メニュー
» 美味しさを追求した独自ブランドのコーヒーを販売中!

【徹底解説】モカハラーの魅力とは?味わいや美味しい淹れ方も紹介!

モカハラーって何?

モカハラーの美味しい淹れ方は?

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

世界で最も古いコーヒー豆とも言われるモカ。

モカは、収穫地によってさまざまな銘柄がありますが、そのうちの1つがモカハラーです。

本記事では、モカハラーの特徴や味わい、さらには美味しい淹れ方を紹介!

モカ好きな人はぜひ参考にしてください。

この記事の結論
  • モカハラーはエチオピア・ハラー地区の高級豆
  • ボールドグレイン、ロングベリー、ショートベリーの3種類がある
  • 深いコクとなめらかな酸味が特徴
  • モカには「モカシダモ」「モカアビシニア」「モカイルガチェフェ」「モカハラー」「モカマタリ」などがある
  • まずはハンドドリップで抽出しブラックで味わうのがおすすめ
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
柏倉元太

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修。

続きはこちら

コーヒーを愛し続けて約10年。現在はコーヒー専門家として活動し、様々な媒体・メディアにご紹介いただいています。独自ブランドのコーヒー豆を「ラボカフェ」で販売中。

それでは、早速見ていきましょう!

タップできる目次

モカハラーとは?特徴を解説

モカハラーの特徴

モカハラーとは、エチオピア産のコーヒーの中でも、ハラー地区の自然の恩恵を受けて育った高級豆が「モカハラー」です。

「モカの貴婦人」とも呼ばれ、独特のやわらかな酸味とコクが味わえます。

モカは、モカシダモ、モカマタリなどいろいろな銘柄がありますが、中でも、エチオピア東部のハラール地区で栽培され、高級豆として扱われているのが「モカハラー」です。

モカとは?

モカハラーとは?

コーヒーにはたくさんの種類がありますが、「モカ」は世界中の人に愛されている人気のコーヒーです。

モカフレーバーと呼ばれる独特な甘い香りとフルーティな酸味、マイルドな口あたりは、実に魅力的で、多くの人を魅了しています。

では、そもそも「モカ」とは何でしょうか?

