メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

中深煎りとは?特徴から深煎りとの違い・おすすめのコーヒーまで徹底解説

中深煎りの特徴は?

中深煎りのおすすめコーヒーが知りたい

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

コーヒー豆に記載されている「中深煎り」について、どのようなイメージがあるでしょうか?

深煎りや浅煎りと違い、なんとなくイメージがしづらいかもしれません。

そこで今回は「中深煎り」のコーヒーについて、その特徴やより美味しく淹れる方法など解説していきます!

この記事の結論
  • 中深煎りとは、中煎りと深煎りの間の焙煎度を表す言葉
  • 中深煎りと深煎りの違いは主に苦みと香り
  • おすすめの中深煎りコーヒーはスターバックスや無印良品を含めた計5商品
  • 中深煎りコーヒーを美味しく淹れるポイントは温度と挽き目を意識すること
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう!

当サイトのおすすめコーヒー
  1. :味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせた旬のコーヒー!初回数量限定30%OFF!
  2. :世界で1台の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら返金保証付きで初回数量限定53%OFF!
  3. 会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。

より詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング55選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

「中深煎り」とは?

「中深煎り」とは?

コーヒーで使われる「中深煎り(ちゅうふかいり)」とは、コーヒーの焙煎度合いを表す言葉です。

一般的に使われることが多いカタカナ表記では「ハイロースト」「シティロースト」「フルシティロースト」あたりが同じくらいの焙煎度を表しますが、明確な定義はありません。

ここからは、そんな中深煎りのコーヒーの特徴について深堀していきます!

味わいはやや苦みが強め

コーヒー豆 焙煎度合い
※焙煎(ロースト)8段階

中深煎りの焙煎度は、文字からも推測できるように中煎りと深煎りの間を意味しています。

一般的に中煎りは「酸味と苦みのバランスの取れた焙煎度」で、深煎りは「苦みが出やすい焙煎度」です。

つまり、表記上のみで判断するのであれば中深煎りの味わいは「やや苦みが強い焙煎度」ということになります。

ですが、焙煎度はコーヒー豆の個性によって焙煎士が細かな調整を行って決定するため、全てが同じような味わいになるとは限りません。

深煎りでは消えてしまいがちなフルーティーさや、すっきりとした酸味が中深煎りでは感じられるということもあるため、購入する際は豆の産地や明記されている特徴も踏まえて選んでみましょう!

焙煎レベル
浅煎り:ライトロースト・シナモンロースト

ライトローストとシナモンローストは、浅煎りの焙煎度合いになります。

黄色から茶色へと変化する程度の焙煎度合いです。

コーヒーの風味はかなり弱い状態。

焙煎レベル
中煎り:ミディアム・ハイロースト

中煎りはミディアムローストとハイローストです。

この状態では茶褐色とまだ色は薄いものの、軽やかな風味を楽しめます。

特にハイローストは深煎りに近いため、コクと若干の苦味がありながら飲みやすいのが特徴です。

焙煎レベル
深煎り:シティ〜イタリアンロースト
  1. シティロースト
  2. フルシティロースト
  3. フレンチロースト
  4. イタリアンロースト

以上の順番で焙煎度合いは増していきます。

シティローストは最も人気な焙煎度合い。

苦みやコク、甘みのバランスが丁度よいのが特徴で、カフェで提供されるコーヒーもシティローストが多いです。

イタリアンローストになると、コーヒー豆の見た目はほぼ真っ黒です。

味もかなり濃く、味わいも濃厚になります。 

中深煎りコーヒー豆の特徴

続いて中深煎りのコーヒー豆の見た目の話をしていきます。

コーヒー豆は一般的に浅煎りのものほど焙煎時間が短く、深煎りのものほど焙煎時間が長くなります。

では、時間をかけて煎られたコーヒー豆はどうなっていくでしょうか?

コーヒー豆は生豆の時には黄土色のような色をしていますが、煎られることで徐々に黒っぽい色に近づいていきます。

そのため、中深煎りのコーヒー豆はバランスの取れた中煎りのコーヒー豆よりも色がこげ茶っぽいという特徴があります。

おすすめの飲み方

中深煎りコーヒーのおすすめのの飲み方は、ブラックまたは砂糖入りです。

中深煎りの表記があるコーヒー豆はやや強めの苦み、フルーティーさや若干の酸を感じることができるものが多くあります。

豆本来の味わいを楽しむためにも、ミルクなど味わいをまろやかにするものを入れる前に一度ブラックで飲むことをおすすめします!

