メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

【決定版】インドネシア産コーヒー豆の特徴とは?おすすめも紹介

インドネシア産のコーヒーってどんな味なの?

インドネシア産のおすすめコーヒーが知りたい!

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

本記事ではインドネシアコーヒー豆の特徴、品種、おすすめのインドネシア産コーヒーを紹介。

インドネシアコーヒーの魅力に迫ります。

この記事の結論
  • インドネシアは世界第4位のコーヒー生産量の国
  • インドネシアは肥沃な土壌でコーヒーの栽培に適している
  • インドネシア産のコーヒー豆の品種は2つある
  • コピ・ルアクはインドネシア産の超高級コーヒー
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒー
  1. :味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせた旬のコーヒー!初回数量限定30%OFF!
  2. :世界で1台の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら返金保証付きで初回数量限定53%OFF!
  3. 会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。

より詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング55選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

コーヒーの産地インドネシアとは?

インドネシアはコーヒー豆の生産量が世界第4位です。

アジアでは、ベトナムに次ぐ第2位のコーヒー豆生産量を誇ります。

インドネシアがコーヒーの産地である最大の理由は、コーヒーベルトに属しているから。

インドネシア含め、世界中のコーヒー生産地は、コーヒーベルトに属しているというわけです。

世界のコーヒー豆の生産量が多い国トップ10を知りたい方は、こちらの記事からチェック!

またコーヒーベルトに属している国々は、コーヒーの木が育ちやすい環境下に置かれています。

コーヒー専門家

インドネシアはコーヒー大国なんだよ!

インドネシア産コーヒー豆の特徴

インドネシア産コーヒー豆の品種と種類・銘柄

インドネシア産コーヒー豆の品種と種類・銘柄について、それぞれ解説していきます。

有名なジャコウネコのコーヒーもこの機会に知っておきましょう!

インドネシア産コーヒー豆の品種

インドネシアで生産しているコーヒー豆の品種は2つあります。

  • アラビカ種
  • ロブスタ種

アラビカ種は高品質なコーヒー豆で、インドネシア国内では生産量が10%以下です。

一方のロブスタ種は国内の生産量が90%以上、よって、インドネシアではロブスタ種が主流。

ロブスタ種は苦味が強く渋みがあるので、アラビカ種に比べると味は劣ります。

アラビカ種とロブスタ種の違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

柏倉元太

アラビカ、ロブスタ以外にリベリカ種という品種もあるよ!

インドネシア産コーヒー豆の種類・銘柄

インドネシアで生産しているコーヒー豆の種類・銘柄と品種は以下の通りです。

種類・銘柄品種
コピ・ルアク/コピ・ルアック(ジャコウネコ)アラビカ種・ロブスタ種
バリ・アラビカアラビカ種
キンタマーニアラビカ種
マンデリンアラビカ種
ガヨ・マウンテンアラビカ種
トラジャコーヒーアラビカ種
ジャワコーヒーロブスタ種

インドネシアは、ロブスタ種の方がアラビカ種よりも多いと先ほどお話しました。

しかし、世界中に出回っているインドネシアのコーヒーの種類・銘柄を見ると、アラビカ種の方が多いのです。

これはインドネシア国外でアラビカ種、国内ではロブスタ種が流通していることを意味します。

インドネシア産のコーヒーは、スペシャルティコーヒーとして注目されているのをご存じですか。

スペシャルティコーヒーの特徴について気になる方はこちらからチェック!

コピ・ルアク/コピ・ルアック(ジャコウネコ)

コピ・ルアク/コピ・ルアック(ジャコウネコのコーヒー)

先ほど紹介した中に、ジャコウネコのコーヒーがあったかと思います。

実は、ジャコウネコは超高級コーヒーなのです。

コピ・ルアク、コピ・ルアック、またはジャコウネコとも呼ばれています。

ルアクは「コーヒーチェリーを食べるジャコウネコ」の意味です。

インドネシア国外向けに販売されているのは、ジャコウネコのメスのコーヒー。

ジャコウネコのオスが作り出すコーヒーの香り方が、メスよりも強く感じるようです。

コピ・ルアクは衛生上も問題ない!

