メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

コーヒーが薄い理由9選!濃くする方法からおすすめ器具まで紹介

コーヒーが薄くなる理由が知りたい

コーヒーが薄くならない方法が知りたい

こういった要望にお応えします。

ドリップコーヒーを淹れたら、味の薄いコーヒーにできあがった経験はありませんか?

コーヒーが薄くなるのには理由があり、その理由によって対策も異なります。

本記事では、コーヒーが薄くなる理由と濃くする方法、おすすめ器具を紹介します。

この記事の結論
  • コーヒーが薄い理由は9つあり、理由別に濃くする方法がある
  • 薄いコーヒーを今すぐに濃くする方法は3つある
  • コーヒーを薄くしたくない人にはエスプレッソを淹れる器具がおすすめ
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
柏倉元太

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

タップできる目次

ドリップコーヒーが薄い9つの理由と濃くする方法・対策

ドリップコーヒーが薄い9つの理由と濃くする方法・対策

ドリップコーヒーを淹れて、味が薄くなってしまう理由は、以下9つの状況が考えられます。

  1. 豆の量が少ない
  2. 豆が粗挽きすぎる
  3. 浅煎りの豆を使っている
  4. お湯の温度が低い
  5. お湯の量が多い
  6. フィルターいっぱいに注いでいる
  7. 蒸らしが不十分
  8. お湯を早く注ぎすぎて抽出時間が短い
  9. ドリッパーと豆の相性が悪い

それぞれの理由について解説し、味を濃くする方法や対策を紹介します。

1. 豆の量が少ない

豆の量が少ない

コーヒー豆の量が少ないと、抽出が十分にできないため、コーヒーは薄くなります。

たとえば、同じ量のお湯で抽出する際、豆の量が10gか20gかによって、濃度が異なるのはイメージできますよね。

対策

ドリップコーヒー1杯(180cc)に必要な豆の量は、15〜20gです。

味の好みはもちろん、挽き目やドリップフィルターによっても、多少異なります。

豆の計量方法は、一般的なスケールを使用するほか、コーヒースプーンも便利でおすすめです。

コーヒースプーンのおすすめは、以下の記事をご確認ください。

あわせて読みたい
コーヒースプーンのおすすめ人気ランキング17選!おしゃれで機能性抜群 おすすめのコーヒースプーンってある?あったら教えてほしい! おしゃれで高機能なコーヒースプーンが気になる…! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 あると...
あわせて読みたい
コーヒー豆の適切な量とは?淹れる人数やカップごとの目安を完全解説 コーヒー豆の量の適切な目安が知りたいな…。 コーヒー豆の種類によっても量は変わってくるの? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること コ...

2. 豆が粗挽きすぎる

豆が粗挽きすぎる

豆の挽き具合が粗すぎると、味の薄いコーヒーになります。

粗挽きの豆は、コーヒーにお湯があたる表面積が少ないため、コーヒーの成分が上手く抽出されないのです。

対策

濃いめに抽出しやすい深煎り豆であれば、中細引き~中挽きがよいでしょう。

コーヒー専門店で豆を挽かないまま購入するなら、使用する器具に適した粗さを店員さんに相談してみましょう。

コーヒー豆の挽き目について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
コーヒー豆の粗さと挽き方の関係とは?味・風味の違いを理解しよう コーヒー豆の粗さってそもそもなに? コーヒー豆の挽き方と粗さの関係性が知りたい!味、風味は違うの? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事の結論 ...
あわせて読みたい
【簡単】濃いコーヒーを淹れる5つのポイント!おすすめの商品も紹介 濃いコーヒーを淹れる方法は何? 濃いコーヒーにおすすめが知りたい こういった疑問や要望にお答えしていきます。 好みのコーヒーの味わいは人によってまちまちです。 ...