中深煎りと深煎りの違い

中深煎りと深煎りの違い

ここまで中深煎りのコーヒーに焦点を当ててお話してきましたが、深煎りのコーヒーとの違いは気になるところですよね。

ここではそんな中深煎りのコーヒーと深煎りのコーヒーについて、主に苦みと香りの違いをお話します!

苦み

深煎りのコーヒーは苦みが出やすい焙煎度であるとお話しましたが、”焦げ”を想像していただくと分かりやすいかもしれません。

焦げは焼く時間が長ければ長いほど、香ばしくまた焦げによる苦みがでてきますよね。

同じようにコーヒーも焙煎時間が長ければ長いほど、香ばしく、苦みも出てくるようになります。

そのため、深煎りに比べ焙煎時間が短い中深煎りのコーヒーは深煎りのコーヒーよりも苦みがマイルドというのが1つの違いになります。

香り

続いて香りについてですが、中深煎りのコーヒーは深煎りのコーヒーに比べると、香りのバリエーションがでやすいという特徴があります。

理由は、深煎りのコーヒーに比べて、香ばしさも落ち着いており豆自体の風味が出やすいためです。

そのため、香ばしい香りのものが多い深煎りに比べると、中深煎りでは豆の個性による香りをわかりやすく楽しむことができるという点で違いが出ます。

あわせて読みたい
【厳選】深煎りコーヒーの特徴とは?浅煎りとの違いからおすすめの豆まで 深煎りってどんな意味があるの?浅煎りや中煎りコーヒーとの違いも知りたい! 深煎りコーヒーのおすすめ豆が知りたい!深煎りコーヒーが気になる… こういった疑問や要望...
あわせて読みたい
深煎りコーヒーのおすすめ人気ランキング25選!通販・市販でも買える 深煎りってつまりどういうこと? 美味しい深煎りのコーヒー豆や飲み方が知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 深煎りコーヒーという単語は聞いたこと...

中深煎りのおすすめ人気コーヒー5選!通販で買える

中深煎りのおすすめ人気コーヒー5選!通販で買える

では、ここからおすすめの中深煎りコーヒーのおすすめを紹介していきます。

今回紹介する全5商品はこちら。

  1. スターバックス コーヒー ハウスブレンド 250g
  2. MIDNIGHT MEDIUM BLEND コーヒー豆 中深煎り
  3. 【レギュラー珈琲豆】モカ イルガチェフェG1 200g /中深煎り・フルシティロースト
  4. 無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス 粉 200g
  5. AGF 森彦の時間 ドリップコーヒー 飲み比べセット 5袋×3種

詳しく見ていきます!

1. スターバックス コーヒー ハウスブレンド 250g

1. スターバックス コーヒー ハウスブレンド 250g
出典:Amazon

創業当初からあるスタバの定番商品です。

グアテマラとコスタリカの中深煎りのブレンドで、程よいロースト感と甘みが楽しめます。

口に含んだ後には、コクのある味わいと若干の酸が抜けていき、余韻もバッチリです。

朝の1杯にもよし、おやつのお供にもよしの万人ウケする商品です。

スターバックス コーヒー ハウスブレンド 250g
甘み
72
苦み
75
酸味
58
コク
64
香り
76
商品名スターバックス コーヒー ハウスブレンド
内容量250g
商品タイプ
原産国グアテマラ、コスタリカ
特徴スタバの定番ブレンド商品
程よいロースト感と甘みが楽しめ、コクと若干の酸が余韻として抜ける
created by Rinker
Starbucks(スターバックス)
¥1,457 (2024/02/28 23:28:34時点 Amazon調べ-詳細)
あわせて読みたい
【2024年2月】スタバのおすすめコーヒー豆人気ランキング17選! いつもスタバのコーヒーを飲むんだけど実際コーヒー豆ってどんなものがあってどんなものが美味しいの? スタバのコーヒー豆の特徴や種類を教えてほしい! こういった疑...