コピ・ルアクは、衛生上も全く問題ありません。

たしかに、ジャコウネコの糞から作られることもあり、毛嫌いされることも多いです。

しかし、糞から作られるというのは工程上で、実際に排出物とコーヒー豆は一切接触していません。

排出物に混ざっている豆をそのまま焙煎して飲むわけではないので、ご安心ください。

ジャコウネコは香料を分泌する動物ですので、この動物でしか出せない味わいがあります。

独特な、コーヒーのおいしい香りを楽しみたい方にコピ・ルアクはおすすめです。

あわせて読みたい
ジャコウネコから採れるコピルアクコーヒーは汚い?その理由を解説! ジャコウネコから採れるコピルアクコーヒーって汚いの? コピルアクコーヒーってどのようなコーヒーなの? このような疑問や要望にお答えします。 この記事の結論 コー...
柏倉元太

お店でコピ・ルアクを飲むと、1杯5,000円くらいするよ!

インドネシア産コーヒー豆の栽培方法

インドネシア産コーヒー豆の栽培方法

インドネシアのコーヒー豆はどんな風に栽培されているか、気になりませんか。

ここでは、インドネシアコーヒー豆の産地・農園、栽培環境、精製方法について解説していきます。

トラジャコーヒーについても、少し深堀りしていますので、気になる方はご覧ください。

産地・農園

先ほどの種類・銘柄と品種に、産地・農園を加えたものが以下の表です。

スクロールできます
種類・銘柄品種産地・農園
コピ・ルアク/コピ・ルアック(ジャコウネコ)アラビカ種・ロブスタ種インドネシアの各エリア
バリ・アラビカアラビカ種バリ島 バトゥール山とアグン山
キンタマーニアラビカ種バリ島 キンタマーニ高原
マンデリンアラビカ種スマトラ島
ガヨ・マウンテンアラビカ種スマトラ島のガヨ高地
トラジャコーヒーアラビカ種スラウェシ島のトラジャ地方
ジャワコーヒーロブスタ種ジャワ島

国内の各エリアで生産されている品種もあれば、特定の地域でしか栽培されないものもあります。

インドネシア国外に輸出されているコーヒー豆は、特定の地域で栽培されているものが多いです。

ちなみに、スマトラ島は国内のコーヒー生産量の約7割を占めています。

スラウェシ島のトラジャコーヒー

スラウェシ島のトラジャコーヒー

トラジャコーヒーは、スラウェシ島に農園があるコーヒーです。

他のコーヒー豆にはない、華やかで独特な風味がコーヒー愛好家の中で人気を博しています。

別名「幻のコーヒー」とも呼ばれ、酸味、コク、苦味のバランスが絶妙で香りは上品。

そんなトラジャコーヒーですが、かつてはコーヒーが栽培できない状況下にありました。

トラジャコーヒーのコーヒー農園の歴史

18世紀初頭の東インド会社の管理により、インドネシア産のコーヒーの輸出が始まったとされています。

実際、スラウェシ島では、1750年にコーヒーの栽培が開始。

当時のインドネシアはオランダ領、オランダ人によって占拠されていました。

しかし、時は流れ、第二次世界大戦が始まるとコーヒー生産が困難な状況に。

オランダがインドネシアから撤退したことで、農園は管理されなくなり、荒野になりました。

荒野になれば、当然、コーヒーの栽培は難しくなり、トラジャコーヒーは絶滅したかに見えました。

しかし、とある日本の会社が、トラジャコーヒーを復活させたのです。

トラジャコーヒーの復活劇について気になる方は、こちらの記事から続きが読めます。

栽培環境

インドネシアは、コーヒーベルトに属しており、コーヒーの栽培環境が整っています。

インドネシアには、スラウェシ島、バリ島、ジャワ島など、1万以上もの島々からなる国です。

温暖な気候と火山も多い肥沃的な土壌が、インドネシアコーヒーの栽培にも適していると言われています。

柏倉元太

インドネシアはコーヒーの栽培環境が整っているよ!

精製方法

インドネシアには、独特の精製方法があるのをご存じですか。

その独特な精製方法は「ギリン・バサ」と呼ばれるスマトラ式です。

スマトラ式の精製方法は以下の工程で行われます。

スマトラ式(ギリン・バサ)精製方法
  1. コーヒーチェリーを収穫する
  2. 収穫したコーヒーチェリーを集めて果肉を除去する
  3. 除去した果肉を天日干しで乾燥させる
  4. パーチメント(コーヒー果実の種子)を取り除き生豆にする
  5. 生豆にしたら天日干しで乾燥させる

スマトラ式以外にも、ナチュラルやウォッシュトなど、コーヒー豆の精製方法は色々あります。

精製方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェック!