3. 浅煎りの豆を使っている

浅煎りの豆を使っている

浅煎り豆はコクが弱く、酸味が強く出やすいため、浅煎りコーヒーを飲み慣れない方にとっては、味が薄く感じる場合があります。

浅煎り豆であれば、量を増やしたとしても味のバランスは変わらないため、濃さの変化は得にくいでしょう。

対策

コーヒー豆 焙煎度合い
※焙煎(ロースト)8段階
焙煎レベル
浅煎り:ライトロースト・シナモンロースト

ライトローストとシナモンローストは、浅煎りの焙煎度合いになります。

黄色から茶色へと変化する程度の焙煎度合いです。

コーヒーの風味はかなり弱い状態。

焙煎レベル
中煎り:ミディアム・ハイロースト

中煎りはミディアムローストとハイローストです。

この状態では茶褐色とまだ色は薄いものの、軽やかな風味を楽しめます。

特にハイローストは深煎りに近いため、コクと若干の苦味がありながら飲みやすいのが特徴です。

焙煎レベル
深煎り:シティ〜イタリアンロースト
  1. シティロースト
  2. フルシティロースト
  3. フレンチロースト
  4. イタリアンロースト

以上の順番で焙煎度合いは増していきます。

シティローストは最も人気な焙煎度合い。

苦みやコク、甘みのバランスが丁度よいのが特徴で、カフェで提供されるコーヒーもシティローストが多いです。

イタリアンローストになると、コーヒー豆の見た目はほぼ真っ黒です。

味もかなり濃く、味わいも濃厚になります。 

濃いめのコーヒーが好みであれば、深煎り豆を選択してみましょう。

深煎り豆は、コクと苦味のあって濃い味のコーヒーが抽出できます。

コーヒー豆の焙煎について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

あわせて読みたい
コーヒー豆のローストとは?段階の違いや自宅で焙煎する方法を紹介 コーヒー豆のローストってよく聞くけど実際どういう意味なの? ローストを自宅で簡単にできる方法も教えてほしい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 1杯の...

4. お湯の温度が低い

お湯の温度が低い

お湯の温度が低い場合、抽出が十分にできないため、味の薄いコーヒーになります。

焙煎度合いによって適温が異なり、浅煎り豆は90℃、深煎り豆は83℃が一般的です。

浅煎りはお湯が沸騰した直後、深煎りはいったんサーバーに移してちょっとだけ水を加えるとだいたい80℃前後になります。

お湯の温度が低いとコーヒーの成分はうまく抽出されません。またこれについて、焙煎度別でお湯の温度を検討してみると良いでしょう。

対策

ドリップで使用するお湯は、しっかりと沸騰させた後、ドリップポットに移します。

ポットに移してから1〜2分ほど待つと、だいたい90℃くらいになるといわれていますが、正確に計りたい方はコーヒー用の温度計を使うとよいでしょう。

コーヒー用温度計のおすすめは、以下の記事をご確認ください。

あわせて読みたい
コーヒー用温度計(サーモメーター)のおすすめ人気ランキング14選 コーヒーに使えるおすすめの温度計が欲しい コーヒーは何度で淹れるのがよいか知りたい こういった疑問や要望にお答えしていきます。 同じコーヒーを飲むのなら、なるべ...

5. お湯の量が多い

お湯の量が多い

1杯あたりに使用するお湯の量が多いと、抽出量が多くなり、薄まったコーヒーになってしまうでしょう。

ドリップコーヒーは、淹れ始めの抽出濃度が濃く、次第に薄くなります。

豆の量に対して、適量のお湯を使用しましょう。

対策

ドリップコーヒー1杯分に使用するお湯は、コーヒーカップで150〜180cc程度です。

慣れないうちは、1杯分に必要な豆とお湯の量がわかりやすいように、1杯ずつドリップするとよいでしょう。

6. フィルターいっぱいに注いでいる

フィルターいっぱいに注いでいる

フィルターの高さいっぱいにお湯を注いでしまうと、コーヒーは薄くなってしまいます。

例えば、フィルターの1/3の高さで抽出する場合と、フィルターいっぱいにお湯を注いで抽出する場合をイメージしてみてください。

豆の量を同じ15gとすると、注ぐお湯の量が多い方が、濃度が薄くなってしまいます。

最終的な量は同じでも、フィルターいっぱいに注ぐ方が、濃度が薄くなるのです。

対策

フィルターに入れたコーヒー豆の高さ(蒸らすときにできる濾過層)を目安にします。

注ぐお湯が層よりも多くならないよう、お湯をコントロールして、ゆっくりていねいにお湯を注ぎましょう。

細口のコーヒーポットであれば、お湯のコントロールもしやすいです。

おすすめのコーヒーポットは、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【2024年6月】コーヒーポットのおすすめ人気ランキング26選! おすすめのコーヒーポットが知りたい…。 美味しいコーヒーを淹れたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 コーヒーポットはドリップコーヒーを淹れるために...