2. MIDNIGHT MEDIUM BLEND コーヒー豆 中深煎り

2. MIDNIGHT MEDIUM BLEND コーヒー豆 中深煎り
出典:Amazon

バランスの取れた焙煎度でありながら、程よい苦味と華やかさが楽しめる中深煎りコーヒー。

コロンビアのスペシャリティコーヒー豆を使用したブレンドで、柑橘系の豊かな香りが楽しめます。

冷めても酸味が突出することなく、コクのある味わいが続き、最後まで満足できる1杯です。

コーヒー豆では珍しく、缶に入ったお洒落な見た目も気分が上がりますね。

MIDNIGHT MEDIUM BLEND コーヒー豆 中深煎り
甘み
70
苦み
76
酸味
47
コク
78
香り
81
商品名MIDNIGHT MEDIUM BLEND コーヒー豆 中深煎り
内容量120g
商品タイプ
原産国コロンビアのブレンド
特徴バランスの良さもありつつ、程よい苦みと華やかさ、柑橘系の香りが特徴
冷めても酸味が突出することなく味わえる

3. 【レギュラー珈琲豆】モカ イルガチェフェG1 200g /中深煎り・フルシティロースト

3. 【レギュラー珈琲豆】モカ イルガチェフェG1 200g /中深煎り・フルシティロースト
出典:Amazon

人気の産地エチオピア モカの中深煎りスペシャルティコーヒーです。

産地から焙煎までこだわり、エチオピアの華やかな香りを生かした最高の焙煎度になっています。

エスプレッソやラテにすると、ミルクにも負けない甘みや香りが驚くほど際立ちおすすめです!

浅煎りでも美味しいエチオピアですが、中深煎りならではの華やかさとコクは一度飲んだら虜になってしまいます。

モカ イルガチェフェG1 200g /中深煎り・フルシティロースト
甘み
77
苦み
72
酸味
57
コク
69
香り
82
商品名【レギュラー珈琲豆】モカ イルガチェフェG1 200g /中深煎り・フルシティロースト
内容量200g
商品タイプ豆(極細挽き~粗挽きも対応可能)
原産国エチオピア
特徴エチオピアの華やかな香りを生かした焙煎度
エスプレッソやラテでも甘みや香りが引き立つ

4. 無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス

4. 無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス
出典:Amazon

ホンジュラスの有機アラビカ豆を使用したオーガニックカフェインレスコーヒーです。

店舗では、豆のままやドリップパックなどの販売もあります。

商品には深煎りと書かれていますが、苦味も程よく、すっきりさも感じられる中深煎りの焙煎度です。

カフェインが97%除去されているので、カフェインが気になる時でも安心して飲むことができ、ミルクを加えてもコーヒーのコクが楽しめます!

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス
甘み
74
苦み
76
酸味
58
コク
69
香り
71
商品名無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス
内容量200g
商品タイプ
原産国ホンジュラス
特徴有機アラビカ豆を使用し、97%カフェインをカットしたカフェインレスコーヒー
苦みもありながらすっきりさも感じられ、ミルクを入れてもコクが楽しめる
あわせて読みたい
【最新】無印良品のコーヒーはまずい?評判・口コミからおすすめまで紹介 実際、無印のコーヒー豆の評判って色々あるけどどうなの? 無印のコーヒーメーカーも有名だから解説してほしい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 無印良品...

5. AGF 森彦の時間 ドリップコーヒー 飲み比べセット

5. AGF 森彦の時間 ドリップコーヒー 飲み比べセット
出典:Amazon

それぞれ焙煎度の違う3種類がセットになっている商品です。

北海道の有名店「森彦」の商品で、灰色の冬のブレンド(写真右側)が中深煎りで焙煎されてるものになります。

ブラジルの豆を使用し、やや苦みのある味わいの中にチョコレートのような甘さを感じることができます。

その他、白色の森彦ブレンド(写真左)と桃色のマイルドブレンド(写真中央)はそれぞれ深煎りと中煎りになっているため、焙煎度による違いも感じられるでしょう!

AGF 森彦の時間 ドリップコーヒー 飲み比べセット (冬のブレンド)
甘み
68
苦み
72
酸味
48
コク
70
香り
71
商品名AGF 森彦の時間 ドリップコーヒー 飲み比べセット
内容量5袋×3種類
商品タイプドリップパック
原産国森彦ブレンド:コロンビア、グアテマラ他
マイルドブレンド:タンザニア、ブラジル他
冬のブレンド:ブラジル
特徴やや苦みのある味わいの中にチョコレートのような甘さ
焙煎度の違う3種類で深煎り、中深煎り、中煎りの違いも感じられる
あわせて読みたい
北海道のコーヒー屋さん「森彦」とは?AGFとのコラボ商品も紹介 森彦のコーヒーはどこで飲めるの?通販で買えるコーヒーは美味しいのかな? ギフトにおすすめの森彦のコーヒーを知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます...

中深煎りコーヒーの美味しい淹れ方

中深煎りコーヒーの美味しい淹れ方

もちろん普段のコーヒーの淹れ方で中深煎りのコーヒーも美味しく味わうことはできます。

ですが、少し意識を変えてみるだけで中深煎りの良さを引き出し、さらに美味しいコーヒーになります!