あわせて読みたい
コーヒー豆の「ナチュラル」とは?知っておきたい精製方法と味の違い コーヒー豆のナチュラルってどんな意味があるの? コーヒー豆の処理方法について知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 コーヒー豆を購入する際、商品...

インドネシア産コーヒー豆の格付け

インドネシア産コーヒー豆の格付け

インドネシアにもコーヒーの格付けがあります。

インドネシアのコーヒーの格付けは、ベトナムと同じで「G表記」されるのが特徴。

格付けは銘柄マンデリンで行われることが多く、欠点豆の割合で判定されます。

表記(等級・グレード)欠点豆の数/300g中
SPG1風味や品質が特に優れている0~11個
G10~11個
G212~25個
G326~44個
G445~80個
G581~150個
G6151~225個

コーヒー豆の等級・グレードについて気になる方はこちらも併せてご覧ください。

インドネシア産コーヒーのおすすめ5選

インドネシア産コーヒーのおすすめ4選

インドネシア産コーヒーのおすすめ4選を紹介します。

インドネシア産コーヒーのおすすめ5選
  1. ヒルス コーヒー豆 (粉) ハーモニアス スマトラ マンデリン ブレンド 170g
  2. キーコーヒー LP トラジャブレンド 200g (豆)
  3. バリアラビカ”神山” 《フレンチロースト》【細挽き】 土居珈琲 200g 
  4. インドネシア産 深緑の神秘 マンデリングレードワン
  5. コピルアク 100gアラビカ種 中挽き

今回おすすめする4選はマンデリン、トラジャ、バリ・アラビカ、コピ・ルアク。

それでは順番に見ていきましょう。

1. 愛飲家に人気「ヒルス コーヒー豆 (粉) ハーモニアス スマトラ マンデリン ブレンド 170g」

1.愛飲家に人気「ヒルス コーヒー豆 (粉) ハーモニアス スマトラ マンデリン ブレンド 170g」
出典:Amazon

マンデリンなら、「ヒルス ハーモニアス スマトラ マンデリン ブレンド 170g」がおすすめ。

ヒルスコーヒーは、1878年にアメリカのサンフランシスコで誕生。

カッピングテストを確立させ、真空缶詰コーヒーを世に送り出しました。

インドネシア最高グレード「G1」のマンデリンをブレンドした、調和のとれたコーヒー。

華やかな風味と独特のコクを口いっぱいに感じます。

レインフォレストアライアンス認証コーヒー豆を30%使用。

商品スペック

コク
良い
悪い
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い
商品名ヒルス コーヒー豆 (粉) ハーモニアス スマトラ マンデリン ブレンド 170g
商品タイプ粉末
種類・銘柄マンデリン
格付けG1
価格645円

2. 幻のトアルコトラジャ「キーコーヒー LP トラジャブレンド 200g (豆)」

キーコーヒー LP トラジャブレンド
出典:Amazon

トラジャコーヒーなら、キーコーヒーの 「LP トラジャブレンド 200g (豆)」がおすすめ。

トアルコ トラジャは、キーコーヒーがスラウエシ島のジャングルを直接開墾して作られたブランドです。

30年にわたる、農場周辺地域への苗木配布や栽培技術支援によって、トアルコ トラジャが生まれました。

柑橘系のような酸味と花のような香り、甘い余韻も一緒に楽しめます。

しっかりしたコクと酸味を楽しみたい方にぴったりです。

商品スペック

コク
良い
悪い
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い
商品名キーコーヒー LP トラジャブレンド 200g (豆)
商品タイプホールビーン
種類・銘柄トラジャコーヒー
格付け
価格827円

3. 上質なコーヒー「バリアラビカ”神山” フレンチロースト 土居珈琲 200g」

土居珈琲 エチオピア イルガチェフェ
出典:Amazon

おいしいバリ島のコーヒーなら、土居珈琲の「バリアラビカ”神山” 《フレンチロースト》」がおすすめ。

極深煎りのフレンチローストは、苦味の強いコーヒーがお好きな方にピッタリです。

しっかりした苦味の中に、芳香な花の甘みを感じます。

インドネシアのバツール山に位置するバリ・アラビカ神山で採れるコーヒーは、一級品。

豆の選別や選別にこだわり焙煎された土居珈琲のバリ・アラビカをお楽しみください。

商品スペック

コク
良い
悪い
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い
商品名バリアラビカ”神山” 《フレンチロースト》【細挽き】 土居珈琲 200g
商品タイプ粉末
種類・銘柄バリ・アラビカ
格付け
価格2,360円

