メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

トラジャコーヒーの特徴とは?おすすめのトアルコトラジャ3選も紹介

トラジャコーヒーとはどんな特徴があるの?

おすすめのトラジャコーヒーを知りたい!

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

「幻のコーヒー」と呼ばれる、トラジャコーヒーを知っていますか?

本記事では歴史や栽培環境だけでなく、味わいの特徴も徹底解説!

さらに、おすすめのトラジャコーヒーとトアルコトラジャを3つずつ紹介します。より美味しさを追求したい方は必見です!

この記事の結論
  • トラジャコーヒーは日本人と現地の人が協力して復活させた「幻のコーヒー」
  • スタバでもトラジャコーヒーを飲むことができる
  • トアルコトラジャを販売しているのはキーコーヒーだけ!通販でも買える

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒー
  1. :味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせた旬のコーヒー!初回数量限定30%OFF!
  2. :世界で1台の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら返金保証付きで初回数量限定53%OFF!
  3. 会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。

より詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング55選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

トラジャコーヒーとは?

トラジャコーヒーとは?

トラジャコーヒーとは、インドネシアのスラウェシ島トラジャ地区で生産された、アラビカ種コーヒー豆のことです。

トラジャコーヒーは第二次世界大戦で農地が荒れたことで、名前を聞くことがなくなった時期もありましたが、ある日本企業の協力でコーヒー生産が復活し、今では広く知られるコーヒー豆の1種となりました。

他のコーヒーにはない華やかな風味と希少性から、多くのファンがいるトラジャコーヒー。

インドネシアのコーヒーといえば、マンデリンが一般的に有名ですが、トラジャコーヒーはどのような歴史や風味を持ったコーヒーなのでしょうか。

マンデリンについては「【保存版】マンデリンとは?その豆の特徴・種類・おすすめまで完全解説」の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【保存版】マンデリンとは?その豆の特徴・種類・おすすめまで完全解説 マンデリンって聞いたことあるけど、どんな特徴があるの? g1っていう等級は何がすごいの?気になる…。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分か...

次でトラジャコーヒーの風味を紹介します!

トラジャコーヒーの味の特徴

トラジャコーヒーの味の特徴

トラジャコーヒーは、上品な香りと甘み、しっかりとしたコクが特徴のコーヒーです。

「幻のコーヒー」という呼び名に似つかわしい、気品のある豊かな香りと、蜜のような甘みを持っています。

酸味、コク、苦みのバランスがよく、まろやかで飲みやすい味わいです。

中煎りから深煎りで販売されていることが多く、深煎りで飲むと控えめの酸味と、スモーキーな味わいを楽しむことができます。

トラジャコーヒーは、他のコーヒーにはないような上品な香りで、人々を魅了しています。

柏倉元太

実際にトラジャコーヒーを飲んだことがありますが、「上品」という言葉一番似合うかなと思います!高級志向な人にもおすすめ!

トラジャコーヒーが「幻のコーヒー」と呼ばれる理由

トラジャコーヒーが「幻のコーヒー」と呼ばれる理由

「幻のコーヒー」とも呼ばれるトラジャコーヒーは、希少性に価値があります。

インドネシアのコーヒー栽培は、17世紀末に開始され、18世紀初頭には、東インド会社の管理でコーヒーの輸出が開始されました。

柏倉元太

オランダに到着したコーヒーは、当時の平均年収の1%の高値で売られていたらしいよ!