実は、モカとは、イエメンにある小さな港町の名前です。

17世紀頃、このモカ港からは、イエメン産・エチオピア産のコーヒー豆が輸出されており、そのことから、両国のコーヒー豆が「モカコーヒー」と呼ばれるようになりました。

栽培・生産されている地域

モカハラーが栽培されているエチオピア東部ハラールの山岳地帯は、コーヒー栽培に非常に適した地域で、次のような特徴があります。

  • 標高がとても高く1800~2000mある
  • 昼夜の寒暖差が激しい
  • 日当たりが良い
  • 栄養豊富な火山性の土壌

このような好条件により出来上がる完熟豆は、ほとんどが手摘みにより丁寧に収穫され、充分な天日乾燥によって、より甘味の引き立つコーヒーに仕上げられています。

3つの分類

モカハラーは、アラビカ種の中でもティピカという品種にあたります。

スクリーンサイズ(豆の大きさ)によって等級が分けられており、次の3つに分類されています。

  • ボールドグレイン
  • ロングベリー
  • ショートベリー

もっとも一般的な品質規格にあたるのがロングベリーで、その名の通り縦長の形状をしています。

また、最高等級にあたるボールドグレインは、2度の選別により大粒豆だけが選び抜かれており、高品質で数量も限定されるため、とても希少性が高いモカハラーです。

モカハラーの味わい

モカハラーの味わい

モカは、独特な甘い香りと、フルーティで爽やかな風味が人気のコーヒーです。

そのモカの特徴に加えて、個性的な魅力も持ち合わせた「モカハラー」の味わいの特徴をまとめてみましょう。

  • 深いコクとなめらかな酸味
  • ワインのようなフルーティなフレーバー
  • カカオのような風味

上品で芳醇な風味とコクを楽しめるモカとして、酸味が苦手な人にもおすすめできるのがモカハラーの魅力です。

モカハラー以外にもある!モカの種類と特徴

モカハラー以外にもある!モカの種類と特徴

イエメン産とエチオピア産のモカは、原種が同じなので、味わいや風味は似ていますが、コーヒー豆の形状が異なります。

  • イエメン産:小粒で楕円形
  • エチオピア産:縦長の形

また、収穫される地域の名前がそのままコーヒーの呼び名となっており、主に次のような銘柄があります。

  • エチオピア産
    • モカシダモ
    • モカアビシニア
    • モカイルガチェフェ
    • モカハラー
  • イエメン産
    • モカマタリ

それぞれのコーヒー豆の特徴を、1つずつ詳しく見ていきましょう。

モカシダモ

エチオピア産の代表的な銘柄モカシダモは、標高2,000m以上の高地で栽培されています。

なめらかな酸味と芳醇な甘い香りが味わえ、深煎りにも適したコーヒー豆です。

フレンチローストでも、モカ特有の甘い香りを損なうことなく、苦味とコクを合わせ持った、贅沢な味わいを堪能できるため、アイスコーヒーで楽しむのもおすすめの銘柄です。

モカアビシニア

ハーブを思わせるような華やかな香りとフルーティな明るい酸味が特徴で、後に残る甘い余韻が魅力的なコーヒーです。

エチオピア産のコーヒー豆の中では、他の豆よりも甘味が目立ち、マイルドに味わえます。

モカイルガチェフェ

イルガチェフェとは?

エチオピア・シダモ地区にあるイルガチェフェ村で作られており、フルーティな酸味と甘味を持った爽やかな風味のコーヒーです。

ナチュラル製法が一般的なモカですが、イルガチェフェはウォッシュド製法で精製されることが多く、透明感のある口あたりが味わえます。

その味わいと品質の良さから、世界的にも知名度が高く人気のある銘柄です。

モカマタリ

イエメンを代表するコーヒーとして有名なのが、モカマタリ。

熟したブドウを思わせるような独特なモカフレーバーと、すっきりとしたさわやかな酸味が味わえるのが特徴です。

苦味は控えめで、酸味のあとに感じられるほのかな甘味とコクが魅力的なコーヒーです。

モカマタリの中でも最高グレードとされている豆は「アールマッカ」と呼ばれ、大粒で芳醇な味わいが感じられます。

モカハラーの美味しい淹れ方

モカハラーの美味しい淹れ方

コーヒーは、焙煎度合いや豆の挽き具合、抽出方法などを変えることで、味わいの変化を楽しめます。

どのような条件にすれば、自分好みの味わいに近づけられるのか、を知っておくことで、今まで以上に「コーヒーとの時間」を楽しむことができます。

この項目では、モカハラーの魅力をより楽しむために、美味しい淹れ方を紹介していきましょう。

おすすめの焙煎度合い・挽き方

モカハラーの特徴を楽しみつつ、自分好みの味わいにするために、次のようなことを参考にしてみてください。

  • 酸味を楽しみたい場合
    • 浅煎り
    • 粗挽き
    • やや低温のお湯を手早く注ぐ
  • 苦味やコクを楽しみたい場合
    • 深煎り
    • 細挽き
    • やや高温のお湯をじっくり注ぐ