\ 多数メディアに掲載 /

4. 芳醇なコクにやわらかな苦味「インドネシア産 深緑の神秘 マンデリングレードワン」

インドネシア産 深緑の神秘 マンデリングレードワン
出典:公式サイト

芳醇なコクにやわらかな苦味が特徴です。

また飲んだ時に広がる深みのある上品な味わいと香りも魅力。

マンデリンはトップクラスの人気を誇るインドネシアの代表的な銘柄です。

精製方法はスマトラ式

上記で解説したスマトラ式のコーヒーです。

生豆は他の生豆とは違い、深緑色に仕上がっていて、独特な味わいが楽しめます。

店主からのコメント

当店では小学2年生から128歳まで美味しく飲める珈琲をつくるべく日夜、努力・忍耐・根性で焙煎に心血を注いでおりますっ!焙煎機もその想いを可能にするmikoyaオリジナル焙煎機を使用、後数年でこの夢を果たせそうな勢いでございます。

商品スペック

コク
良い
悪い
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い
商品名インドネシア産 深緑の神秘 マンデリングレードワン
商品タイプ豆・粉
種類・銘柄インドネシア マンデリン
格付けG1
価格840円/100g

5. 良質なストレート「【🇮🇩政府よりパイロットモデル認定・自家焙煎】コピルアク 100gアラビカ種 中挽き」

4.良質なストレート「【🇮🇩政府よりパイロットモデル認定・自家焙煎】コピルアク 100gアラビカ種 中挽き」
出典:Amazon

おいしいジャコウネコのコーヒーを紹介します。

「ルアック・ルアーク」は、コピ・ルアクを専門的に取り扱う大阪のメーカーです。

同メーカーが仕入れるコピ・ルアクはジャワ島のバンドン産。

インドネシア政府より、コピ・ルアク生産業でパイロットモデルに認定されるほどの権威あるコーヒー。

コピルアクを100%ストレートで楽しみたい方に、ぜひ飲んでいただきたいです。

柏倉元太

インドネシアコーヒーの代表銘柄はおいしいよ!

商品スペック

コク
良い
悪い
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い
商品名【🇮🇩政府よりパイロットモデル認定・自家焙煎】コピルアク 100gアラビカ種 中挽き
商品タイプ
種類・銘柄コピ・ルアク
格付け
価格3,950円

インドネシアのおすすめコーヒーをもっと知りたい方は、以下の記事をチェック!

あわせて読みたい
【2023年】インドネシアコーヒーのおすすめ人気ランキング18選! インドネシア産のおすすめコーヒーを知りたい インドネシアコーヒーの飲み方を知りたい こういった疑問や要望にお答えしていきます。 インドネシアのコーヒーといえば、...

インドネシア産コーヒーはおいしい!

インドネシア産コーヒーはおいしい!

いかがでしたか。

この記事で大切なことをまとめると以下の通りです。

この記事のまとめ
  • インドネシアは世界第4位のコーヒー豆生産量
  • インドネシアはベトナムに次いでアジア第2位のコーヒー大国
  • インドネシア産の銘柄はアラビカ種から作られている!
  • インドネシアのコーヒー豆の等級・グレードは欠点豆で判定される!
  • インドネシアのコーヒーは香りが強いコーヒーが多い!

インドネシアコーヒーは通販でも購入できますので、ぜひご自宅で味わってみてくださいね。

【決定版】インドネシア産コーヒー豆の特徴とは?おすすめもご紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

池田早織のアバター 池田早織 語学と食のエバンジェリスト

仕事を通じて世界20カ国の人々と関わってきた経験をフルに生かしながら、語学を教え、バールマンとして飲食店で接客しつつ、Web・コピーライターとして企業様の販促にも携わっています。コーヒーについては深煎りから浅煎りまで、日本ではなかなか手に入らない世界中のテイストを愉しむのが好き。個人経営で焙煎所を所有している店主から話を直接伺ったことがきっかけでコーヒー世界にどっぷり深入りするようになりました。コーヒー好きのユーザーに寄り添った、読んで役立つ美味しい記事を精一杯お届けします。

以下実績。
・フードアナリスト3級
・UCCコーヒーアカデミー ベーシックコース修了

コメント

コメントする

タップできる目次