このような経緯で、スラウェシ島では1750年にコーヒーが伝わり、コーヒー生産が開始されました。

しかし、第二次世界大戦が始まるとコーヒー生産が難しくなり、さらにオランダがインドネシアから撤退したことで、農園は管理されなくなってしまいました。

それから40年ほど経った1970年ころ、ある日本企業の協力でトラジャコーヒーは復活を遂げ、今でも私たちを魅了し続けているのです。

オランダのインドネシア植民地化とコーヒー農園の荒廃

そもそも、コーヒーをインドネシアに伝えたのはオランダ人であると言われています。

オランダは、獲得したインドネシアの領土でコーヒーを栽培し、利益を得ていました。

またトラジャコーヒーはオランダの貴族に愛されるほど、確かな品質を認められていました。

しかし、第二次世界大戦が終わりオランダが撤退したことにより、コーヒー栽培の条件が揃わなくなり、農地は荒れ果ててしてしまったのです。

トラジャコーヒーの生産が復活した「キーコーヒー」の支援

キーコーヒープレミアムステージ モカブレンド
キーコーヒー

第二次世界大戦前に「セレベスの名品」(現スラウェシ島)とも呼ばれ、有名だったトラジャコーヒーは、その後名前を聞くことがなくなりました。

そんな中、栽培が途絶えてから40年後の1978年に「キーコーヒー」の社員が、農園の様子を見るために現地に訪れました。

すると、そこは荒野になっていました。

しかし、現地のトラジャの農園はどうにか、コーヒーを守り続けていました。

そこから20年以上、現地の人々とキーコーヒーは協力し、トラジャコーヒーを復活させました。

「トラジャコーヒー」と「トアルコトラジャ」違いとは?コーヒー豆の種類を解説

「トラジャコーヒー」と「トアルコトラジャ」違いとは?コーヒー豆の種類を解説

トラジャコーヒーの中には「トアルコトラジャ」という特別なコーヒーがあります。

トアルコトラジャは、赤く完熟したチェリーだけが手摘みされた後、丁寧に選別を受け、特殊なコンテナで温度管理の上輸出され、キーコーヒーによって焙煎されたコーヒーのことです。

また異なる品種のコーヒー豆を使用していることも大きな違いです。

「トラジャコーヒー」は、主にアラビカ種のコーヒー豆を使用しており、フルーティーで酸味がある味わいが特徴です。

農薬を使わずに栽培される「オーガニックコーヒー」として知られており、環境にやさしい栽培方法が採用されています。

一方、「トアルコトラジャ」は、ロブスタ種のコーヒー豆を使用しており、コクがあり、風味が濃厚で苦味がある味わいが特徴です。

両者とも、トラジャ地域の豊かな土壌や気候の恵みを受けた、高品質で美味しいコーヒーとして知られています。

まとめると以下のとおりです。

スクロールできます
トラジャコーヒートアルコトラジャコーヒー
スラウェシ島トラジャ地区で生産されたアラビカ種コーヒー生産地で特別に管理され、キーコーヒーにより焙煎されたトラジャコーヒー

山奥で栽培!トラジャコーヒーの栽培環境

山奥で栽培!トラジャコーヒーの栽培環境

トラジャコーヒーの農園は、日本から20時間以上離れた場所にあります。

最寄りの空港から農園までは、車で10時間以上かかるそうです。

トラジャコーヒーのために整備された道を登ると、農園にたどり着きます。

山奥で傾斜が大きいコーヒー農園では、機械による収穫ではなく人の手作業によって、コーヒーの果実を摘みます。

日本から遠く離れた、インドネシアのスラウェシ島の中でも、さらに山奥のアクセスの悪い場所で、トラジャコーヒーは作られているのです。

おすすめのトラジャコーヒーの飲み方

おすすめのトラジャコーヒーの飲み方

トラジャコーヒーの衰退と復活の歴史や、トアルコトラジャコーヒーのこだわりを知り、トラジャコーヒーを飲んでみたくなった方が多いのではないでしょうか。

ここでは、おすすめのトラジャコーヒーの飲み方を紹介します。

結論、トラジャコーヒーを飲むのなら、まずはブラックで飲んでいただきたいです。

日本人と深い関わりを持つ、トラジャコーヒーの素材の味わいを、ぜひ感じてください。

深煎りのトラジャコーヒーや、ストレートのコーヒーが苦手な方は、ミルクだけを入れて飲むのもおすすめです。

まずはブラックで飲んで、トラジャコーヒーのスモーキーさが強いと感じた場合は、ミルクを入れてみましょう。

ブラックコーヒーの淹れ方としては、ドリップで十分でしょう。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【極みの一杯】ドリップコーヒーとは?その種類からいれ方からまで解説 ドリップコーヒーとは何ですか?美味しいんですか? ドリップコーヒーには、どんな種類があるんですか?美味しいドリップコーヒーの淹れ方を基本から教えてください! ...