モカの特徴である「酸味」を楽しみたい時には、浅煎り焙煎で粗めに挽いた豆で、85~90℃程度のお湯を使って手早く淹れることで、爽やかな風味が味わえます。

また、モカハラーの魅力である「コク」をより堪能したい場合は、深煎り焙煎で細めに挽いた豆で、90~95℃程度のお湯をじっくり注いで淹れるとよいでしょう。

ただ、浅煎り、深煎りといっても、焙煎度合いは数段階に分けられていますし、挽き具合も同じように、粗挽きから中粗挽き、中挽きなど、さまざまな段階があります。

白黒はっきりと決められるものではないので、上記を目安に、いろいろな条件の組み合わせを試して、自分好みの味わいを見つけてみてください。

ハンドドリップがおすすめ

ハンドドリップがおすすめ

モカハラーの魅力であるフルーティな酸味や芳醇なモカフレーバーを楽しむなら、ハンドドリップでの抽出がおすすめです。

まずは、ハンドドリップで、モカの特徴である酸味を味わってみましょう。

ハンドドリップは、淹れ方によっていろいろな味わいに調節できるため、前述のように焙煎度合いや豆の挽き具合を変えることで、より酸味を際立たせたり、コクや苦味を引き出したりできます。

ぜひ自分好みの加減を見つけて、モカハラーの芳醇な味わいを楽しんでみてください。

まずはブラックで

モカハラーの魅力的な味わいを堪能するには、まずはブラックで飲むのがおすすめです。

ハンドドリップをはじめ、コーヒープレスやネルドリップなど抽出方法を変えて試してみるのも、また違ったモカハラーの味わいを発見できるでしょう。

濃いめに淹れたモカハラーに、ミルクを合わせるのもおすすめです。

まろやかさが加わり、よりコクのある味わいが楽しめます。

また、モカハラーはカカオのような風味もあるため、チョコレートシロップをトッピングして、カフェモカ風アレンジも美味しく味わえます。

モカハラーを淹れてその魅力を感じてみよう!

モカハラーを淹れてその魅力を感じてみよう!

いかがでしたか?

エチオピア産の高級豆、モカハラーの魅力や特徴、おすすめの淹れ方などをお伝えしました。

本記事の要点をまとめると次のとおりです。

この記事のまとめ
  • エチオピア・ハラー地区で栽培される「モカハラー」は高級豆として扱われている
  • ボールドグレイン、ロングベリー、ショートベリーの3種類がある
  • 滑らかな酸味と深いコクが魅力
  • モカには「モカシダモ」「モカアビシニア」「モカイルガチェフェ」「モカハラー」「モカマタリ」などがある
  • まずはハンドドリップで抽出しブラックで味わうのがおすすめ

モカハラーは、なめらかな酸味と深いコクが感じられる上質なコーヒーです。

酸味が苦手な人でも楽しめる味わいなので、モカ初心者の人でも美味しく飲めるおすすめの銘柄です。

ぜひ本記事を参考に、モカハラーを淹れて、その魅力的な味わいを堪能してみてください!

【徹底解説】モカハラーの魅力とは?味わいや美味しい淹れ方もご紹介!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【ラボカフェ 定期便】毎月新たなコーヒーと出会いませんか?
ラボカフェ 定期便
内容量スペシャルブレンド(100g)+月替りコーヒー(100g)/回
価格今だけ初回限定30%OFFの¥2,100(送料無料)
コスパ
鮮度
飲みやすさ
おすすめ度

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「ラボカフェ」がおすすめ

コーヒー豆研究所がこれまで2,500個以上販売、3,000商品以上見てきた中から
選りすぐりの豆を厳選し、独自ブレンド化。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

味に徹底的にこだわったスペシャルティコーヒーと季節に合わせて厳選した旬のコーヒーをお届け

今なら初回数量限定で、30%OFFで定期便が楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ!

スペシャルブレンドの場合
甘み
95
 酸味
50
苦味
50
コク
90
香り
85

\ 今なら初回限定30%オフ /

当ページのコンテンツの誤りを送信する

この記事を書いた人

江國 杏のアバター 江國 杏 コーヒー豆研究所 公式ライター/JASDAコーヒープロフェッショナル保持者/編曲家

音楽とコーヒーを愛する、鍵盤弾きライター。作編曲も手掛けます。音をまとめることと、文章をまとめることは通じるものがあります。聴いてくださる人、読んでくださる人に、なにか伝わるものがあれば嬉しく思います。

コメント

コメントする

タップできる目次