7. 蒸らしが不十分

蒸らしが不十分

ドリップでコーヒーを淹れる際には、コーヒーとお湯をなじませるために、抽出の前に蒸らしが必要になります。

コーヒー豆は焙煎によって炭酸ガスを含むため、お湯で蒸らす工程を加えて、炭酸ガスを放出するためです。

炭酸ガスが放出されると、コーヒー豆の表面積が大きくなって、成分が抽出しやすくなります。

対策

蒸らしの方法は、コーヒー豆全体がお湯で湿るよう、ドリップポットを使って少しずつ丁寧に注ぎます。

一般的に蒸らす時間は、20〜30秒が最適とされています。

蒸らしの段階も、お湯を入れ過ぎないように注意が必要です。

おいしさの秘訣である蒸らしについて、以下の記事で詳しくまとめています。

あわせて読みたい
【美味しさの秘訣】コーヒーの蒸らしとは?味の違いからコツまで解説 コーヒーの蒸らしって実際重要?本当に美味しくなるの? コーヒーの蒸らしのやり方を知りたい!コツを教えて下さい。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この...

8. お湯を早く注ぎすぎて抽出時間が短い

お湯を早く注ぎすぎて抽出時間が短い

お湯を注ぐ速度が早いと、抽出が短くなり、薄いコーヒーになります。

ゆっくりとお湯を注ぐと、コーヒーの成分が抽出されやすく、味がしっかりと出たコクのあるコーヒーになるのです。

最適な抽出時間は、3分程度が目安となります。

対策

お湯を注ぐときは、細口のドリップポットを用意しましょう。

細口であれば、お湯を注ぐ速度や位置を調整しやすくなります。

3分程度かけて、ゆっくりとていねいにお湯を注ぎましょう。

時間をかけすぎると、後味が悪くなるため、ドリップタイマーを使用すると分かりやすいです。

9. ドリッパーと豆の相性が悪い

ドリッパーと豆の相性が悪い

コーヒー豆と「抽出器具」には、 相性があるのはご存じですか?

相性の悪い組み合わせで淹れると、コーヒーの味わい・風味・コク・酸味などの特徴が活かされず、バランスの悪い味になります。

コーヒーのおいしさを引き出せないため、味が薄く感じる場合もあるでしょう。

対策

使用するフィルターに合う挽き目に調整しましょう。

専門店でコーヒー豆を購入するなら、店員さんへの相談もおすすめです。

フィルターの種類おすすめの挽き目
台形型ペーパードリップ細挽き~中粗挽きまで幅広く対応できる
円錐型ペーパードリップ中細挽き
ネルドリップ中細挽き~中挽き
あわせて読みたい
【決定版】ネルドリップとは?美味しいコーヒーを淹れる方法も紹介 ネルドリップの特徴って何?美味しいのかな? ネルドリップのいれ方が知りたい!おすすめのネルドリップも気になる。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 キャ...
あわせて読みたい
【決定版】コーヒー豆の挽き方とは?挽き方の種類と注意点を完全解説 コーヒー豆の挽き方ってどんなものがあるの? 挽き方を知って簡単に美味しいコーヒーができるといいね…! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 コーヒー豆から...

濃いめのアイスコーヒーにしたい場合

濃いめのアイスコーヒーにしたい場合

ドリップで淹れたコーヒーに、氷を入れてアイスで楽しもうとして、薄くなった経験はありませんか?

濃いめのアイスコーヒーにしたいなら、お湯の量を半分にして濃いめに抽出しましょう。

濃いめに淹れたコーヒーを氷に注げば、濃いめのアイスコーヒーが楽しめます。

また、自宅で楽しむアイスコーヒーなら、水出しコーヒーもおすすめですよ。

あわせて読みたい
水出しコーヒーとは?美味しい作り方からおすすめ5選まで紹介 水出しコーヒーってどんな特徴があるのか? 水出しコーヒーのおすすめの豆と粉を教えてほしい。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること ...