おすすめのトラジャコーヒー3選

おすすめのトラジャコーヒー3選

ここでは、手軽に購入できる、おすすめのトラジャコーヒーを3つ紹介します。

まとめると以下のとおりです。

  1. 自家焙煎 コーヒー豆 インドネシア カロシ トラジャ
  2. カルディ ママサ(トラジャ地区産)
  3. スラウェシ トラジャ サパン ビレッジ

ここで紹介するコーヒーは、通販で購入することができます。

販売店や焙煎の深さによってまた味の印象が異なるため、さまざまなトラジャコーヒーを試すのもおすすめです。

早速、1つずつ紹介します。

1. 手軽な価格でトラジャを飲める「自家焙煎 コーヒー豆 インドネシア カロシ トラジャ」

自家焙煎 コーヒー豆 インドネシア カロシ トラジャ

こちらはお手頃な値段で買える、トラジャと同じスラウェシ島の南部、カロシ地区のコーヒーです。

カロシは、上品な風味にコク、やわらかな苦みがあり特に女性に人気なようです。

おすすめの焙煎度合いはミディアムだそうです。

商品スペック

自家焙煎 コーヒー豆 インドネシア カロシ トラジャ
価格663円(税込)
容量100g(生豆時)
焙煎の深さ生豆からイタリアンまでカスタマイズ可能

2. まろやかな苦みが特徴「カルディ ママサ(トラジャ地区産)」

2. まろやかな苦み「カルディ ママサ(トラジャ地区産)」

カルディのトラジャ地区産のコーヒーは、程よい中煎りの焙煎と、控えめの酸味が特徴です。

カルディの店員さんに取扱状況をお聞きしたところ、店舗によっては取り扱いがないこともあるようです。

確実に手に入れるには、カルディの通販が良さそうです。

商品スペック

カルディ ママサ(トラジャ地区産)
価格988円(税込)
容量200g
焙煎の深さ中煎り

3. スタバでもトラジャコーヒーを飲める「スラウェシ トラジャ サパン ビレッジ」

3. スタバでもトラジャコーヒーを飲める「スラウェシ トラジャ サパン ビレッジ」

こちらのコーヒーは、より洗練されたスタバのコーヒーを飲むことができる「スターバックス リザーブ」のブランドのコーヒーです。

クリーミーでまろやかな口当たりの、しっかりとしたコクのコーヒーです。

ハーブのようで、スモーキーな風味のコーヒーです。

実際に飲んでみたけれど、同じ国のスマトラコーヒーと比べると少し軽いハーブ感だったよ。

スマトラコーヒーとは、インドネシアのスマトラ島でとれたコーヒーのこと。

商品スペック

スラウェシ トラジャ サパン ビレッジ
価格3,672円(税込)
容量250g
焙煎の深さ深煎り

もっとおすすめのトラジャコーヒーが知りたい方は、以下の記事をチェック!

あわせて読みたい
【2024年2月】トラジャコーヒーのおすすめ人気ランキング14選! トラジャコーヒーってどんなもの? 人気で美味しいものがあれば知りたい! こういった疑問にお答えしていきます。 インドネシアのトラジャで作られるトラジャコーヒーは...