ここでは、そんな中深煎りのコーヒーをさらに美味しく淹れる方法を2つ紹介します。

温度は通常よりやや低め

普段コーヒーを淹れる際にお湯の温度を測ることはあるでしょうか?

コーヒーを淹れる際の適温は92度~95度と言われており、最近ではUCCが92度が最適であるという結果を報告しています(下記動画参照)

そこで、ここでは中深煎りのコーヒーで使用するお湯の温度に注目して、コツをお伝えします!

中深煎りの良さは何といっても、程よい苦みと豆本来のフルーティーな味わいが楽しめるところです。

そのため、程よい苦みを保ちつつ、でも際立つような淹れ方は避けたい.…。

そこでおすすめなのが、「沸騰したお湯をポットに移し、さらに10秒ほど待ったお湯を使用する」ということです!

コーヒーは高めの温度で抽出すると苦みが出やすくなり、低めの温度で抽出すると酸味がでやすくなります。

中深煎りのコーヒーを淹れる際には、苦みが出すぎないよう普段よりも若干低めのお湯を使用すると、良さを存分に楽しめます。

苦みが強い場合は挽き目を粗くする

中深煎りは深煎りのコーヒーに比べると苦みが弱い場合が多いですが、コーヒーの焙煎度全体で見ると苦みが出やすい焙煎度になります。

そのため、コーヒーの嫌な苦みが出てくる「過抽出(抽出されすぎてしまう)」状態は特に避けたいところ。

コーヒーを淹れてみて、”苦みが出すぎている”または”嫌な苦みを感じる”という場合には、コーヒー豆の挽き目を粗くすることで程よい苦みに変わることがあります。

コーヒーを粉で購入しているという場合には、今使用しているものよりも粗目のものを選ぶか、抽出時間を早めてみるなどの工夫で対応できます。

あわせて読みたい
【決定版】ドリップコーヒーの美味しい淹れ方とは?マイスターが解説 ドリップコーヒーの淹れ方を詳しく知りたい!重要なコツやポイントって何? コーヒーを淹れる器具はどれを選んだらいいの?基本的に揃える器具を教えてほしい…。 こうい...

違いを感じながら中深煎りコーヒーを楽しもう!

違いを感じながら中深煎りコーヒーを楽しもう!

いかがでしたか?

今回は中深煎りのコーヒーについてその特徴やおすすめの商品を紹介してきました。

本記事での重要なポイントは以下の通りです。

この記事の結論
  • 中深煎りとは、カタカナ表記で「ハイロースト」から「フルシティロースト」あたりのやや苦みが強い焙煎度
  • 深煎りと比べると、苦みはマイルドで香りのバリエーションが豊かになる
  • おすすめの中深煎りコーヒーは「スターバックス ハウスブレンド」など、程よい苦みと華やかさが楽しめる商品
  • 中深煎りコーヒーを淹れる際には温度はやや低めで、過抽出の場合は挽き目を粗くするのがポイント

色々な焙煎度の違いに触れながら、中深煎りのコーヒーをさらに楽しみましょう!

あわせて読みたい
【最新】浅煎りコーヒーの特徴とは?美味しい淹れ方からおすすめまで紹介 浅煎りコーヒーってどんな特徴があるの?美味しいのかな? 浅煎りと深煎りコーヒーの違いって何?美味しいコーヒーが飲みたい! こういった疑問や要望にお答えしていき...
あわせて読みたい
【決定版】中煎りコーヒーの特徴とは?おすすめの中煎りコーヒーも紹介 中煎りコーヒーの特徴ってどんなものがあるの? おすすめの中煎りも気になる! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 読み方も難しい中煎りコーヒーですが、その...
中深煎りとは?特徴から深煎りとの違い・おすすめのコーヒーまで徹底解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

珈葉のアバター 珈葉 コーヒー豆研究所 公式ライター

大学進学後、幼少期に母親が作ってくれたコーヒーの香りが忘れられず、カフェで働きたいと思うようになったことをきっかけに、コーヒーをサイフォンで淹れ、提供するスタイルのお店で4年間勤務。

就職を機に一度離れ、今年いつか自分でコーヒーのお店を持ちたいという思いから本格的にコーヒーの勉強を始める。勉強の一環として、コーヒーの焙煎所でも勤務し、地域別の味や焙煎度の違いについても実践的に学びを深める。今後コーヒー関連の資格取得を目指し勉強中。

コメント

コメントする

タップできる目次