薄いコーヒーを今すぐ濃くする方法

薄いコーヒーを今すぐ濃くする方法

薄いコーヒーに仕上がってしまった場合でも、捨てるのはもったいないと考える人はいるでしょう。

ちょっとした工夫で味を調整し、濃くできる方法を紹介します。

  • ドリップコーヒーを濃いめに淹れて混ぜる
  • エスプレッソで調整する
  • インスタントコーヒーを混ぜる

ドリップコーヒーを濃いめに淹れて混ぜる

まずは、ドリップコーヒーを濃いめに淹れて、混ぜる方法です。

お湯の量を半分程度に減らし、抽出に時間をかければ、濃いめのコーヒーが抽出できます。

好みの濃さになるよう調整しながら、濃いめのコーヒーと薄いコーヒーを混ぜましょう。

エスプレッソで調整する

自宅にエスプレッソを楽しむコーヒー器具があれば、エスプレッソを混ぜて調整するのも良いでしょう。

エスプレッソは濃いめに抽出されたコーヒーなので、調整もしやすいといえます。

インスタントコーヒーを混ぜる

インスタントコーヒーを活用するのも、薄いコーヒーを濃くする方法の1つです。

せっかく手挽きした豆を使って淹れたコーヒーなので、使う場合は少量がよいでしょう。

少量であれば、ドリップコーヒーの味や香りを邪魔をしにくく、コクや深みをカバーしてくれます。

コーヒーを薄くしたくない人におすすめの器具

コーヒーを薄くしたくない人におすすめの器具

ドリップコーヒーも魅力的ですが、薄いコーヒーが好みでない人には、濃いめに抽出できる以下のコーヒー器具がおすすめです。

  • 家庭用エスプレッソマシン
  • マキネッタ

家庭用エスプレッソマシン

家庭用エスプレッソマシン

お店で楽しむイメージがあるエスプレッソですが、家庭用のマシンも販売されています。

高性能マシンなので、他のコーヒー器具よりも価格は高めですが、濃いめのコーヒーが好きな方にはおすすめです。

以下の記事で、おすすめのマシンを紹介しています!

あわせて読みたい
【2024年】家庭用エスプレッソマシンのおすすめ人気ランキング17選 家庭用エスプレッソマシンはどれを選べばいい? 家庭用エスプレッソマシンでラテアート作れるかしら? こういった疑問にお答えしていきます。 家庭用のエスプレッソマシ...

マキネッタ

マキネッタとは?

マキネッタとは、直火式のエスプレッソマシンの総称です。

エスプレッソマシンよりもコンパクトで、手に入れやすい価格が魅力です。

コーヒーの旨みを短時間で抽出し、濃厚で苦みが強く、ほんのりとコーヒーの甘い香りがたのしめます。

以下の記事では、マキネッタについて、使い方やおすすめを紹介しています!

あわせて読みたい
【2024年版】マキネッタとは?気になる使い方からおすすめまで紹介 マキネッタって聞いたことがあるけど、どんな特徴があるの?使い方も知りたい おすすめのマキネッタを教えてほしい こういった疑問や要望にお答えしていきます。 モカポ...

コーヒーが薄い理由を知って自分好みのドリップコーヒーを楽しもう

コーヒーが薄い理由を知って自分好みのドリップコーヒーを楽しもう

コーヒーが薄くなる理由9選と、理由別の濃くする方法、おすすめ器具を紹介しました。

本記事のポイントは、以下のとおりです。

  • コーヒーが薄い理由は9つあり、理由別に濃くする方法がある
  • 薄いコーヒーを今すぐに濃くする方法は3つある
  • コーヒーを薄くしたくない人にはエスプレッソを淹れる器具がおすすめ

ドリップコーヒーが薄くなる理由を知り、適切な方法で抽出しましょう。

自分好みの味を探しながら、ドリップコーヒーをたのしんでください!

コーヒーが薄い理由9選!濃くする方法からおすすめ器具までご紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

伊藤 裕麻のアバター 伊藤 裕麻 コーヒー豆研究所 公式ライター

コーヒー豆研究所ライターの「ゆま」こと、伊藤裕麻です。学生の頃からコーヒーは好きですが、夫がコーヒーに関わるお仕事をしているため、今はコーヒーがとても身近な存在です。知れば知るほど奥の深いコーヒーについて、さまざまな情報を分かりやすくお伝えし、皆さまのお役に立てるよう執筆に励みます!

コメント

コメントする

タップできる目次