おすすめのトアルコトラジャコーヒー3選

おすすめのトアルコトラジャコーヒー3選

この記事の前半で紹介したとおり「トアルコトラジャ」を販売できるのは、キーコーヒーだけです。

キーコーヒーだけの特別なトアルコトラジャは、スーパーでも手に入れることができます。

コーヒー器具を持っていない方でも、ドリップバッグのトアルコトラジャで、手軽にコーヒーを味わうことができます。

おすすめのトアルコトラジャコーヒーをまとめると、以下のとおりです。

  1. キーコーヒー トラジャブレンド
  2. キーコーヒー ドリップオン トアルコトラジャ
  3. キーコーヒー ドリップオン トラジャブレンド

順番に解説します。

1. スーパーでも買える「キーコーヒー トラジャブレンド」

1. スーパーでも買える「キーコーヒー トラジャブレンド」

キーコーヒーのトラジャコーヒーの中で、1番手に入れやすいのはこちらのコーヒーです。

レギュラーコーヒーの粉が真空パックに詰めて販売されており、劣化を防ぐパッケージになっています。

トアルコトラジャの蜜のような甘みと、華やかな酸味を、ブレンドコーヒーでバランスよく味わえます。

商品スペック

キーコーヒー トラジャブレンド
価格698円(税込)
容量200g
原材料コーヒー豆(生豆生産国:インドネシア、メキシコ他)

2. ストレートコーヒーをドリップバッグで「キーコーヒー ドリップオン トアルコトラジャ」

2. ドリップバッグで「キーコーヒー ドリップオン トアルコトラジャ」

キーコーヒーの登録商標である「トアルコトラジャ」をストレートで飲むには、キーコーヒーの専門店で購入するだけではなく、こちらのドリップオンでも飲むことができます。

こちらの「ドリップオントアルコトラジャ」はしっかりとしたコクと、芳醇で甘みのある香りを堪能できます。

商品スペック

キーコーヒー ドリップオン トアルコトラジャ
価格362円(税込)
容量8g×5杯分
原材料コーヒー豆(生豆生産国:インドネシア)

3. ドリップバッグで手軽に楽しめる「キーコーヒー ドリップオン トラジャブレンド」

3. ドリップバッグで手軽に「キーコーヒー ドリップオン トラジャブレンド」

キーコーヒーのトラジャコーヒーを、手軽に試してみたい方や、コーヒー器具がないけれどコーヒーを飲みたい方には、こちらのトラジャブレンドがおすすめです。

しっかりとした作りで、誰でも美味しくコーヒーを入れられるように作られたドリップオンは、香り高くコクのあるコーヒーを手軽に入れられます。

トラジャブレンドは、トアルコトラジャを使用した豊かな香りと、上品な香りが特徴です。

商品スペック

キーコーヒー ドリップオン トラジャブレンド
価格348円(税込)
容量8g×5杯分
原材料コーヒー豆(生豆生産国:インドネシア、メキシコ他)

キーコーヒーについてより詳しく知りたい方は「【厳選】キーコーヒーのおすすめ人気コーヒー12選!評判・口コミも紹介」の記事をチェック!

あわせて読みたい
【厳選】キーコーヒーのおすすめ人気コーヒー12選!評判・口コミも紹介 キーコーヒーの特徴は?おすすめも知りたい! キーコーヒーのカフェについて知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 キーコーヒーは、コーヒーが好きな...

日本人がインドネシア人と復活させた「幻のトラジャコーヒー」を飲んでみよう

日本人がインドネシア人と復活させた「幻のトラジャコーヒー」を飲んでみよう

いかがでしたでしょうか?

トラジャコーヒーの歴史から、おすすめのトラジャコーヒーまで紹介しました。

今回の記事の内容をまとめると、以下のとおりです。

  • トラジャコーヒーは芳醇でスモーキーな香りと、蜜のような甘さが特徴
  • トアルコトラジャコーヒーはキーコーヒーのみが販売している
  • トラジャコーヒーは山奥の産地で栽培されている

日本人が深く関わり、コーヒー生産を支えたトラジャコーヒーをぜひ飲んでみてください。

インドネシアのコーヒーの特徴については、以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【決定版】インドネシア産コーヒー豆の特徴とは?おすすめも紹介 インドネシア産のコーヒーってどんな味なの? インドネシア産のおすすめコーヒーが知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 本記事ではインドネシアコー...
トラジャコーヒーの特徴とは?おすすめのトアルコトラジャ3選も紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

ミオのアバター ミオ 元スターバックス店員/コーヒーインストラクター

フリーランスWebライター。スターバックスで働いた経験から、カスタマイズや裏技をご紹介します。また、コーヒーインストラクター2級の資格の知識をいかして、皆様がもっとコーヒーを楽しめるような記事を書いていきます。

コメント

コメントする

タップできる目次