ、バランスの取れた味わいを楽しむならハンドドリップがおすすめ

ブルーマウンテンコーヒーの甘味や、苦味と酸味の絶妙なバランスを楽しむには、ハンドドリップがおすすめです!

ハンドドリップで淹れることで、雑味の少ないすっきりとした味わいとなり、ブルーマウンテンコーヒーの特徴を最大限に楽しむことができるでしょう。

ブルーマウンテン産のコーヒー豆を一度は試してみよう!

ブルーマウンテン産のコーヒー豆を一度は試してみよう!

いかがでしたか?

高級な豆の代名詞として知られるブルーマウンテンコーヒー。

今回はその特徴や選び方を踏まえて、おすすめ商品をランキング形式で紹介しました。

本記事の重要ポイントは以下の通り。

この記事の結論
  • ブルーマウンテンコーヒーは、世界的にも高級な豆の1つで、ジャマイカの特別なエリアで生産されたもの
  • その希少性やブランド性から高額で取引されており、日本が生産量の約70%を輸入している
  • ブルーマウンテンの特徴を最大限に楽しめるのは、ブルーマウンテンNo.1
  • 最もおすすめなのは、土居珈琲 ブルーマウンテンNo.1 メイビスバンクセレクト
  • ブルーマウンテンコーヒーは、ハンドドリップで入れるのがおすすめ

本記事を参考に、ブルーマウンテンコーヒーを楽しんでみてくださいね!

【決定版】ブルーマウンテンコーヒー豆のおすすめ人気ランキング14選!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

寺町 崇秀のアバター 寺町 崇秀 J.C.Q.Aコーヒーインストラクター1級取得

コーヒーの仕事に携わること8年。コーヒーを飲むことももちろん好きで、毎朝ハンドドリップ をしています。現在はコーヒー鑑定士を目指し勉強中!

コメント

コメントする

タップできる目次